サキさんの介護日記     (若年性認知症の妻との記憶)

若年性認知症の妻。今までの介護の記憶と、現在の様子を気分のままに書いていきます。

完食には程遠く

2019年09月08日 16時59分47秒 | 今日のサキさん
やっぱり、以前とは
口の開け方
が小さくなり
食べる量
が、減ってきた。
口に残るカス
だけが増え続けている。


水曜日のサキさん。私の時よりは、はるかにたくさん食べてくれていますが、完食には程遠いです。


昨日のサキさん。目を閉じたまま、お姉さんとの、押し問答? が続きます。この日も半分以上が残りました。

サキさんの食事がゼリー食になったのは、2度目の入院から。このブログを始めたのが。2度目の入院の時からなので、このブログとほぼ同じ期間、ゼリー食が続いています。週に2回の食事介助の時以外は、全てゼリー食なので、もうすっかりゼリー食での食べ方に慣れてしまったのでしょう。

帰り際、スタッフさんにお姉さんが様子を聞くと、スタッフさんたちの介助(もちろんゼリー食)の時にも、口の開け方が小さくなっていると感じられているそうでした。

サキさんの食事形態について、一度、お姉さんとも、そしてスタッフの皆さんにも相談し、サキさんにとっての良い方向を探っていきたいと思います。

でも、やっぱり、自分の歯があり、噛んで呑み込みが出来るうちは、普通食の感覚を忘れないように、歯ごたえを味わえるようにしてあげたいです。それ自体が。サキさんにとって苦痛になるまでは。

コメント   この記事についてブログを書く
« 私の介助は、断固拒否? | トップ | 衰えを受け止めて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日のサキさん」カテゴリの最新記事