蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

ガンダムSEED DESTINY 第15話 「戦場への帰還」 感想

2005-01-23 01:29:49 | ガンダムSEED DESTINY
ミネルバとアークエンジェルの出航をそれぞれ描くことで、2つの世界(主張)を描いていこうとしている、DESTINYの構成ってあまりに凄くないか?と思った第15話。
いやなんかもう想像するだけでかなり熱いんですが、ミネルバサイドで描く世界とアークエンジェルサイドで描く世界はどちらも正しいと思う方向性に進むんだけど、今はその方向性が逆に進むんじゃないか、そしてそれが物語り中盤あたりで激突し、それ以降融合していくんじゃないかとか考えてしまったんですが、ミネルバとアークエンジェルを両方出すということはそういうことだと理解したい。
こういう対比構造大好き。つか、こういう対比構造でテーマ性を浮かび上がらせる手法、個人的に超ツボです。
これでほんとに第1クール終了って感じです。

■まずはアークエンジェルサイドから
恐らくアークエンジェルサイドは前作SEEDからの流れをそのまま引き継ぐと思うんですが、彼ら自身としても遣り残したことがある、むしろ何も変えられなかったという後悔の想いの方が強いのかもしれないですね。
キラの回想にたびたびクルーゼが出てくるのはやはり前作の勝者はクルーゼで結局自分達は世界を止めることができなかったことを象徴していて、今度こそはという想いが今回のキラの台詞からも伺えました。

この感想でもずっと思ってるんですが、前回は憎しみの連鎖を断ち切るために仲間が各方面から集結してくるところが最大の見せ場だったわけですが、結局3隻しか集まらなかったんですね。
今回はそれをより大きな流れに持っていく、それがアークエンジェルサイドで描かれることなんじゃないですかね。あくまで戦うこと以外で道を開こうとするように。

■さらにアークエンジェルサイドの中でも細かい描写が光る
前回オーブ護衛艦隊がアークエンジェルを世界の希望と考えたように、アークエンジェルのメンバーもカガリに期待しているということが伺えました。
#国家元首という重圧の中で見えなくなっていたカガリに「馬鹿なこと」とさらっと言ってなだめるキラがかなり良かった・・・。
このとき、カガリは退路が無くなって腹を決めるしかなくなったわけですね。
そしてその直後の描写がまた秀逸。

「僕達は今度こそ正しい答えを見つけなきゃなんないんだきっと、逃げないでね」

そしてアップになるラクス。
これで絶対にあると確信しました。今は迷えるラクスが再び起ち上がる決意をするイベントが必ず来る。うおお、予想するだけで激燃えです。
第13話の感想でも触れましたがキラに「鍵」を渡すことを躊躇したシーンからも、前作で結局「力を使ってしまったこと」を彼女は後悔しているんですね。戦争を止めることができなかったという想いとともに。
そしてまた今、再び「力を使う」かもしれない状況において、自分が本当になすべきことは何かを見出せないまま迷うラクス。
めちゃめちゃ熱い。やはりストーリー展開上はカガリそしてラクスを中心に回るに違いない。
腹を決めた(決めざるを得なかった)カガリとまだ迷いの中にいるラクス、こういう対比も見逃せませんね。

■ではミネルバサイドは
前作でアークエンジェルのメインクルーが軍人ではなく、戦うことの覚悟がないまま戦渦に巻き込まれたんですが、ミネルバクルーは全員軍人なんで既にスタンスからして前作を踏襲するアークエンジェルとは位置づけが異なりますね。
一番端的に表現されたと個人的に思っているところは、第13話でシンが種割れバーサーカー化して殲滅させて戻ってきたときの表現と前作でキラがニコルを殺して戻ってきたときの描かれ方ですね。これ全く表現が逆でしたよね。

たぶん「今の」ミネルバは議長の正義を投影された存在だと思っていて、武力がなければ守れるものも守れない、つまり守るためには力が必要であるという表現の象徴になっていると思っています。
それを視聴者視点で体現しているのがシンで、妹が死んだのは守る力が(国にそして自分に)なかったからだと思っていて、それが議長の想いとシンクロしているんでしょうね(この辺は第1話感想から僕の感想は変わらないですね)。

この2つの主張(アークエンジェルとミネルバ)は視聴者としてもどっちが正しいとかなかなか答えきれない難しいポイントですよね。
どちらも正しいかもしれないし、どちらも違うのかもしれない。
この辺のテーマのぶつかり合いがDESTINYをみていくうえでの最重要ポイントになると思いますし、制作者サイドもそこを1年かけて視聴者に問うてくるんじゃないかな。
個人的にはこのテーマのぶつかり合いは最終的にデュランダル議長と、そのデュランダル議長と最初に会ったときに為政者としての格の違いを見せ付けられたカガリのぶつかり合いになってくると面白いと思っています。
しかし、ほんと2つの艦にテーマを乗せて出航させるこの構成、素晴らしいと思います。

■ミネルバ内でみるもう一つの対比(とアスランの女難の相)
アスラン、完全に女難の相が出てますね(笑)。
第2クールOP・EDともルナマリアとメイリンが立ち位置反対になっているんで気になってましたが、それがアスランの取り合いをきっかけに勃発するのか?と思わせるところがツボでした。
まず買い物のシーンでルナマリアは化粧品興味なし、メイリンは大量買い物、このへんパイロットとオペレーターという職業柄も反映されているのかな。
そしてアスランに強引に仕掛けていくルナマリアに対し、アスランのプロフィールを調べるメイリン。
この姉妹見てるだけで飽きそうにありません(笑)。
そのうちメイリンから「お姉ちゃんはいつもそう」とか言って姉妹喧嘩が始まりそうです(楽しみ)。
しかし、アスランもてもてです。うらやまし(略)。

と、ここまではミネルバとアークエンジェルというテーマについて見てきましたが、ちょびっと世界観についてもみてみたいと思います。

■ユーラシア離反
>ユーラシアあたりが離反してもアリ
っしゃあ!この展開既に第2話の感想で既に妄想済み!下手な妄想数打ちゃあたるってもんですよ。
議長がミネルバを向かわせる理由は、地球連合(ブルコス)を一枚岩でなくすることにあると思うんですが、内憂外患状態を作ってプラントだけに戦力を集中させないようにするっていうのも狙いなんでしょうね。

僕の妄想が正しければ、今作ではこういう動きが各所で見られると思っていて、それがブルコスへの反発だったり、もう戦争はうんざりだという想いにつながって、そのうちのいくつかがアークエンジェルに流れてくると踏んでいるんですが、またそういう勢力を巻き込んで大きな流れを作ることが今作のテーマのひとつかなとも思っています。

またジブラルタルの攻防はかなり苛烈になることが予想されるんで、その中でシンたちが何を想い、どう変わっていくのか非常に興味が尽きないポイントです。
前作では主人公たちの「迷い」を表現した第2クールだっただけに、今自分達が考える正義に疑問を抱く、そういう展開を期待しています。

あとは、

■カガリの結婚の報に動揺しまくるアスランがツボ。
取り乱し方がすげー微笑ましいです。

■ルナマリアがコクピット付近にいるとき
整備員になって下から見上げたいです。

■ステラ
もう何も言うことがないほど最高です。
「うん」しか言ってないけどそれが、それがツボ過ぎなんです。
#最近メイリンに傾倒してましたが素直に反省しました。
#でもメイリンも好きです(えー)。

■アーサー
絶対艦長のこと好きです。
そんなアーサーが艦長と議長のことを知ったらどんなリアクションしてくれんでしょうか。
そんなアーサーがほんとに好きです。

■ドム?
ザフトの新型はドムっぽかった。
#と書きましたがコメント欄を見るにギャンの方が近いですね。同じツィマッド社製ってことで勘弁して。
ちなみに西川さんのグフ・イグナイテッドは呼びづらいのでグフナイテッドじゃ駄目ですか?

■シンとステラ
スエズでミネルバとファントム・ペインが再激突しそうですが、シンとステラも敵同士と気付かずに再会?とかして欲しいですね。
それもポケットの中の戦争のクリスとバーニーのように。

しかしガンダムSEED DESTINYほんと面白いです。
エンディングも入り方がちょっと違ってて良かったですねぇ。
#あんなに一緒だったのには7パターンくらいあったらしい。
アスランがもしプラントへ渡るのがもう少し遅かったらとか、もしすぐに戻っていたらとかこういう運命的なすれ違いも面白さの一つですよね。
さて、今週は皆さんどうだったでしょうか、コメント、トラックバックお待ちしております。

コメント (28)   この記事についてブログを書く
« 舞-HiME 第16話 感想 | トップ | おお振り、やっぱり面白いよ! »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皆さんと私の感性は違うのかー。 (はさにん)
2005-01-23 01:43:09
>今は迷えるラクスが再び起ち上がる決意をするイベントが必ず来る。

これは、ありですね!最近ラクスの存在価値を忘れていましたから。再びたち上がってこそ、ラクスが活きてきますね。



>ザフトの新型はドムっぽかった。

私は、あのMS頭が尖ってたのでギャンに見えました。私の感性は世間とずれてるようで…。
なんといいますか (natsumikan)
2005-01-23 01:51:36
こちらの感想を読ませて頂くとほんと燃えます!!燃える感想ですね・・。

ルナマリアあまり興味無しだったんですけど

今回でちょっと好きになりました♪

TBさせて頂きます!
実は自分も (アナテマ)
2005-01-23 02:05:00
ギャンに見えました。頭だけなら、ジ・Oの方が似ているかも。



バンクが増えてきて嫌な予感がします。
ルナとメイリンの対比、先の展開がかなり怖いです(泣) (望海)
2005-01-23 02:08:34
>キラの回想にたびたびクルーゼが出てくるのはやはり前作の勝者はクルーゼで結局自分達は世界を止めることができなかったことを象徴していて、今度こそはという想いが今回のキラの台詞からも伺えました。



前作では明確な自分の答を出せていたのは彼くらいでしたからね。

実は前作最後の方は、今までの仲間が死んでいくというのと同じくらい、クルーゼの思いが痛すぎてぼろぼろ泣いていました……。



>ちなみに西川さんのグフ・イグナイテッドは呼びづらいのでグフナイテッドじゃ駄目ですか?



すごく呼びにくいので勝手にイグナイにあわせてグフナイと呼んでおります(笑)。
抗争勃発? (ぱと)
2005-01-23 02:53:55
アスランと女難の相は切っても切れないものなんですかね?



>アークエンジェル

急激に変化する環境で選択肢を失い自分を見失いかけていたカガリをスタートラインまで戻す事ができたんですよね。

今はまだ迷いを抱えていますが、今度こそ後悔の無い道を歩んでほしいものです。



>ミネルバ

何といってもアスランが(笑

前作でキラがフリーダムを強奪してアラスカに降り立つまで3日程かかっているのですが、今回も同じくらいの時が経っていると思われます。

その間に、彼にとって極めて重要な事が彼の預かり知らぬところで、とんでもない変化があったわけで…セイバーのコクピットの場面のBGMが面白かったです。



>ドム?

新型可変MSバビ、顔見せだけのものの早くも登場しました。ガンダムエピオン以来?となるハンブラビ型の可変機構を持つMSです。

ユニウス条約に対して、ザフトは可変MSとウィザードのどちら主体でいくんですかね?今はどちらが有効かを探っている段階に思われますが…

連合が新型Gを強奪した目的の一つに、前大戦でイージスを強奪した事でザフトが研究・発展させた可変機構のノウハウの吸収もあると踏んでいたのですが、連合も同様に可変MSの開発に入るのか、ストライカーで乗り切るのか、はたまたザムザザーの様な高性能MAの時代が来るのか、これが個人的な見所です。
じぶらるたる (あっちゃ)
2005-01-23 03:22:00
はじめてコメントさせていただき!

ジブラルタルでの展開を妄想して熱くなってきました



★ジブラルタル

トラの旧本拠地ということは、出身地が近いキサカ再登場に期待っす

だって、自主独立を目指してキサカが故郷で立ち上がってっていそうじゃないですかぁ

連合軍相手に、前シリーズでレジスタンスとして戦っていた砂漠の民の皆さんも再登場したりして

そこの指揮官がキサカだと予想

そうすると、カガリやアークエンジェルとの絆も有るわけだし…熱い



と、こんな妄想してます^^;

いかがっしょ
Unknown (ZIGGY)
2005-01-23 05:24:52
久しぶりのコメントになります。よろしくお願いします。



>ミネルバとアークエンジェル

この対比構造は最高です!デュランダル議長は、ミネルバをアークエンジェルのような存在にしたい、みたいなことをいつか言っていましたよね。双方のアークエンジェルの激突は熾烈を極めるでしょうね。



おそらくシンとキラは、ここでぶつかるのでしょう。さらに、タリアさんとマリューさんの女の戦いも見物でしょう。もしカガリがルージュに乗るのなら、ルナマリアと一戦交えるかもしれませんね。



>シンとステラ

再会の仕方は、妄想になってしまいますが。



ミネルバとファントムペインの戦い。そこでシンが種割れを起こす(ガンダム3機に囲まれて)。そして、ステラを捕虜にする形ではないでしょうか(おそらくステラは死の恐怖に怯えるでしょう)。前作ではディアッカが捕虜になりましたが、今作ではステラではないかと。この時に携帯電話の話がちらっと出ると素敵かもしれませんね。



最後に。

私はここ最近、レイが気になります。いきなりピアノ弾くし。ピアノといえばニコルですが、レイもまた、不幸な結末を迎えるのでしょうか。いずれにせよ、レイはデュランダル側に付くと思います。そしてキラがニコルを殺したように、今度はシンがレイを・・・。



妄想ばかりですいませんでした。



Unknown (gil-mendel)
2005-01-23 07:37:43
いつも深みをつく考察、目から鱗の落ちる思いで拝見しております。



>2つの艦にテーマを乗せて出航させるこの構成

もうそれぞれにテーマ乗りすぎですよね。熱い!

それぞれが相克し、迷い悩み、いずれかが正しいというのではなくそれを超える何ものかに至ってほしいと思っています。

ついでにファントムペインにもテーマ乗せてやって下さい・・・ていうか隠れたテーマがきっとあるはず。



>ラクス

彼女の迷いは何を以てすれば克服できるのだろうと。

イベント期待待ちです、本当に。



>ルナマリアがコックピット付近に

見えない筈がない! と思って何度も見返しましたが見えないですね。ええと、スカートの構造教えて欲しいです。



>アーサー

タリア艦長のフェイス就任を本気で喜んでいる辺り、きっと大好きですよね。

議長のことは・・・知ったらユウナ並に泣きそうなので勘弁してやって下さい。
なんだか・・ (クウラ)
2005-01-23 13:36:21
>カガリ

キラ達がカガリを連れ出した理由が今ひとつ弱い気がします。「仕方ないじゃない」って・・(うそーん)

「再び国を焼くわけにはいかない」→「他の国・プラントを焼くことになってもいいのか?」→「・・・」

この問答は、ユウナと変わらないですね。状況に流されまくってるカガリがどう変化するか楽しみです。



>ルナマリア、メイリン

現在アスランに対して、静のメイリンと動のルナマリア。

相場は前者が鳥肌モノに化けると決まってます。フレイ注意予報発令?



>タリア艦長

タリア艦長の「フェイス」は、何に忠誠を誓ったものなんでしょうか。議長への忠誠だと、今後議長から離れられなくなるんじゃ・・ (離れると決めるな?)



>今週のステラ

しばらく見ませんでしたが、あんな子だったっけ?

アークエンジェル×ミネルバ (Limit)
2005-01-23 15:43:07
こんにちは。

ランゲージダイアリーさんでも同じ事を書いたのですが…。ミネルバの中のアスランは一人アークエンジェル的要素を担っているんですよね。

特に今回は、なぜ帰ってきたのかと問うシンにアスランが無言だったように、アスランとシンが「会話」をすることがなかったわけですが、二人の会話が始まると物語が展開しそうです。

そして、おっしゃるようにダメダメ為政者だったカガリはアークエンジェルで一皮むけることができるのか?

単なるロボットアニメとしては、今回くらいが第1回でも良かったのでしょうけれど、せっかくいろいろな仕込みを1クールかけてしたのですから、これからの展開に期待しましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガンダムSEED DESTINY」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

DESTINY感想!PHASE-15 戦場への帰還 (日々見聞きしたもの。)
ガンダムSEED DESTINY PHASE-15 戦場への帰還 の感想です。 長々と書いた感想は私の感想メインのホームページに書いてありますのでそちらもどうぞ! 今週一週間は、DESTINYのオープニングとエンディングの感想に全てをささげた様なもんでした。かなり憔悴しましたが、本編を
PHASE15 戦場への帰還 (がんばる日記君)
とりあえず気になったことをいくつか。 ネタバレです OPのミーアの回転遅くなりましたか?要確認ですね。 今確認できず~。 今日はOP前から内容つめつめでしたね~ なんであんなにアスランは世間からとりのこされているんでしょうか? ちょっと笑っちゃいま
種運命感想第15話 (暁の空)
二週間のアスラン不足、そして覚えていられないほど長い間のステラ不足を経て、2人が帰ってきました!今日はこれだけでかなり満足です(笑)。では順番に見ていこうかと思います。・セイバーで、結局いきなりアスランなんですが(滝汗)。セイバー初戦闘ですね。いきなりMA
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-15「戦場への帰還」 (Precious Prize Platz -Annex-)
脚本   大野木寛、両澤千晶 絵コンテ 須永司 演出   西山明樹彦 作画監督 キャラクター 森下博光 メカニック 吉田徹 カガリを強奪したフリーダム。トダカ一佐の粋な計らいで逃げおおせるアークエンジェル。 一方、アスランはミネルバとの合流を望み、オーブコント
第15話「戦場への帰還」 (*Happy Music*)
今回からシンサイド話みたいね・・・ハイネさんは2月入ってからかな?だいたい西川さんのANNで、ハイネさんの紹介とかあるだろうし。そういや今回から、種デスDVDのCM始まったね~。やっぱりBGMはイグナイなんだ(笑)OP前、最初はキラのカガリ奪取シーンだけ
PHASE-15 戦場への帰還 (DESTINY追跡日記)
ステラかわいいよステラ!! くわしまにあさんに「ステラ再登場の際には同盟の合言葉を叫びます」とお約束したので 一番初めに叫ばせてもらいました(笑) ちなみに当方、ステラは可愛いと思うけど同盟員では有りません。 てことで。 今回は順を追って見ていくことにしよう
ガンダムSEED DESTINY 15話感想 『戦場への帰還』 (とことん青春!~種運命と鯉に魅せられて…~)
戦場への帰還とは“偽りの自分”からの脱却を表しているのではないでしょうか。15話感想です。 ◆◆カガリは再び為政者として起つ事ができるのか?◆◆ 今回、キラがカガリを拉致した理由が語られましたが、果たして彼の行為はオーブやカガリの為になるのでしょうか。 オー
2主人公サイド制に燃え/第15話「戦場への帰還」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想 (ランゲージダイアリー)
 何気に対比技法を使ってのルナマリア-メイリン物語の幕開けが光ってた一話でした。  前回のOPアンドEDで突然に、え、この姉妹にも対比とかあるんだ……と視聴者的には驚いたんですが、順番よろしく今回から物語がスタート。  姉妹でのショッピング風景という姉
ガンダムSEED DESTINY その2 (ミッシェル編集局)
今週も見ましたガンダム! ガンダムシリーズをTVで見るのは初めてなのですが、 こんなに面白いものとは思ってませんでした。 それぞれの人物にテーマがあり、 自分が今何をするべきなのか。 何が正しくて何が間違っているのか。 答えは1つではなく、目指す場所への道も
第十五話「戦場への帰還」 (Blue Channel)
今回は昼ドラですか?人物同士の会話が多いせいか戦闘シーンが少ない。ストーリーが進まない。前作と同じく終盤になってあわただしくなられるのは困るので、世界情勢的にもっとストーリー進めてほしい。 ・キラの言ってること???だけど、確かにカガリは自国が他の国を.
phase-15「見つけたぜ、子猫ちゃん」 (ちっちゃな種が暮らしいい。)
何なんだこの企みと思惑の大混戦はぁ! 議長あんた何考えてんですか! アスラン権限に慣れすぎ! ミネルバ人間関係ごたつきすぎ!! ネオはムウっぽすぎ! OP前はきっと回想のみと思ってたらいきなりアスランがセイバーで入国拒否られてた。「アスハ家のアレックス
PHASE-15 「戦場への帰還」 (黒猫型異星人ファン倶楽部)
ビデオとって寝ちゃったのでついさっき見たのですが、う~ん。 だんだんついていけなくなってきたなあ。 よく見にいくブログを読むと、ああ、やっぱりそういう風に見るしかないよなあと思ったり。 そう見ないと救いがないよなあと。 ぼくはツッコミいれたり、悪口書いて楽し.
アスランの復帰を受けて、ルナマリア…って、マイペースだな!!◆SEED DESTINY 第15話 私見◆ (蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ)
●アスランのザフト復帰 今回はアスランに視点を置いて物語が展開されました。サイバーを託されてオーブに到着するまで時間がかかったようですが、その間にミネルバのオーブ近海での攻防やキラ復活、カガリの挙式騒動が並行して行われたと思えば、この展開はセイバーを
第15話 「戦場への帰還」 (ファーレンハイト212)
 キラの想い、カガリの苦悩、そしてアスランの「戦場への帰還」。先週のアークエンジェル復活の余韻がいまだ冷めやらぬ今日この頃。今回は先週ほどの感動がなくても、新たな戦いへの序章といったおもむきで、内容は濃いです。  以下、雑感。 【ウズミ・ナラ・アスハの意思
SEED DESTINY15話 (あらためまして。)
PHASE-15 戦場への帰還
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第15話 (enocci\'s salty blog)
第15話「戦場への帰還」 さあ、例によってOP前は先週の復習…と思いきや! カガリをさらった、その後は…おお~っと! 早くもアスラン登場だぁ~! オーブに接近するアスラン…しかし、入国拒否! スクランブル発進したムラサメに撃たれる。 「わが軍はまだザフトと交戦状態
第15話「戦場への帰還」 (機動戦士銃自由種運命)
ザフト軍特務隊FAITH(Fast Acting Integrate Tactical Headquarters)所属としてザフトに復帰したアスランはミネルバに合流するためセイバーを駆りオーブへと戻ってきた。 しかし、管制への呼びかけに対する返答はなく、かわりに空軍により迎撃される。 事情が分からず対
ガンダムSEED DESTINY PHASE-15 「戦場への帰還」 (SEEDs)
シンも、ほんとうに久しぶりにステラも帰ってきましたし、戦場に役者が揃いました。 アークエンジェル、フリーダムと入れ替わりにオーブに接近するアスランというのはちょ
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE15 (みかん。)
こんばんは。nasです。 毎週恒例の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」感想文も第15話となりました。 そして毎回書いてますが、一週遅れの地域の方や、まだ見てない方はネタバレ注意。 今回は更新が遅れたことをまずお詫びしておきます。日曜日になってしまいまし
ガンダムSEED-D 15 戦場への帰還 (風まかせ・・浮島)
ルナマリアとメイリン姉妹のアスランを巡る女の戦いが密かに勃発。なるほど新OPの謎がここで明らかにされるわけですね。トップエリート相手となると姉妹だろーが何だろーが関係ないって事っすか。今回はルナマリアがセイバーんとこまで追っかけてって若干アピールリード?
DESTINY第15話「戦場への帰還」 (Blacky’s Room)
「うわっ!すごいね、このドレス。」で始まった、DESTINY15話「戦場への帰還
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-15「戦場への帰還」 (Bird Eyes)
アスランってば、ものすごく間抜け。 まあ、ミネルバは本国と連絡がつかないままオーブを出てきたんですから、当然と言えば当然か。 MSで超長距離通信が出来るとは思えないし。 とは言え、間抜けなことには変わりませんけど。 それにしても、便利な世の中になったも
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第15話 「戦場への帰還」 (テンプルナイツ -宮殿騎士団-)
式場を条約違反MSで襲撃し、国家元首を拉致、その後、戦艦で逃走という犯罪集団ア...
ガンダムSEED DESTINY第15話「戦場への帰還」 (Refuge)
ミネルバサイドの話になるとこんなに面白くなるんだね。旧キャラは程々にしてよね! アスラン、お帰り~!アスランが出てこないだけでこんなに淋しいとは思いませんでしたよ。 やっと話が動き出した感じ。って遅すぎじゃー! 作監さんは森下氏。なんか目のハイライトが変
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第15話 「戦場への帰還」感想 (ガンダムSEED DESTINY感想ブログ - T-station)
今週からT-stationでも1話ごとの感想(+ つっこみ)も開始です。それなのに!それなのに…。来週は総集編だなんてあんまりですよ。しばらくヤキモキするしかないですね。ヤキモキ。気を取り直して今週の感想です。ステラかわいいよステラ。
DESTINY:PHASE-15「戦場への帰還」 (一日一音。)
タイトル「戦場への帰還」の意味するところは、 やはりアスランの事なのでしょうか。 ……にしても、初っ端から何も知らずにオーブへ向かう アスランに萌え。 ミネルバの現状を知らなかったので当然の行動なのでしょうが、 やっぱりこういうところが憎めません。
DESTINY PHASE-15 (創之介録物帳)
え~全体を通しての大きな流れの中での一区切りとなるエピソードが今回の15話をもって終了したというところでしょうかねぇ(まあ、とりあえずの世界情勢の方向性が定まったワケですしね) さて今回は、開始早々、久方ぶりの登場となった”アスラン”でしたが、オーブ軍
SEED DESTINY PHASE-15「戦場への帰還」 (雑食日記。)
放送日より3日経過……_| ̄|○ 本気で今更感漂いますが、感想……か、書きました……(びくびく (なんで皆さん、当日とかに書けるんだろう…・゜・(ノД`)・゜・。) アウルとかアウルとかアウルとか、かなり萌えまくったんですが本気で書きだすと時間が危ういので(
デス種 PHASE-15 「戦場への帰還」 (虚辛会日報)
シンの袋の中身。 妹系グラビア雑誌と「全日本妹選手権」と「妹~あかね~」と爽(バニラ)。 あのCD宣伝雑誌を上にしてレジに出す。