蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

ガンダムSEED DESTINY 第23話 「戦火の蔭」 感想

2005-03-27 01:42:29 | ガンダムSEED DESTINY
届かなかったカガリの声、突きつけられた現実を前に「想いだけでも、力だけでも」というテーマが今作でも大きく意味を成してきた第23話「戦火の陰」、アークエンジェルサイドの苦難の道はこれからだと言わんばかりのラストの(意図された)後味の悪さにこれからの展開が興味深いと思いつつも、オレンジ色の人(もしくは西川さん)は散らなければいけない運命のかというハイネに合掌。

■想いだけでも、力だけでも
放送開始当初からカガリの苦悩と成長は最後まで続いていくと思っていたのですが、今週はそういう意味で事実上カガリにとどめをさされたというか、どん底まで落とした、そういう意味がありましたね。
後半に描かれるであろうシンデレラカーブの底辺、それが今回なのかな。

「オーブの獅子を越えて行け」が恐らくカガリに課せられた作中のテーマの一つだと思うのですが、これまでのカガリの描写はシンの「奇麗事はアスハのお家芸だな」に反論できない、「想いだけでも、力だけでも」の「想いだけ」しか体現できていない、そういう風に描かれてきました。
「想いだけ」しか今は持てないカガリに突きつけられた現実が今回の「届かなかった声」に帰結してしまった、だからこそカガリの成長物語は「想いだけでも、力だけでも」を体現していかなくてはならない、「オーブの獅子を越えて行け」、それに向かうためのトリガー、それが今回の戦いの意味だったのかなと。

他国を侵略せず
他国の侵略を許さず
他国の争いに介入しない

目の前でムラサメが落とされ、目の前でアストレイが撃つ、そうしてヤキンの開戦を止められなかったときと同じく、結局何もできなかったカガリの悔しさがやはり今回の後味の悪さにつながっていて、是非ともカガリには、ひいてはアークエンジェルサイドにはこの悔しさを晴らして欲しいものです。
今のアークエンジェルは「想いだけでも、力だけでも」と分かっていつつも、現時点では「想いだけ」になっていて、今後の道は今欠けている「力」の部分をどう補うのか、やはりそこはミネルバサイドとの合流として描かれて欲しいなと、個人的には思わずにはいられないところ。
恐らくその時には必ず今回のシーンが引き合いに出される、つかそうであって欲しい。

■亡国の・・・。
ギリシャ神話に登場する、どんな攻撃をも跳ね返す楯。それがイージスの語源だ。
しかし現状では、イージス艦を始めとする自衛隊装備は防御する国を失ってしまっている。
亡国の楯だ・・・。
それは国民も、我々自身も望むものではない。
必要なのは国防の楯であり、守るべき国の形そのものであるはずだ。
(福井晴敏『亡国のイージス』序章 宮津隆史『亡国の楯』より)

最近読んだ『亡国のイージス』からの一節ですが、「イージス艦」を「タケミカヅチ」に、「自衛隊」を「オーブ国軍」に置き換えるとまさにこの状況はオーブという国が理念を忘れ、「国の形をなくした」状態とも言えます。
「力だけ」になってしまったオーブが再び起つとすれば、やはりそれはカガリにかかっていて、是非とも「想いだけでも、力だけでも」のテーマをオーブという国だけでもいいから実現して欲しいところです。

つか、あれです。今回の悩めるトダカさんに「うらかぜ」艦長の阿久津さんを見た思いです。

■ハイネとアスランとキラ
先週の感想で揺れているアスランをミネルバへ定着させるのが彼の意義じゃないかと書いたのですが、まさかそういう形で来るとは思いませんでした。「Meteor」はむしろハイネへのレクイエムかと思いましたよ。
ハイネというキャラの死を目の前で見たアスランは、これでミネルバサイド定着へのトリガーが引かれたような感じですね。

となるとアスラン自身は「想いだけでも、力だけでも」の理念を理解しているはずで、それに基づいてセイバーという「力」を手にしたのに、キラたちの「想いだけでも、力だけでも」の理念とはいつの間にか同じことを考えているはずなのに、スタンスが異なってしまっている。
この辺うまいな、というか、アスランとキラの再対立が恐らくあると次回予告からして思ったのですが、同じ想いを抱いている(た)はずなのに、すれ違ってしまったという状況を作ってるんですね。

また今回の後味の悪さはアークエンジェルサイド=キラにも、本当にそれで良かったのか?と思わせるところもあるし、流されているアスランもまたそれで良いのか?というのもあります。
だからこそ、このタイミングで顔をつき合わせて意見をぶつけるというのはめちゃめちゃ面白いと思います。
しかもそれを取り持つのはミリィですか!既に次週が楽しみで仕方ない。
中盤でこういう一度微妙なスタンスの違いをはっきりさせておくという手法は良いなと。
個人的には絶対正義とか悟りきった人とかよりも、こういう答えを模索していく作風の方が好きです。

ここからは気になったところを。

■蹴散らされるガイアたん
今週は見所がいろいろとありましたが、中でも僕の心を鷲掴みにしたのはガイアたん(犬モード)ですね、間違いなく。
・ムチで叩かれるガイアたん(しかも二回、上下ワンツーみたいな)。
・飛んだら落とされるガイアたん(しかも水没)。
・とどめは蹴散らされる(もちろんガンダムキック)。
#結果としてハイネが散ったことはトラウマになりそうですが。
もちろん痛めつけられるステラたんが最高に良かったことは言うまでもありません、最高です。

■キラ強すぎ
主人公シンですら一瞬のうちに。
#フレッツのCMがしゃれになりません。
フリーダム改修ということはそれ相応の大打撃を受けるはずなんですが、こんな無敵キラを相手にできるのは種割れしたシンしかいないってことですかね。もしくは種割れしたアスランですか?
うーん、ここはさすがにシンに期待したいところ。

■デストロイ
公式でも発表されていましたが、OPの巨大MS(MAじゃなかったですね)はすごいネーミングですね。
サイコガンダムMk.2のような感じですけど、気になるのはパイロットですよね。
一応ザムザザーとかゲルズゲーとかが今後の主流になると(とあるオジサマが)言ってましたが、その流れを汲むなら複座型なんすかね?
ここからはかなり妄想ですけど、自分の中ではファントム・ペインが離反して欲しいなぁなんて密かに思っているので、救えないタイプの強化人間がまた出てこないかなと思ったりもするわけで、新キャラとか出ないんすかね。
でも今の時点でキャラ追加とか聞かないし、無いかな・・・。強化人間複座型でデストロイして欲しいんですけど。
じゃないとステラたんが乗ってしまいそうで、フォウとかロザミィとか思い出して欝になりそうなんで。

■ザクとは違うんだよザクとは!!
ビームライフルを掴まれるシーン、ファーストとの比較キャプだれかやってくれませんか?キャプ師の皆様。
とりあえず西川さんとしては美味しい、つか、一度は言ってみたい言葉です。

■トラサメ、トラスーツ
虎のムラサメはトラサメと呼びたいのですが、如何?
トラスーツがオーブ版で拝めた!笑った!いや、むしろ好きです!

■そんなにうちのことが嫌い?
辛らつな言葉を投げかけるキラに対して、カガリには是非とも静流の声で涙目でこう言って欲しいと舞-HiME第25話を観た人は思ったに違いない(え、僕だけですか?)。

えー、次週のミリィがとにかく待ち遠しい(いや、キラ、アスラン、カガリの会話ももちろん楽しみですよ)んですが、何気にマリューさんは前作より格段にカッコよい艦長さんになっている気がします。マリューさん、好きです(はっ、言ってしまった)。

コメント (42)   この記事についてブログを書く
« 舞-HiME 第25話 感想 | トップ | 今週のジャンプ 17号 感想 »
最近の画像もっと見る

42 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グフ1話きりでしたか (あう)
2005-03-27 02:27:54
TB有難うございました。

フリーダムと互角に戦うの、シンとアスランが

同時に種割れしても厳しい気がします。

しかも、アスランはキラ相手じゃどこかで

手加減がでてしまう訳ですし。

今後の展開が読めないです。
「落としちゃうぞ☆」by虎 (シータ)
2005-03-27 02:47:53
こんばんは。

土曜の夜は朝までシータです。



>想いだけでも、力だけでも



カガリは最初っから意見を聞いてもらえてないですよね。ギルには言いくるめられるし、シンには切れられるし、ユウナには乗っ取られるし、キラには結婚を邪魔されるし(これは不本意とは言え、)自分で決めた行動をことごとく却下されるカガリです。

しかし、「戦争をしない」と訴えるカガリのような存在はこの作品の中には彼女しかいないので、いいポジションだと思います。行動できないけど、平和を願う姿は素直で簡潔なことなんだと思います。

彼女の言い分が通ったとき、それが終結なのかもしれません。



>ガイア犬



ほんとにそうでしたね(笑)。

最後に海に落ちていく姿がなんだかかわいそうな子犬でした。

痛めつけられる姿が最高ですって??

はげしく同意です!!



>デストロイ

あ、もうネタバレ書いてらっしゃる。

デルタとは違って早いですね~。

でも、デルタと言えば改修原因ですが、シンが全然頼りないので、「アスランと戦う」に一票投じます。

シンも出番の少なさをネタにされてる場合じゃないと思うのですが…。





でも結局今回は「ザクとは違うんだよザクとは!!」とミーティアが聴けたのでよかったです。

これで満足です。

西川氏、お疲れ様でした!!とエールをば。



では。
Unknown (AA)
2005-03-27 02:53:39
>デストロイ

SEEDのガンダムってプラモデルの商品名みたいにガンダムってつけると変な感じのするものしかないような気がします。

意味を先に考えているからなんでしょうけど、ディスティニーガンダムとかデストロイガンダムっていいづらい・・・。



ハイネがゲストキャラとはいえあの殺し方はないのではと思ってしまいました。

キラはキラで、陣営関係なくぶちのめすのはやりすぎだと思いました。

その上、やるだけやったらすぐ離脱していくし・・・。



これで条件は整った? (AEF)
2005-03-27 04:33:32
ハイネを殺したのはステラ、という事でシンとステラの戦場での再会のフラグが立ちましたね。

シンの事ですから、ハイネを殺したガイアのパイロットを憎むでしょう。

そしてその憎むべき敵が、守ると言ったステラだと知った時、初めてシンは戦う事に悩む事になると思います。

悩む事がガンダムの主人公の証ですから、これでようやくシンも主人公になれる?



>デストロイ

ドをつければマクロスの陸戦兵器に・・・というネタはおいといて、公式でも公開されましたか。

ホビー誌等で公開されているデータを見ますと、ゲルズゲーの発展系のようです。

大きさは40m位あるようですね。

まさにサイコガンダム?

今のとこパイロットは不明ですが、ステラたんだけ、というのは勘弁して欲しいです。

だって、そうなったら、あの悲劇の繰り返しになりそうですから。

ここは、アウルどんやオクレ兄さんにも乗ってもらって、やられた時はステラたんを脱出させる、というのを希望します。



>陣営関係なくぶちのめす

キラの目的は、たぶん両方を撤退させる事だったのだと思います。

そのための条件作りのために、陣営関係なくぶちのめしたのだと思います。

戦力が少なくなれば、どちらもひかざるをえませんから。





































トラサメ (あぷろん)
2005-03-27 05:23:12
TBどうもです。

あぷろんです。



>想いだけでも力だけでも

1番力のあるのはキラとフリーダムですから!

ありすぎですよね?

想いのアークエンジェル・力のミネルバ。

あるいは想いのキラ・力のシン、なんて対比を良く目にしますし、ぼくも書いたりしてました。

今日から力担当はキラとアークエンジェルですね。

前作は想いと力の描写のバランスが良かったと感じているのですが、DESTINYでは想いよりも力がでかくなっている気がします。

バランスが悪いというか。

キラのあまりにも大きな力はかえってよくないのかも。

強大な力でキラの理念を押し付けるかたちになっている気がしました。

外部から付与された強すぎる力という悲劇になっていて好きなんですけどね。

『舞‐HiME』 のHiMEたちや、『マルドゥック・スクランブル』 のバレット、『天上天下』 の凪とか。

それと、自分の周り半径数メートルくらいの人たちの幸せを願うのならいいのですが、あまり世界とか全人類なんて考えると独裁者や虐殺者になるのでキラには気をつけてほしいです。

自分ではどうしようもない罪なんかを全て糾弾していったら、人間全て殺すしかなくなりますよ。

別のルートでクルーゼ化しないか心配です。



>フリーダム改修

ノーマルモードのキラならば、種割れしたシンでなんとか一太刀浴びせられるかも。

それかキラVSアスラン・シンで、アスランを攻撃できないキラの隙を突いてシンがやる、とか。

1対1じゃあ無理でしょう。

ハンデかなにかないと。

シンでも誰でもいいのですが、人工子宮製のキラの力を否定してあげてほしいですね。

言葉と力で。

力を求めるシンがキラのようになりたいと思えば、クルーゼの言葉どおりなのでその展開はちょっと。

あってもおもしろいとは思いますが。



>デストロイ

これは、カナードのようなキラ関連のパイロットを希望です。

シンにとっては力を否定する存在として、キラにとっては自分を生み出した技術を否定する存在として。



>トラサメ

二週間ほど前からトラサメの呼称をブログで使用しています。

流行るといいなあ。

ぼくは今後もトラサメです。



長くなってすみません。

それでは、また。
静流風 (あっちゃ)
2005-03-27 07:22:29
>そんなにうちのことが嫌い?

私も言って欲しかったですよ。

キラを含めたAA集団の虐めに耐えている姿が、なんか健気で。オーブ軍に想いを受け入れられずに、涙してましたしね。

今週は、そもそもカガリがあの状況下で無理な事を言っていたのは解るんですが、静流風の返しがあっても最高ですよねw
Unknown (pipit)
2005-03-27 10:31:44
キラの暴れっぷりは凄かったですw

敵エースをあっという間にボコボコに



議長も口で言っている「想い」もキラやカガリと相反するものでありません。

だからこそ、アスランは今回のザフトを撃つアークエンジェルに納得できないのでしょうか。

キラたちのプラントを信用できない理由がアスランが知ると思われる次回どうなるやら…



・力足りず止められないアークエンジェル

せめて、介入で双方の人的被害は少なく済んでればいいのですが…



>キラ強すぎ

キラがスーパーで種われな以上、現状わかっているシンの能力ではまず対抗できませんね。

相討ちになるとすると、シンの種割れは特殊だとかの設定があったりしたり?
Unknown (ファーレンハイト)
2005-03-27 10:32:25
こんにちは。トラックバックありがとうございます。



>だからこそカガリの成長物語は「想いだけでも、力だけでも」を体現していかなくてはならない、「オーブの獅子を越えて行け」、それに向かうためのトリガー

 「気持ちだけ真っ直ぐ」というカガリのこの想いの強さに匹敵するくらいの力を持って欲しいな、と自分も思います。力というのは、別に武力に限ったことではなく、ウズミの意思を継いで、それを周囲に伝えていける政治指導者としての力、だと思います。
破壊をもたらすモノ (戦闘勇者)
2005-03-27 10:45:46
という訳でデストロイ雑誌でお披露目ですよ。『ガンダムX』に『レオパルドD(デストロイ)』が居ただけに、ネーミングに違和感はありません。

MAの中にガンダムが入っている、みたいなのが見たかったです。



でも一番カッコ良いのは主義・主張に拘らず面白がって色んなメカを描きまくっている大河原さんだと思います。これぞ職人。



ハイネ死亡はまぁしょうがないですね。重傷でDアストレイに登場、っていうのが一番望ましいのですが。CV西川さんなのであんまり長くは使えないのは分かっていますし。



高山瑞穂先生版ではピンチのシンをヒーローの様に助け、『ザクとは違うんだよ!』を叫んでくれたのがもう最高。ガイアに対しヒートロッドを振るって『犬は鎖で繋いどかなきゃなぁ!』と子ども扱いな所は燃え死にます。



>反英雄化フラグ立ちまくりのキラ参上キターーーッ!

視聴者にとっても作中の人物達にとっても(特に視聴者)「憎まれ、蔑まれる事で人々を救う存在」となっていくキラ。監督はもう彼を正義ポジションで書く気は無いのかも…?



「しょせん『人形(スーパーコーディネーター)』であり『殺戮兵器(バケモノ)』であるキラには『人間(アスランやカガリ、シン)』の気持ちなんて分からない。だから存在してはいけない」みたいな描き方だったら正直イヤだなぁ(なりそうな匂いがプンプンしますし)。



彼の『兄弟』であるカナードが『創られた存在は死んでも良い人間なのか?生きる価値が無いのか?』と、初めて他人(プレア)の死に慟哭する姿を見ているだけに、そんな結末に結びつけられたらイヤだなぁと。
Unknown (燕。(管理人))
2005-03-27 12:20:51
>あうさんへ

さすがにアスランとキラは一度死ぬ気でやりあってるんで、その轍は踏まない気がしますね。

やはりシン種割れ+アルファの要素があるかもしれないですね。

しかし、フリーダム強すぎですな。



>シータさんへ

シータさんにはいつも驚かされています、さすがに今週は朝までは無理でした(花粉症に耐えかねて撃沈)。

>彼女の言い分が通ったとき、それが終結なのかもしれません

カガリに託された作中のテーマは非常に大きいので、やはりそれはクライマックスに持ってくるんだと思いますね。

これはDESTINYが始まったときからずっと思っていることなので是非ともそういう結末へ持っていって頂きたいところ。

>ガイア犬

崩子ばりに「わん」とか「きゃ、きゃうーん」とか言って欲しいところです(笑)。

>デストロイ

これを公式であんなに早く公開してどうするのか?とも思うのですが、雑誌系にも出ましたからやらずにはいられんということなんでしょうね。

西川さんの退場は「マジ?」とも思いましたが、グフの名台詞とミーティアがレクイエムでしたね。

合掌。



>AAさんへ

デストロイは確かに言いづらいですね。

つか、デストロイとか付けられた機体に乗る人は嫌なんじゃないだろうか、とも思ったり思わなかったり。

>キラはキラで、陣営関係なくぶちのめすのはやりすぎだと思いました。

>その上、やるだけやったらすぐ離脱していくし・・・。

たぶん、このやりすぎ感というか後味の悪さは製作サイドとしては意図してやったんじゃないかと思ってるんですが、キラすらも絶対正義ではないよ、みたいな。

ゆえにもう一度変化が必要なんですよ、という伏線と見ていますが・・・。



>AEFさんへ

>悩む事がガンダムの主人公の証

まさにその通りですね。まだまだ悩みどころが少ないシンですから、ここらで一つ突き詰めて欲しいところです。

きっとステラと近いうちに再会があると見ているんですが、あまり遅いと悩み描写が少なくなるのでちと心配です。

>マクロスの陸戦兵器

あはは、なるほど。懐かしいですな。

>やられた時はステラたんを脱出させる

なんとなく、今回の3人組の描写は前作と違って、互いに薄いながらも「絆」みたいな表現がなされていることから、それは大いにあるんじゃないかと思うところです。デストロイに乗る乗らないに関わらず、そういうのがあるかも。

むしろ逆にデストロイからかばってとか。

>キラの目的

結局撤退戦をさせるために武力を使わざるを得ないというのが、今の時点でのキラ、アークエンジェルサイドの泣き所なんですよね。

恐らくこの辺は意図的にヤキンを止められなかった状態と何も変わっていないということを表現して、この後にそれとは違う答えを探していくという展開になるんでしょうね。



>あぷろんさんへ

>バランスが悪いというか

個人的な予想なんですけど、このバランスの悪さは意図してやってると思うんですよ。

拮抗してくるのはクライマックスあたりになるはずで、今の時点では「結局そうなのかよ、力なのかよ」みたいな表現をして問題提起している状態なのかなと。

力におぼれる、そういう危険性があるんですが、それは前作でキラ自身バーサーカー化しているのでさすがにまたやるってことは無い気もするんですが、例に出された作品はいずれもそういうのを表現していますよね。

キラに一矢を報いるのはシン+アルファで、アスランはそのアルファになるかどうかは微妙・・・ですね。

自分の部下だから、といってアスランがシンをかばいに入って、というならばあぷろんさんの展開の通りのような気がしますね。

デストロイは連合製なんで、順当にいくと強化人間かなと。

強化人間複数で操縦とかだと結構強烈そうですよね。ひょっとしたらフリーダムはこれで倒されるのかも。

>トラサメ

おお、ではあぷろんさんに使用許可申請を出さねば!

ということでトラサメ同盟でお願いします(何ですかその同盟は)。



>あっちゃさんへ

舞-HiMEネタを拾ってくれてありがとうございます(笑)。

#現時点では関東圏限定ネタですからね、来週関西圏で誰か拾ってくれないなかな・・・。

カガリの号泣シーンは今作のテーマとしても象徴的なシーンでしたね。

たぶん彼女にとってはここが底なはずなんで、是非とも這い上がって欲しい。

そして最後は「うれしい・・・」って消えるんかい!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガンダムSEED DESTINY」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

願う艦長・余裕の艦長・呆然の艦長◆SEED DESTINY 第23話 私見◆ (蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ)
●平和主義少女の呼びかけ虚しく 今回はトータルで面白かったですね~。バトル展開でも、今までのミネルバサイドの”正規軍”としての戦いとはやっぱり違いますし。”賊軍”アークエンジェルサイドの介入で事態は混乱。でもその”賊軍”の大活躍で事態を収拾したのは、
種運命感想第23話その1 (暁の空)
今回の最大の見所はフレッツの新しいCMだったと思います。そこだけは繰り返して10回以上見ました。今回の感想は以上です。……と書きたくなるほど、今回は正直がっくりきています。テンションが過去最低です。ステラが出てきたにも関わらず。大好きな『Meteor―ミーティア―
DESTINY 23話 「戦火の蔭」 感想 (ダイブ!!DIVE!!~ダイアリーブログ~)
いやー今回は楽しめましたね! まずアークエンジェルとフリーダムが連合、オーブ、ミネルバの前に登場。その後ストライクルージュが発進し、停戦を呼びかけるが全く戦闘をとめることができなかった。まぁこうなることは大体予想が付いてましたが、その後のキラの戦闘見てい
アニメ:機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第23話『戦火の陰』 (名言辞典 --WEBLOG VERSION--)
とうとう、RPGでいうところの顔キャラが一人戦死しました。大方の予想通り、第一クルーのOPを歌っていた例の方が声を当てていたあの人でした。最後に趣味に走った台詞を言って、あの世に行ってしまいました。言い逃げですか・・・。 恐らく、今回の話・・・もとい、
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-23「戦火の蔭」 (Blacky’s Room)
前回フリーダムが現れて終わりだっただけに、非常に楽しみだった23話「戦火の蔭」。
ガンダムSEED DESTINY #23 (synthesis of life)
真の主人公キラキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 先週これでもかとシビレさせてくれたフリーダム。 今週も頼みますよ。 アバン。これは先週のおさらい。でOP。 Aパート。AAキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! を、発進シーケンスだ。何だろ?
戦火の残留感演出燃え/第23話「戦火の蔭」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想 (ランゲージダイアリー)
 今週も面白かった!  対立する両軍に対して非所属のフリーダムという状況、前話のサブタイが「蒼天の剣」で前作35話の「舞い降りる剣」と「剣」繋がりでペア、バックコーラスに『Meteor』がかかる演出をシンクロさせるなど、明らかに前作35話との対比が入ったエピソー
PHASE-23 「戦火の陰」 (黒猫型異星人ファン倶楽部)
※一部記事追加 とてもおもしろかった。 作画も凄く良かったんじゃないでしょうか。 キャラもメカも。 キラとフリーダム登場時は気合が入るのでしょうかね。 そんな気がしました。 トラサメも出撃したし、満足です。 あのパイロットスーツはちょっと…でしたが。
phase-23「まさか本当に戦闘を止めたいだけなんて、そういう莫迦な話じゃないんでしょうね」 (ちっちゃな種が暮らしいい。)
巫山戯んなキラ。お前こそが太平洋連邦との同盟を止める力も意志もなかった癖に。いい加減にしろよNEET!! カガリを焚き付け、今頃出てきたのをカガリのせいにするってか。ほう、いい度胸じゃねえか。この傍観者野郎がよく言うぜ。 自分で何事かを決めることを避け、
ガンダムSeedDESTINY:Phase23.戦火の蔭 (あっちゃ行って帰ってきます?)
ハイネ・ヴェステンフルス、グフ、行くぜ!行ったっきりになってしまいました。「想定内です」とか、聞えてきそうですが残念でした。キラに討たれるとか聞いてたので、違うのが嬉しいような、悲しいような。設定変更があったのか?キラは作中理想サイドなので、悪事をさせな
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-23 (+ SERAらく日記 +)
PHASE-23 「戦果の蔭」  ハイネが・・・・・・・ あんまりな扱いです・・・・・・。おかげで時間を置いての感想です(><; キラの攻撃で被弾して海に着水するミネルバ。 接近するアークエンジェルから、カガリのストライクルージュが発進。 「オーブは、
GUNDAM SEED DESTINY 第23話「戦火の蔭」 (ファーレンハイト212)
 地球軍・オーブ軍とザフトの前に立ちはだかるフリーダムとともに現れたのはカガリの駆るストライク・ルージュ。カガリの新たなステージが描かれつつ、アークエンジェルの介入によって情勢が混沌としてきた「戦火の蔭」。  今回は、アークエンジェル側がほぼ主役でした。
種D PHASE23 (みなもさん日記)
作画が大貫氏だった割には、キャラクターの表情の崩れが多かったような気がします。 何はともあれ感想ですが、すみません、今回はいろんな意味でテンション低いです。 何だろう、笑いと怒りが交差して、どう感想を書いて良いのか判りません(どんな交差だ) 取り敢えず、.
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第23話 (salty blog)
第23話「戦火の蔭」先週の予告…熱き海、切り裂け!グフ!それなのに…逆に切り裂かれちゃったぞ!グフ!ハイネ・ヴェステンフルスさんのご冥福をお祈りいたします。突如現れたフリーダムに、タンホイザーを破壊されたミネルバ。連合もオーブ軍もポカ~ンとする中、アークエ
ガンダムSEED DESTINY、第二十三話を観た (少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型))
今回は当日にビデオをチェックできたぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE23。 前話のダイジェストから開始。 颯爽と召喚されたキラのアップで終了した前回だけに、珍しく使い回しも気にならないオープニング。...
PHASE-23「戦火の蔭」 (一日一音。)
トコトン前作と重ねてくるまさにデジャブな演出が美しかった。 この既視感は、 議長がセイバーをアスランに託した時と同じですな。 単純に続編として物語が進んでいくんじゃなくて、 ポイントポイントに前作の演出を使う構成はホントたまりませんわ。 特に今回の「Meteo
第二十三話「戦火の蔭」 (Blue Channel)
オーブの攻撃を止めたいがためにアークエンジェルの発進を求めるカガリ(理想を求めて) そして大局的な状況判断をするようになったキラ。前大戦がよほど堪えたのだろう(現実を把握した上で理想を求める) 戦闘を止めるためだけに現れたアークエンジェルに今後、賛同する
ガンダムSEED DESTINY  第23話 (とりあえず頑張るブログ)
もう自分の部屋で見るようになっちゃった(ノ∀`*)アハハ (自分の部屋のテレビは15型で小さいくて室内アンテナ) - 本編 - あーあ、キラタソ出てきちゃった 優柔不断なのに最強・・俺が嫌いなキャラ設定だよ┐(´ー`)┌ ぉぃぉぃみんな、オーブの元議長に上から物を
機動戦士ガンダムSEED DESTENY 第23話「戦火の陰」 (ぷらすまいなす研究所)
今回の放送を簡単に言うと・・・ 主人公シンの背景化がますます進み、フリーダム万歳化がさらに進展、そしてハイネ@西川貴則はあっけなくお星様になってしまいましたとさ。もう、何を見せたいのか全く分かりません。 せめてシンにもう少し出番を下さい!やっと先々週、主人
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-23「戦火の蔭」 (Precious Prize Platz -Annex-)
脚本   大野木寛、両澤千晶 絵コンテ 西澤晋、福田己津央 演出   高田昌宏 作画監督 キャラクター 大貫健一 メカニック 西井正典 前回のあらすじ:( ゜∀゜ )キラ様!キラ様! タンホイザー被弾、FCSダウン。次週は5時半から。ミネルバ着水。 ストライクルージュ.
四帝会戦 (菅野重工業)
先週は\"2回目のPHASE-21\"を放送するという珍事が発生したSEED-Dですが、今週は 当然にPAHSE-23が放送された次第です。 ■今日は「PHASE-23 戦火の蔭」というタイトルでした。前回のラストに颯爽と降臨した フリーダムが正に動き回るという展開でした。干渉の目的はやはり
今週のガンダムSEED DESTINY (アフィリエイトで目指すは月収100万円)
先週、フリーダムが現れた所で終わったガンダムシード。 今週は冒頭からカガリがストライクルージュで出撃、オーブに説得の言葉をかけるが聞き入れてもらえず。 (ストライクルージュが飛んでたが、月日が経ち改良されたのだろう) ...
ガンダムSEED-D 23 「戦火の蔭」 (凡ての道はガンダムに通ず)
ハイネやっぱりかハイネ・・。結局レボレボはそういう運命なのね。でもミゲルの時より活躍したし、フランクでいい奴だった。そしてランバ・ラルのあの名ゼリフを言えたんだから本望だったかも?   「ザクとは違うんだよ、ザクとは!」ケロロ軍曹ならいざ知らず、あん
DESTINY感想!PHASE-23 戦火の蔭 (『日々見聞きしたもの…。』)
ガンダムSEED DESTINY PHASE-23 戦火の蔭 の感想です。いつもより長々と書いた感想は私の感想メインのホームページに書いてありますのでそちらもどうぞ!DESTINYの記事の最初の方針である、簡潔な感想と言う物を完全に無視して書いてしまった今回の感想です。やっぱり私は、
SEED DESTINY PHASE-23「戦火の蔭」 (雑食日記。)
キラ様キターーーーーーーー!!!!! |・アホの子ユ○ナ 先週はキラ様単独だったので(アップが)キラ様だけ飛んできたのかと思ったら、アークエンジェルも一緒でした。ピンクのガンダム(ストライクルージュだっけ?)に乗ったカガリも一緒。 カガリヤダー!!と思って
機動戦士ガンダムSEEDデスティニーPHASE-23 (たぶん週刊ワナビー)
戦火の蔭 なんていうか、在庫ガンダムプラモ化するような気がするんですが、グフ。まぁ、ステラのガイアガンダムを圧倒はしてたけど、所詮、フリーダムに一蹴されたわけだし。それに、 「ザクとは違う」も、言えたから満足だろう。 で、感想というよりは突っ込み中心...
【PHASE-23 蒼天の剣】感想 (Gundam SEED Fun!!)
機動戦士ガンダムSEEDデスティニー第23話「蒼天の剣」の感想です。今週はなんつーか・・・フラストレーションの溜まる回でしたなぁ・・・。あんたらは一体なんなんだよ~・・・。今回はちょっとキラファンの方に優し...
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PAHSE-23「戦火の蔭」 (Bird Eyes)
偽物だと言って、やっちゃえば? カガリが出てきた時点で、そんな風に思ったのですが、まさかその通りになるとは。 ルージュの機体は強奪もしくは模造、声も模造でOK。 トダカ一佐が頑張ったからいいものの、ユウナはやはりヘタレです。 で、キラがフリーダムに乗る
運命に、合掌。 (うっちーの今日の戯言)
昨日の運命はハイネの命日でありました。 「出番は短い」って聞いてたけど、こんなにあっさり死亡とは・・・・残念。 おいしいキャラだったのになー。 議長との連絡とかでもっと使えるかと思ったのに。 メットかぶってた方がカッコいいしね。 「ザクとは違うんだよ!ザクとは
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE23 (みかん。)
こんばんは。nasです。 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」感想文も第23話になりました。早くも2クール終了。 毎度のようにネタバレに注意。 やっぱり出ちゃった「ザクとは違うんだよ!ザクとは!」 グフといえば、の名台詞が21世紀版で復活しましたね。ラルが
ぼくの出番が無くなるじゃないかーーー!(大爆笑 (焼きプリン定食)
来週のガンダムSEEDデステニィーは夕方5時30分ですか…また撮り逃す確率高し(´д`) まあ、私はフレッツで観るので大丈夫。 ということで、わかる人にはわかるリョウコとタカハシです。ルナマリアは描くシーン無かったので。 この二人の漫才はとても面白いです。フレッツだ
PHASE-23 戦火の蔭 (ひすいのガンダムとかラグナとか諸々感想)
※ネタバレ含みます、注意 この回から、種デス感想レポートを書くことにします。(毎週の予定) 感想が遅れてしまい、すみませんでした。 今回、ハイネの初戦場&終結シーンでしたね。 ほぼ全体的に戦闘シーンでしたが、 なかなか見所のある回だったと思いま...
SEED DESTINY23話 (あらためまして。)
PHASE-23 戦火の陰
It\'s Kira time!! (ガンダムSEED DESTINY 第23話感想) (a glorious day)
先週のフリーダム登場で混沌としてきた、ザフトvs連合&オーブ。 盛り上がってきましたね。 今週はどうだったんでしょうか。 Aパート始まり、アークエンジェルから一機出撃してきます。 なにかと思ったら、 ストライク・ルージュ、カガリかぁw
ガンダムSEED DESTINY第23話「戦火の蔭」 (Refuge)
ハイネが死んじゃった。こんなにあっけなく逝くとは。何のためにミネルバに来たのだろう… アークエンジェルの身勝手すぎる介入にもう我慢できない。どっちらけ。 議長!お願いだからキラきゅん戦隊を潰してくれ。 作画監督は大貫氏。神…。ユウナの表情が豊かで素晴らし
第23話:スタッフのあまりにご都合主義な展開に絶句! ハイネ悲惨すぎ…。 (O型・風海のアスラン考察日記)
2005/03/27(日)(改訂版UP♪)なんというか、今回はちょっとどころか、かなりスタッフの話の進め方に、釈然としないものを感じてしまいました。だいたい、ディスティニーの世界は、テッカマンブレードなどでやってたような異星人による侵略戦争ではありません。ナチュラ
ガンダムSEED Destiny PHASE23 (今日もボヘミアンな気分)
[第23話『戦火の蔭』の感想]  今回はあらすじをモブログでいち早く送ってみました。もちろん、現時点では感想を加えた、修正版の記事となっています。 ★キラへの素朴な疑問★  ミネルバのタンホイザーを無力化しユウナを救う理由、一方ハイネが死んでいく様を見ながらキ
ガンダム王(キング)選挙!!【乱入可】 (笑いという名のボランティア あっいけね忘れてた! ブログ名は・・・クロワッ・・・(字数足りませんでした 汗))
ただいまエントリー数12体やばいよ~ すごすぎ!! ども!お久しぶりです! いや~ガンプラにはまって更新出来なかったなんて言い訳になりませんよね すいません!! 最近休みが多くて 友達とガンダム買って作ったのですが みんな完成した時 「俺
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第23話 「戦火の蔭」 (テンプルナイツ -宮殿騎士団-)
颯爽と現れたフリーダムとアークエンジェルで終わった前回。 古典的に名乗りを上げ...
「戦火の蔭」SEED DESTINY23話 (ひよぴよのメモ帳)
 ガンダムSEED DESTINY23話「戦火の蔭」の感想です。ネタバレありです
デス種 PHASE-23 「戦火の陰」 (虚辛会日報)
アークエンジェルの乱入に戸惑う戦場。 カガリの演説に同様するタケミカヅチのブリッジに、通信が入る。 「どういうことですかアレは」 「あ、あのですね」 「空をかけーるあいつ」 「え?」 「海をおよーぐあいつ」 「は?」 「大地をすすむ、あーいいーつー!」