蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

ガンダムSEED DESTINY 第20話 「PAST」 感想

2005-03-06 01:22:19 | ガンダムSEED DESTINY
恐らく第21話以降に本格的にシンにスポットを当てていくためにシンの過去から現在に至るまでの行動原理を整理する必要があり、そのために用意されたと思われる第20話「PAST」。
意図は分かるもののつい先日「EDITED」を放映したばかりなので、正直残念な思いを隠せないながらも、ステラ再登場に隠された壮大な?伏線に気が付いた次週予告。
#そこが今週の見せ場なのか?という突っ込みをお待ちしております。

■第2クール後半は
これ以降間違いなくシンにスポットが当たってくるはずで、今は自分の信念に従って迷うことなく(逆に反発しながら)行動しているシンに、ステラとの出会いを通じて「迷い」や「変化」を与えるのが第2クール後半の狙いで、そのために一度シンの行動のバックボーンを整理したかったんでしょうね。
ステラ使用前、使用後みたいな。

現時点での彼の行動原理についてうちのブログでは以前からこう考えていて、

「(国に・自分に暴力に対する)力が無かったから家族が殺された」
        ↓
「力があれば家族は死なずに済んだかもしれない」
        ↓
「力によって救われる生命もあるんだ」


だから迷うことなく「力」を使っているわけですね。
第19話の感想でも、

そこで記憶の忘却という設定があるんで、ステラは戦えば戦うほどシンとの記憶を失っていく、シンとの「絆」を失っていくという切ない展開があるんじゃないですかね?

という風に考えているので、この状態にステラが絡むことで第21話以降、この信念に「迷い」や「変化」が出てくるという展開になると思うんです。
「力があれば・・・」という今のシンが「力があっても・・・」という「変化」になってくると面白いかなと。
#そこでもう一度ウズミやカガリのことを考え直すというのがあれば尚良いって感じで。

■しかし掘り下げをするならば
もっとプラントに着いてからザフトに入るにあたっての動機部分であるとか、アカデミー時代の心理描写であるとか、その辺にスポットを当てて欲しかったというのが正直な感想ですね。
新カットを入れていたとは言え、このレベルの情報量であればたぶん視聴者自身が既に整理できている情報なんでやはり残念。
フレッツのCMが視聴者を代弁していて「馬鹿にするな(byアスラン)」と思った人も多かったかもしれないですね。
「Fields of hope」がかかるあたりのシーンなんかは良かっただけに尚残念。
#なんだかんだ言いながらも、ぐっとくるシーンが(SEED含めて)多かったことも確かなんで。

■そしてこれはバンダイに言いたいのですが
他のメディアでは既に登場していたのかもしれませんが、ああいう形でデスティニーガンダムを出すのは勘弁。
つか、第14話で予想した名前「デスティニーガンダム」、そのままだったよ。
それはそれでありで、フリーダムの青い翼と対照的な赤い翼が印象的。

■ステラたん再登場へ向けた伏線
「海・・・見てるの・・・、好き・・・だから」

「しょうがねぇじゃん、ガイア飛べねーし、泳げねーし」

こ、これは、次回ステラが海に落ちるための伏線、そして溺れることの暗示だったと言うのか!?
海での出会いも運命(定め)と言うならば、それは・・・、巧妙に刷り込まれた伏線だったに違いない(笑)。

最新の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アナテマ)
2005-03-06 02:22:59
総集編と覚悟を決めていたのですが、やはりorzと



>トダカ一佐

前に見た気がしたと思ったら一話から出ていたんですね。もし、ミネルバがザフトから離脱するようなことになったら、一緒に行動することになるかも。



>デスティニー・ガンダム

名前についての噂はありましたが、プラモデルの宣伝で初登場というのは…。



>フレッツのCM

ようやく新しくなりましたね。もっと早くやって欲しかった。
覚悟を決めてはいたものの (燕。(管理人))
2005-03-06 02:46:24
>アナテマさんへ

新カットがあったにしても、やはり残念感の方が勝ってしまいますよね。

最初から総集編という位置づけでやってくれたならもう少し違ったかもしれません。

#SEEDの総集編とかぐっと来ますからね。でもそれだとEDITEDの意味は・・・。



トダカ一佐は僕もある人の記事読んでDVDで早速確認したんですが、第1話から出てたんですね。

恐らくトダカさんは常識人としての代弁者的ポジションなのかもしれないですね。

ゆえにまだ出てくる可能性高いってことですね。



デスティニーガンダムはああいう紹介の仕方は無いんじゃないかと思ったのが正直な感想ですね。

バンダイさんがガンプラ売るためにやったことなんでしょうけど、仮にも主人公機ですよ。

もちっとカッコよいCMにならなかったんだろうかと、実はこれが一番がっかりしてたりして。



フレッツのCMは毎回笑えます。

バンダイのCMよりこっちの方がセンスあると思います(今回のデスティニーに相当ショックを受けている模様)。
私的には満足かな (AEF)
2005-03-06 06:21:02
ステラたんの次にマユが好きな私としては、こういう形でないと出てきてくれないので、内容が総集編的でも、満足だったりします。

今回の話は、21話からの展開に向けて、シンのスタンスをはっきりと示すために、どうしても必要な話だったと思いますし。

ただ、余計な部分は多かった気はしますけど。(その部分をけずって、新作画マユを・・・(笑))



プラントに渡ってからのシンの描写が少ないのは、マユ家族我死んでしまった時から、シンの心の成長が止まっている(もしくは心境が変化してない)という事を現しているのかもしれません。



ガンプラのCMに関しては打ち合わせ不足なのかも?

バンダイの担当者は、ニュータイプのCMでも「ディスティニーガンダム登場!!」と打つと思っていたので、今週あのCMを流したとか?



「ディスティニーガンダム」という名前に関しては、タイトルにガンダムの名称を入れる、という伝統にのっとった物だと思います。(主人公が乗り換える新型がタイトルになった例だと「Ζ」がありましたっけ。)



何はともあれ、来週はステラたんがいっぱい出そうなので、楽しみです。









































































お久しぶりです。 (トリックスター)
2005-03-06 10:12:04
何だか今回はSEEDの今までの軌跡と言った感じで・・・。

物足りなかったです。



しかしトダカ一佐!

本当にいい人です・・・惚れ直しました(笑)



>ディスティニーガンダム

ぇ?!

CMの方が先登場ですか?!

というかCMは普段全部ぶっ飛ばしているので気付いてませんでした・・・・。(正直ガンプラのコスプレやら台詞物真似やらを聞くのが嫌で・・・)

後で確認・・・・って、CM全部カットして消してしまった・・・!



>フレッツ

変わってたんですか!

同じく気付かずに・・・orz

まぁ、これは次回確認できるからいいですけどね。



そして次回!ステラと遂に再会を果たすシン。

というかステラさん、貴女踊ると本当に周りが見えてませんね(笑)

次回が楽しみです。
Unknown (H&K)
2005-03-06 12:20:24
CMでネタバレか・・・もう少し考えて欲しかったな

あんなCMやるぐらいだったらイボルブやった方が良い気がします。ディスティニーガンダムの試験映像を撮影したとかと言う設定で

CMってなんであんなに寒いのかなぁ~余計マイナスのような?

CMの話は置いといて

トダカさんがなんか重要ポジション、なんかまたありそうですね。新型空母の艦長をやるらしいですから



来週はどうなることやら

Unknown (ZIGGY)
2005-03-06 12:40:04
私にとって第20話は、SEED DESTINYにおける大まかな方向性を導き出した回です。キーワードは「理念」と「現実」です。



①オーブとシン

オーブは、戦争をしないという「理念」を貫いたのに対し、シンはオーブの「理念」によって結果的に家族を失うという「現実」に至りました。これは、前作SEEDの時代のことです。

今作SEED DESTINYでは、オーブは「理念」を捨てて、国を焼かないという「現実」を重視しました。本来ならばオーブとシンの考え方は、理念よりも現実重視という点で一致するはずです。

しかし、一致しませんでした。なぜならシンはザフトに入ったことで、今まで考えたこともなかった戦争を体験したから。戦争をしない「理念」の大切さに気付き始めたシンは、それを完全に捨て去ったオーブとはやはり一致しないでしょう。



②キラとシン

第20話は、やたらSEEDとSEED DESTINYを対比させていますよね。キラとシンもその一つです。戦争を体験していた者(キラ)、それを遠くから眺めていた者(シン)。この主人公二人は、オーブ戦で運命が交差しました。戦争を知るからこそ、オーブの「理念」を信じたキラ。そして戦争を知らないからこそ、理念よりも家族を守る「現実」を望んだシン。交差したということは、いつかぶつかりますね~、当然。



③SEEDとSEED DESTINY

SEED DESTINYの方向性は、SEEDでラクスが言った「力だけでも想いだけでも駄目」と基本的に変わりないと思います。しかし、ここではあえて換言して、「現実だけでも理念だけでも駄目」としましょう。

「力だけでも想いだけでも駄目」、この存在はSEEDではフリーダムという一機のモビルスーツに表現されていましたね。ならば「現実だけでも理念だけでも駄目」という存在をSEED DESTINYではどう表現するのか?私は、オーブという国がそれにあたると思います。つまり、理念を捨て去ったオーブにカガリが再び理念の火を灯し、その理念を可能とする力を手にするのではないか。もちろんアスランが言うように、自分の力は自覚して。



以上です。。長くなってすいませんでした。
Unknown (pipit)
2005-03-06 13:14:38
今回はエンディングクレジットがすごかったw



戦って大切なすべてを守ると語っていましたが、次回のステラ登場からどう変わってくのかが楽しみですね



今回、いままでのシンはキラに比べて状況的に恵てるな、と思いました

(いきなりMSに乗らされることもない、かなりの戦力差での戦闘を強いられることもない、コーディネーターだといびられることもない、大切なものが敵にいるわけでもない)



・デスティニーガンダム



そういえばテレビシリーズでタイトルの名前つかなかったのはSEEDぐらいですね

両肩にマイダスメッサーっぽいのがくっついてましたがどういう装備してるのか楽しみです



…トダカ一佐には死なないで欲しいなぁ
僕も良かったと思ってます (ぱと)
2005-03-06 16:12:17
シンの視点で過去を振り返る事で、前大戦時では「戦争はニュースの中での出来事」でしかなかったシンの、戦争が身近になった瞬間の悲劇を経て変化した思想がつかめましたし、特に前作を知らないなどで背景を理解しきれてない人にとってもシンはどういった人物なのかを整理させる機会となったのではないでしょうか。



僕も今回を契機にシンが物語の中心に移っていくとみています。同時にミネルバ、アークエンジェルなど複数に分かれているスポットが収束していくのではないかとも。



>デスティニーガンダム

模型誌読んでいたら来月号で詳細が明かされると書かれてたので、そちらに期待してたのですが、まさかCMで名前を知ることになろうとは…

名前はやっぱり伝統に従ったものなんですね。
実はこういう意見は嬉しいです (燕。(管理人))
2005-03-06 16:35:49
このコメント欄で総集編に対する好意的な意見が多いというのは、実は個人的には非常に嬉しかったりします。

それは制作者サイドが何を考えてこういう作品にしているか、という点を理解しつつ自分はこうだよね、という視点で見ている人が多いということに他ならないからなんですね。



>AEFさんへ

マユ視点、そう来ましたか!なるほど、そうなると尚新カット必要ですね。



>シンの描写が少ないのは、マユ家族が死んでしまった時から、シンの心の成長が止まっている

なるほど、これは仰るとおり。

今のシンには力を手に入れることしか考えることができない、そういう状態まで追い込まれていたとも考えられますね。

家族との絆をいきなり断ち切られたわけで、それを埋めるために力を手に入れるという行動原理が形成されたんでしょうね。



ガンプラCMはもう少し考えて頂きたい気もするのですが、ガンダムというマーケットは支持層が非常に多岐に渡っているので、実はああいうCMの仕方が受けるんだ、というのもあるのかもしれません。

#僕のツボではないんですが。

ガンダムの名称はやっぱりそういう伝統ありますからね、だから予想されていた人も今回は結構多かったんじゃないかなと。

来週のステラたんが本当に楽しみです。

#うちはステラたん大好きブログですから。



>トリックスターさんへ

きちんとこれまで観て来た人にはある程度既に整理された情報だったことと、シンのテーマ・立ち位置も第19話までで明らかになっていたんで、物足りないというのは分かりますね。

ゆえに、こういうのだったら良かったのにな、と思うのは「EDITED」を前半・後半パートに分けて、前半で世界情勢の整理をして、後半をシンの「PAST=過去」編にしてくれたなら、尺的にみても丁度良かったんじゃないかなと思います。

つか、それだったらかなり良かったんじゃないかなと思ったり。



CMカットしちゃうとそういう罠ありますよね。

ゆえに僕は最近では全てCMはカットせずに、後から手動でチャプター入れて消去なんていう無駄なことをしています(笑)。

>貴女踊ると本当に周りが見えてませんね

同感です(笑)。



>H&Kさんへ

イボルブでデスティニー出すってのは最高ですね。

つか、そういう出し方して欲しかったんですよ、個人的には。

やっぱり主人公機なんで、「うおぉぉ、カッコイイよ!!」っていうCM期待しちゃうじゃないですか。

しかもそれが他メディアよりも先行するなら尚更。

バンダイさんの先走りとしか思えないです。

ガンプラ=難しいという構図を払拭したSEEDの300円シリーズは子供含めてターゲッティングが上手いなと思ってはいるんですけどね。あのCMは個人的には頂けないかなと。



トダカさんのは「タケミカヅチ」のことですかね。

あれって実は既に登場済みの空母のことだったりして。

ともあれ、おかしくなっていく世界情勢の中でまともな大人ポジションの代弁者としてトダカさんがいるんで、渋め台詞をまた期待したいところです。



>ZIGGYさんへ

>理念を捨て去ったオーブにカガリが再び理念の火を灯し、その理念を可能とする力を手にするのではないか

ここは大きく賛同したいところですね。

うちのブログではずっとこれをやって欲しいと言い続けてきたので、まさにこういう展開を望んでしまうんですよ。

またうちでは、今DESTINY上では3つのテーマが存在すると思っていて、

1.非戦をベースとした相互理解=アークエンジェル=理想

2.戦いによって守られる命がある=ミネルバ=現実

3.そういった想いとは別に戦争を産業化する人がいる=ロゴス=世界の構図

これが1(キラ)と2(シン)がまず対立して、その後1と2が融合する形で3に対峙していく、というのが大きな流れなのかなと。



シンについては僕個人としてはまだ「理念」には到達していないと思っていて、それを考えるきっかけになるのがステラという存在なんだと思っています。

ゆえに彼が自分の信念=力しか見えてないポジションから、力があってもどうしようもないものがある、と気付くポジションへ入っていくんじゃなかなと。

多分シンはウズミやカガリの言っていることの本質にそのうち気が付くと思っています。

オーブはあの時点でもそれなりの武力があったのに、国を焼く結果になったわけで、シンが求めた「力」があっても結局国を焼く結果になってしまっている。そういうことに気が付けるか?というのが第2クール、第3クールの焦点なのかなと。

という点を既に第19話までで間接的に表現されていて、その辺がうまいなぁと感心していただけに、今回の総集編がそれ以上のアウトプットがでなかったという意味で残念だなと感じたんですよ。

基本スタンスとしてはこういったテーマ性や問題提起してくるDESTINYという作品が非常に好みだということに変わりはないんですけどね。



>pipitさんへ

確かにキラに比べると恵まれているというのはあるかも。

というのは前作のテーマが種族を超えた相互理解は可能か?みたいなところにあったんで、主人公を徹底気に落とす必要があったからなんでしょうね。

今作ではそれを踏まえて、次の次元のテーマに入ろうとしているわけで、キラがいたから(重いテーマを背負ってくれたから)今があるみたいな感じですね。

キラがマクロな視点でテーマを背負ったことに対して、今回はマクロ視点では戦艦単位のチームで背負ってるんで、シンはもう少しミクロな視点でテーマと対峙するのかも。

ゆえに視聴者としては感情移入しやすい状況が今後あるかなと思っています。



>両肩にマイダスメッサー

これ、僕も気になりました。あと拳のガードとかも。

しかし、大河原ガンダムは絶対設定資料ではカッコよく見えない(笑)。

でも、動き出すととたんにカッコよく見える、これが本当に昔から不思議でなりません。

これが大河原マジックなのか?



トダカさんはナイスミドルキャラなんで末永く出て欲しいですな。
収束していくところは最高ですよね (燕。(管理人))
2005-03-06 16:48:13
>ぱとさんへ

>「戦争はニュースの中での出来事」でしかなかった

この辺の表現は僕も好きですね。ありふれた日常から一気に戦場になってしまったという感じを伝える意味で大事なシーンだったと思います。

この辺は前作SEEDの第1話でもヘリオポリスでキラたちが同じ会話をしているところがポイントですよね。

それと前作を知らない人のためには良かったというのも納得。

これをみてSEEDのDVDをみる人もいるかもしれないですし、是非みて欲しいところですね。

新カットでアズラエルの子供時代のシーンが入ってましたが、あれはSEEDのスペシャルエディションVol.3「鳴動の宇宙(そら)」からでしたね。



>複数に分かれているスポットが収束していく

ここをずっと期待しているんで、是非やって欲しいですね。

恐らく第3クール半ばくらいになるとは思うんですが、こういう収束していく描写はほんとに燃えます。



>デスティニーガンダム

もちっとカッコよい紹介の仕方があるんじゃないだろうか、というのが僕の今の正直な感想です(笑)。

つか、よく他のメディアを押さえて発表したなって感じです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。