蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

ガンダムSEED DESTINY 第17話 「戦士の条件」 感想

2005-02-13 00:13:16 | ガンダムSEED DESTINY
やはり第2クールのテーマは「力の使い方」だったことを明示した第17話、アスランという存在をベースにそういったテーマを浮き彫りにして欲しいと思いつつ、久しぶりにデュランダル議長について妄想などしてみたりして。

■一気に黒説が高まりそうな議長(まずは妄想から)
議長の白・黒論争についてはもう少し本編では引っ張るかなと思っていたのですが、何となく小出しにしていくのかなと思ったりしましたね。
久しぶりの妄想なんですが、議長の目的は「ナチュラルv.s.コーディネーター」という図式を変えることにあるんではないかと今回妄想してみました。

前作SEEDではキラたちが「相互理解をベースとした非戦」をテーマとすることで、また様々な(種族を超えた)カップルにテーマを凝縮することで「ナチュラルv.s.コーディネーター」という図式を変えようとしていたわけですが、議長の場合は少し違うのかなと。
ナチュラル同士でも戦い合うように仕向けることで、コーディネーターというカテゴリだけを敵視するという概念を変えようとしているのかもしれないなと。

この辺は今回の冒頭で地球連合の内紛のニュースが多いというのは、ブレイク・ザ・ワールド以降に物資援助という名目で降り立ったザフトが元々緊張状態にあった地域の裏に介在しているとも考えられますよね。
#この動きは開戦してから活発になったというのも前回ありましたし。
世論としてもマリューさんが言うようにザフト側に加担したい、と世論に思わせるように議長は慎重に事を進めたとも考えられます。

この辺がまだ表面化していないので、キラの

「今はまだ動けない。まだ何もわからないんだ。」

になるのかなと。
世論としてはミーアの擁立とラクス暗殺の事実を知らないわけで、逆に知っている者からすればまだ動けないということですね。

すると話は飛躍しますが、ブレイク・ザ・ワールド以降の展開が手際が良すぎるという点も怪しく、ユニウス・セブンの落下も・・・なんて考えてしまいます。
#今回「狸」呼ばわりされてましたし。
#その辺は第5話の後「デュランダル議長という人は」という記事に書いたことに巡り巡って戻ってきた感じです。
個人的にはミネルバは議長の下を離れると思うし、アークエンジェルとの合流があるならばやはり離脱後だと思うんですよね。

まあ、しょせん妄想なんで全く根拠ないんですけどね。

■アスランという存在によって浮かび上がってくる第2クールのテーマ
個人的にはもう少しじっくり「力の使い方」というテーマについて、シンに考えさせるのかと思っていたんですが、今回アスランからシンに対してストレート問題提起がなされましたね。
今回は第16話「インド洋の死闘」の感想で書いた内容をそのままアスランが語ってくれたので(正直奮えましたよ)、もう個人的には十分満足&何も言うことが無いんですが、今回アスランがあまりにもカッコよかったので再度振り返ってみたいと思います。

第16話の感想では、

「力によって守られる生命がある」という主張がある反面、力は容易に暴走し、果てない連鎖の破壊を生む可能性を含んでいる、つまり「力」と「暴力」の違い、使い方によっていかようにでも変化するその「力の使い方(力あるものはそれを自覚しなければならない)」を第2クールでは問うてくるということなんでしょうね。

と書いたのですが、これはアスランの言葉で言うと、

勝手な理屈と正義でただやみくもに力を振るえばそれはただの破壊者だ

その力を手にしたその時から今度は自分が誰かを泣かせるものとなる。
それだけは忘れるなよ。


となってくるんですね。もう正直泣いちゃうかと思いました。

またシンの心理描写についても
「(国に・自分に暴力に対する)力が無かったから家族が殺された」
        ↓
「力があれば家族は死なずに済んだかもしれない」
        ↓
「力によって救われる生命もあるんだ」


と考えていたのですが、それを数々の辛苦を経験しているアスランの口から語らせる手法が秀逸で。

あの時力があったなら、力を手に入れさえすれば・・・と
自分の非力さに泣いたことがある者は誰でもそう思うさ、たぶん。


アスランだからこそ言える台詞なんですよね、これって。このテーマを語らせたらアスランしかいないみたいな。
もうほんと後半パートはかなり見応えありでしたよ。ほんと。

■継承されている「相互理解」というテーマ
「力の使い方」というテーマとともに、前作SEEDから引き継がれる「相互理解」というテーマもまたアスランの口から語られましたね。

自分だけは正しくて、自分が気に入らない、認められないものは皆間違いだとでも言うのか?

ここ、最高にしびれました。
他者を認めない、受け入れないという思想はブルコスの思想であったり、それこそ父親であるパトリック・ザラの思想であったりするわけなんですよ。
そしてその思想をテロリストが口にしたからこそ、アスラン自身がザフトへの復隊を決心させたことの一つでもあるんですよね。
そういう思想に流れないように、そういう力に対して制御できるようにと思ってザフトへ戻る決心をしているんで、そのアスランの口からこの「相互理解」を象徴する台詞が語られるってことだけでもう非常に満足です。

ここまででかなりシンに対して問題提起をしたアスランなんですが、シンが本当に「見えている」ポジションに入るのはこれから先のことになるんでしょうね。
できればステラとの邂逅はこういった「変化」の第一段階を経てから出会って欲しいなと。

■そうは言っても鷹姉妹にはやられまくりです。
つか、もともとメイリンファンを自称している自分には今回のメイリンにとろけさせられました。
よ、良すぎるよ・・・。
化粧室で色々ポーズを取るメイリンだけでもやられてたのに、シャワールームでお姉ちゃんのミニスカにチャレンジして玉砕するメイリン、最高すぎるよ。あー、もう駄目です(自分が)。
姉妹喧嘩の伏線をこうやって視聴者にインプリンティングしていくのですね・・・(もっとやってください)。
こうやってアスランの知らないところで着々と女難の相が構築されていくってのが、今週かなりカッコよかったアスランとの対比で何気にツボです。
アスランは色んな意味で色々なテーマを浮き上がらせる存在だということを再認識しますた。


DESTINYでは色々テーマがありますが「政治」というキーワードも良く出てきているので、この辺も注目ですね。
とりあえず今後は議長の顔に狸のひげをつけて妄想してみたりみなかったり。
というわけで今週も皆様のコメント・TBをお待ちしております。

最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっちゃ)
2005-02-13 02:50:38
>コーディネーターというカテゴリだけを敵視するという概念を変えようとしているのかもしれないなと。



深いです。何を企んでいるのか、方向が凡人の僕には掴みきれていませんでした。

議長がクルーゼに薬を処方(妄想)したり、メンデルでのSEED保有者情報を流し(妄想)たり納得です。
コメント&TBさせていただきます。 (はさにん)
2005-02-13 04:09:58
>議長の目的は「ナチュラルv.s.コーディネーター」という図式を変えることにあるんではないかと今回妄想してみました。

なるほどと、思わされました。そう考えると、色んな事の辻褄が合ってるように感じます。こうして、反地球連合を扇動しているのかもしれませんね。
議長は底が見えません… (ぱと)
2005-02-13 04:45:39
アスランの一言一言が、シンにとっては自分を見つめ直させる契機となりそうです。

ようやく後輩的主人公の位置に落ち着いてきたように見えます。



>鷹姉妹

メイリンは化粧室のアレとスカートの件を見るに太った?という事を気にしているようですが…

今のところ、メイリンからルナマリアへの一方的且つ静かな対抗心に過ぎませんが、これが表に出てしまった時にルナマリアがどんな反応を示すのかが見所に思えます。





そんな中、新型MAゲルズゲーの登場です。

特異なシルエットで心の琴線に触れてきました。

これがザムザザーの系譜の機体なのか、MSとの一体化という新機軸の機体なのか判断できませんが、こういった面白いデザインの機体は次々と出て欲しいです。



しかし、ローエングリンを地上で堂々と撃ってましたが汚染の心配は無いのでしょうか?

それとも防衛のためなら手段は選ばず?
Unknown (pipit)
2005-02-13 06:18:20
ラクスのむくれた表情から、ルナメイリン、整備二人組まで面白かったです。

あの姉妹の「大人っぽい」「でも、私とひとつしか違わない」台詞にはニヤケてしまいました。

最近のアスラン、煤けた親父にみえますしw



でも、やっぱり最後ですね、今回は。

最後のアスランはシンと話したことで自分の迷いを反芻してるのでしょうか?

カガリの「なにやってるんだろう、あいつ」、そして議長、カガリ、キララクスと想い、頭を振る仕草とあわせてよかったです。

この先、カガリとアスランのすれ違いのようなものもあるんですかね?



……ミーアの胸は大きいらしいですが、ラクスはどうなんでしょう。

OP、アイキャッチ、一期EDをみると私は同じぐらいに見えますが。
アスランとキラは仲良し (ZIGGY)
2005-02-13 08:00:24
「馬鹿」という言葉。アスランとキラは、すれ違いモード突入かと危惧していましたが、二人の「馬鹿」の使い方を見て心配も払拭されました。



キラは、第15話で「カガリにまで馬鹿なことをされたら・・・」と言っています。そしてアスランは、今回ラストでシンに「でなけりゃただの馬鹿だがな」と言っています。二人の言う「馬鹿」という言葉。全くもって意味・使い方が同じです。



ここで言う「馬鹿」の意味は、相互理解ができないことを指すのでしょう。



キラは、マクロな相互理解をカガリに話しました。つまり、国と国の相互理解です。自分の国が焼かれなければ、他はいいのかと嘆いていましたよね。キラは、国と国の相互理解を忘れかけていたカガリに「馬鹿」という言葉で釘を刺したわけです。



アスランは、ミクロな相互理解をシンに話しました。つまり、人と人の相互理解です。



「自分だけは正しくて、自分が気に入らない、認められないものは皆間違いだとでも言うのか?」



アスランはこの言葉を、人と人の相互理解を信じられないシンにぶつけ、「でなけりゃ馬鹿だがな」と釘を刺したのでしょう。



まとめると、アスランとキラはやっぱり相互理解しているってことです。
Unknown (ファーレンハイト)
2005-02-13 09:57:42
 トラックバックありがとうございます。



 今回のシンとアスランの対話で、“力”について自らの経験を織り交ぜつつ、シンを諭していくアスランは、私もかなり見ごたえありでした。

 このテーマを語らせたら、アスランの右に出るものはないですね。



>議長の目的は「ナチュラルv.s.コーディネーター」という図式を変えることにあるんではないかと

 

 もしそうだとしたら、キラ達のずっと先を行ってますよね。キラ達はナチュラル・コーディネーターの対立図式の中で必死にもがいているわけですから。

 そうなると、議長も巷でささやかれているような「悪い人」ではないかもしれません。
鷹姉妹 (H&K)
2005-02-13 12:44:47
姉妹バトル第一弾・・WINどっち?しいて言えばルナ?(体格で)

やっぱりメイはルナに対してコンプレックスを抱いている模様。気持ちはわかりますね、姉はエリートの赤で最新期MSのパイロット(ただしヘタレ)でも自分は緑・・

体格も姉の方が上、結構姉妹関係ってこの年頃だと崩れやすいのではないでしょうか?

でもメイリン君はなにげに重要なポジションにいるんだぞ。



新型MAゲルズゲー強え~~~やっぱりMAはこうでなくてはでもぱとさんが仰る通り「陽電子砲」はヤバイ代物のはず、あそこらへんは汚染地域?しかも「陽電子リフレクター」装備の事。攻防完璧

ミネルバの諸君はどうやって攻略するのか



この要塞について一言

なぜザフトは空爆をしなかったのか?

①制空権が若干連合有利

②ザフトに爆撃能力を機体がいない(もしくは数が足りない)

と考えられます

①についてはジェットストライカーの登場により汎用機が空戦可能になったことが大きな原因と推測

またMSVに「航空強襲用MSレイダー制式仕様」など

いますから連合の空軍力は凄いと言わざるを得ません

自分の妄想では

攻撃機 ウィンダム 爆撃機 レイダー制式

との編成となっています。つか強すぎですな(笑)



②について

司令官が軌道上からの強襲を希望しているが、地上部隊のとの連携が上手く取れないと降下部隊全滅という悲劇が・・・。またディンだと火力不足。しかもジェットウィンダムがいるのでこっちの方を優先しなきゃいけない

そこで私はあのザフト新型MS「バビ」が爆撃機と思っています。Bライフルにバズーカ、MA状態ではロケットランチャーが発射可能。胸には大口径ビーム砲

十分すぎるほどの火力を持っていますので爆撃にはピッタリ(ディンの火力の低さを改善)ただ新型なので数がそんなに多くはないかも。

ディンがジェットウィンダムの相手をしてバビが要塞を爆撃・・・なんか絵になる



シンがいよいよ主人公としての道を・・・前作には無い感動がありますね



なんか凄く長くなってしまいました(苦笑)

お体には気をつけて
デスティニー。 (kamakura)
2005-02-13 20:36:31
今週は戦闘シーンがなくて、政治的な話と、クルーの生活が中心に描かれてましたね。けっこう説明がうまかったので、これからどこを攻めなければならないとかが、よくわかりました。こういう回もkamakuraは好きです。ストーリー重視って感じがします。



あと、kamakuraが気になったのがレイです。彼はいまだ目立ちませんね。今週もただ見つめているだけだったりと、なんか暗いですw でもこれから色々ストーリーにからんでくるんでしょうし(からんでこなかったら存在の意味ないですねw)、楽しみです。裏切らないのかな~w
今回もちょっとずつ (燕。(管理人))
2005-02-13 20:58:35
皆様、いつもたくさんのコメントありがとうございます。

ちょっとずつ回答を返していきたいと思いますので、ご了承の程を。



>あっちゃさんへ

あっちゃさんのコメントがしっかり妄想になっているところが素敵です。

議長はまだまだ謎の部分を残していますから、ほんとのところはストーリーが進んでからでないと分からないですよね。

ゆえに妄想あるのみ(笑)。

僕のも妄想なんで信憑性0%ですから(笑)。



>はさにんさんへ

反地球連合派を扇動しているってのは妄想の中でもかなりアリかなと思っている部分です。

今回のミネルバの進路もそうですし、開戦直後から混乱が深まっているという発言もあったので、この辺はそんな気がしますね。

その他の部分についてはまだまだ妄想の域をでることができないんですけどね。



>ぱとさんへ

シンには今回「問題提起」となっているので、その真意に気付くには色々まだ体験しないといけなそうですよね。

鷹姉妹についてはぱとさんの仰る点、その通りだと思います。一方的敵対心(嫉妬心)からどうなるのか?見ものですよね。

で、新情報ありがとうございます。あれはゲルズゲーって言うんですね。感謝です。

微妙に笑いを誘いそうな気配があるところがツボです。

ローエングリンはナタルも最初遠慮なく撃とうとしてましたから、連合側としては陽電子砲の被害なんて考慮しないのかもしれませんね。こちらも手段選ばずなんでしょうね。

そう考えるとマリューさんは軍人というよりは常識人だったんですね。
対比構造 (燕。(管理人))
2005-02-13 22:33:58
>pipitさんへ

今回はミネルバ、アークエンジェルともクルーの素の部分が見られて面白かったですよね。

個人的にはラクスの拗ねた表情がツボなんですが。

アスラン自身は引率者でありながら模索者というポジションなんだと思います。

でアスラン自身もアークエンジェルのクルーもお互いを気にしているっていう表現でしたよね。

でもアスラン自身は一歩先に行動を起こしていて、アークエンジェルはまだステイ状態。

一応この辺で既にカガリとアスランはすれ違っているというか、それぞれの道を(自分の考えを持って)歩き始めているんじゃないですかね。

どういうタイミングでその道が合流してくるか、というのが楽しみですね。

ミーアとラクスについてはその辺も含めて色々と張り合って頂きたいです(その辺だけないかもしれませんが)。



>ZIGGYさんへ

>二人の言う「馬鹿」という言葉。全くもって意味・使い方が同じです

ああ、これ全然気が付きませんでした。なるほど、なるほど、これは絶妙。大いに納得です。

今回のアスランの言葉で置き換えると「勝手な理屈」ってやつですね。

カガリがマクロ視点=為政者の視点とするとシンがミクロ視点=戦士の視点、この指摘も大いに納得です。

カガリとシンの対立は為政者と戦士の視点での対立にもなっているわけで、そういう対比構造にも取れるというわけですね。

で、それをそれぞれに説くキラとアスラン、これも対比構造と。うんうん、素晴らしいです。

今回のZIGGYさんのコメント、大いに納得です。ありがとうございます。



>ファーレンハイトさんへ

今回はテーマをアスランの口から直接語らせるという手法に非常に満足していました。

やっぱり経験してきたものが新キャラと旧キャラでは違ってますし、旧キャラのしかもアスランから語らせることで視聴者にも共感しやすいシチュエーションを作ってましたよね。

キラたちがナチュラルv.s.コーディネーターの対立図式でもがいているというのはちょっと僕は違っていて、SEED第34話でキラが「何と戦わなくちゃいけないか分かった気がする」と言ったのは、その対立図式そのものがおかしいんだ、そういうカテゴリー論から脱却しなくてはいけないんだってことに気が付いたというように理解しています。

だからキラたちは種族が違っても理解しあうことができるというスタンスにいると個人的には思っているんですよ。

#それがキラとフレイの理解であり、カガリとアスランの理解でもあったと思うんですね。

で、議長の場合なんですが、全く逆の可能性としてナチュラルとコーディネータは根本的に理解しあうことは難しい、しかしだからと言って滅ぼしあうというのはおかしい、もともと人というものはそんなに簡単に理解し合えない、ナチュラル同士でもそうだろう。であれば、ナチュラルv.s.コーディネーターという対立図式よりもナチュラル同士も敵対するような適度な混乱状態にあればよいのではないか、という思想があるんじゃないか、というのが今のところの僕の妄想です。

で、そのためには手段を選ばない人なのかなと。というとどうしても黒方向になっちゃうんですがね(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。