東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

悪の権化“独占欲”

2019-01-31 22:24:12 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

最近読んでいる本は、NHK出版「宗教の時間 物語としての旧約聖書上」月本昭男さん著です。(ラジオ放送のもの)
▲God Ray

自分がこの旧約聖書を本当に理解しているかどうかはともかく、私が気になったのは、ヤコブの物語。(p142~)

ヤコブは、アブラハムの息子イサクから生まれた双子の片割れです。ヤコブは、とある井戸の傍らで、たまたま、母の兄にあたるラバンの娘ラケルに恋をしたようです。

ラケルに出会ったヤコブは、7年間、伯父ラバンに仕えました。7年間仕えればラケルとの結婚を約されたからです。ところがいざ結婚となるとラバンはラケルではなく、姉のレアをヤコブの寝所へ送り込みます。

彼らの間では、妹を姉より先に嫁がせることはないからです。ヤコブはさらに7年間義父に仕えます。ラケルと結婚する為です。

ヤコブの生涯は147年ですから、そのうちの14年間はラケルと結婚するために、辛抱の日々だったわけです。短いのでしょうか、長いのでしょうか。とにかくヤコブはラケルとその子らを他の異母兄弟より特に溺愛するわけです。

ラケルは、当初なかなか子が授からず、侍女ビルハを「妻として」ヤコブに与えます(そのような習慣があるため)。そこでまた侍女に子が授かるわけです。

特にラケルはヤコブから愛情を受けますけれど、ラケル自身はヤコブに対しどうだったのかなって。私が勝手に思うに彼女は、唯一無二の最愛の男性という意識よりはむしろ、当初は特にOne of them的な思いだったのでは、と。

つまりヤコブがラケルを思う愛情の方が、ラケルがヤコブを想うより勝っていたのではないかと思うのです。彼女は女性として、ヤコブを独占したいとかという本気度よりも、子孫を残し、親に報い社会的安寧を求めた生き方に重きを置き、

そういった意味で、ヤコブという人物をとらえざる得なかったのではないかと思うのです。そもそも愛が夫婦の一方が特に強くて(もう片方が普通でも)、結婚はもちろん成立するし、そこはポイントではありません。

気になるのは、愛故に悪の権化と化す独占欲とは、ラケルにとって、どういった意味(価値)を持っていったのかということです。そもそもあったのかなかったのか。結局彼女は息子ヨセフの弟のベンヤミンを授かった時に難産の為亡くなります。

明日可能な限り、下巻を読みます。以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

目指すは、質実剛健(⁉)

2019-01-26 09:25:15 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日に引き続き、こんなこと書いていいのか分かりませんけど、自分は富めるときも、そうでない時も、出費の面であまり変化の無い生活をしたいと思っていて。

で、今富めている時なのか、そうでないのか、ご判断は皆さまにお任せしますけど、出来るなら、食べるものも、購入する内容もそんなには変わらない生活感でいたいな、と。

なぜそのようにしたいかと言うと、変化を好まないからという理由で充分でしょうか。もちろん贅沢感を維持していきたいということでは全くなく、むしろ慎ましくありたいなということです。

私の内部の生活感の意味で特に今の金銭感覚を大事に、身体に刷り込ませるようにしたいし、今のところそういった心の決め事で事はだいたいスムーズに運んでいるので、これが一等いいのかなって感じで。

私の母も父も生活はすごく質素です。離婚をしているせいもあるし、限られた年金生活なので。それを見ているから、そのように思うのかもしれませんけど。

今思うと、労働局でお世話になりましたけど、華美なブランド品のバックやイヤリングをある時から持ち始めた私は、公務員という組織の中で、さぞかし鼻持ちならない奴として、認識されていたことだろうなぁと思います。しかも私は正に非常勤の分際だし。
▲目指すのは、質実剛健(?!)

でも、それはブランド品のバックを持ち歩くことをしなくすべきというわけではなくて、何事もTPOでいいのかなって。組織によっては、そういったものが、あまり良い評価を生まないこともあるとは私は思うので。

出産の時、都立病院に入院しましたけど、その時の食事の慎ましさ具合に本当に驚きました。食事療養費として一人にかける費用が決まっているからですけど、いやこれが一般的な献立なんだとショックを受けて。

入院している間、食事の献立のすべてをカメラにおさめました。それを自分の食事感のコアにしたいなぁと思って。出産後お祝い膳が出て、これが和のお祝い膳なんだって、そのごちそう感にすっごくうれしかったです。

あの喜びは生涯忘れられないです。ほくほくのお赤飯に手作り感の残るケーキとか。内容は大したことないかもですけど、自分には大したことあって、全部残さず食べて、この感動を再びと思って、子を再度授かって、その病院で流産みたいな。

とにかく、またくどくなるのでそろそろやめますけど、この想いを楔(くさび)として、いつも心に思い描いていきたいなと。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

写真「成功のイメージ」

2019-01-25 21:23:00 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

いつもお読み頂いている皆さま、本当にありがとうございます。

今日は、実は自分の過去に書いたものをしばらく読み返してみたんですけど、多数の人々が忙しく行き交う場所でパソコンを広げて読んでいたせいか、結構くどい言い回しが多いように感じられて。

もっとシンプルに完結にまとめる方がいいなぁって、自分への感想です。過去のブログもう一度いろいろ手直しすべきだなぁと。

今日は、実は暇をみて泳いできたんです。また少しずつ正月太りから減る方向へ戻りつつあるんですけど、腹の凹凸は、…(戻ってない)。

最近読んでいる本としては、「1日500円の小さな習慣(省略)」横山光昭さん著、幻冬舎出版です。本当に恥ずかしい話なんですけど、一日使うお金の量の少なさを毎日競うような。
▲写真名「成功のイメージ」

節約を心掛けて。なるべく出費を抑えて、効用をいかに高めるか、が日々の課題かな。なんせ自分の稼ぎが悪いんで、致し方無いんですけど、でも決して不幸ではなくて、むしろこういう時期も楽しんじゃおう的な(そうそう楽しんでもいられなかったりして…)。

使ったつもり貯金っていうのも、やってみたいな。でも、自分はお酒も飲まないし、煙草も吸わないし、ギャンブルもしないし、敢えて使うとしたら、洋服とかバックとか(それも今は止めてる)、アクセサリとか、かなぁ。

缶ジュースは結構飲むかな。あと、本も結構買うかな。ほとんど使わないんですよね。付き合いも悪いし(その分お金は減らない)、外食は結構週末週一ぐらいでするかな。でもそれもサイゼリヤとか牛丼屋とかで(子供が好きなもんで)。

夫婦での活動としては、お茶を一緒に外でしながら、お互いに向き合って黙って座って、黙々と仕事とか勉強とかしていて、それも小1~2時間100円コーヒーで済ましてる。

一人で外出するときは、独身時代とは対照的にランチも夕食も外食はしないで、ほぼ自宅で摂るようになったし(食べる時は安い蕎麦屋で蕎麦食べることを心掛け。ルチンを摂りたいんで)。

なるべくマイボトルで水筒持参で飲み物も買わないように努めてる。お菓子もチョコもほとんど食べないようにしているし。「ゼロカク」類もやめました。

そんな中で、心の平和が訪れる瞬間は、帰宅して取り込んだ洗濯物をたたんでいるときかなぁ。洗濯物をたたむのは始めは億劫だったのですけど、今はと~っても、好き。ボロボロのタオルとか、衣類をたたんでいると、

生活感の中での、家族の歴史感を感じて、ほのかにホッと幸せになります。そのお共に一昨年前、ニュージーランドで購入した安物の紅茶が、気持ちをいつも緩(ゆる)めてくれます。

その紅茶とは、マグカップにお水とティーバックをそのまま入れ、レンジでチンし温めたそれに、冷めた牛乳を入れるだけのもの(一応ミルクティー)。

そんな毎日なんですよ。私の日々は。あなた様の日々はどんなのでしょう。今でもすごく幸せだから、幸せのおすそ分けをしたくて、今までの私のブログの内容にも、そんな私の気持ちを汲んで下さったら、この上ない喜びです。

くどくなるのでこの辺にします。以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント

C・ゴーン氏への推薦図書

2019-01-22 18:24:00 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「日産のカルロス・ゴーン氏への推薦図書」と題して、書きたいと思います。

実は、私の高校時代の話なんですけど、留学から帰国し一時的に日本の高校に通学していた時のこと。

ある友人を介して、男性を紹介されたんです。その男性の取り巻きが言うには、ある自動車メーカーの外国人っぽい社員の彼を、将来有望、どう?という訳です。

当時の記憶だと、あまりにも年齢が離れている上に、男性的にくたびれた印象で、写真だったか、直接の本人だったか忘れましたが、

とにかくそれとなく断ったんですが、その後そのことでクラスの冷やかしの的になったので、なんとなく私は記憶に残っていて。

もちろん、それがゴーン氏とどんな関係があるかと言うと、特に関係性は無いです。ただ、仮にその彼がゴーン氏と仮定して、

そのお礼に本を勝手にご紹介しようかと思って。実は今まで私ナンパされた経験がほとんどなく、ナンパ好きのトルコ人の方々すら、

ドン引きの雰囲気をどうやら醸し出してしまうらしく。自分は内心は人によりますけど、本当はほんとに、うれしいんですけどね。(しかし、実感まで時間差があるけど)

その本とは、「心の治療における感情 科学から臨床実践へ(EMOTION IN THERAPY:From Science to Practice)」ステファン・G・ホフマン著(Stefan G.Hofmann)、
▲日本語では、監訳有光興紀さんのもの、北大路書房からの出版。


特に第7章「ポジティブ感情と幸福感」の箇所は必見です。狐に包まれた感じで、どうぞ皆さまもお手に取ってみてくださいませ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

決め手は「塩」味

2019-01-14 08:46:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日の「ひき肉とトマトのスープストック」について、朝食で食べたらまぁまぁ悪くなかったです。

油が相変わらず層の上澄みとして、浮いていましたけど、もしかしたら最後に投入した油をオリーブオイルすればまだ良かったのかも、です。

今朝の食べ方は、器にスープを入れ、昨日残った焼きっぱなしのトーストで器を蓋(フタ)するように被せ、電子レンジでチン!

食べる時、トーストをそれに浸して食べるのですが、トーストが油分をうまい具合に吸ってくれて、ややもすると堅いトーストが、しなやかだし、私としては悪くない感じ。
▲シンプル日本の和定食ー塩鮭はメイン!?

だから、どうせ油分を体に取り込むなら、サラダオイルよりもオリーブオイルの方が、いいじゃないですかぁ。

あらゆる産地で取れる塩、いわゆる塩ですね、その塩によっては、味って同じ料理でもやっぱり恐らく変わりますよねぇ?

実は、思いついたんですけど、私の旧姓が「塩田(“Shioda”it means salty field.)」なだけに、これからは長期的に関心持って“塩”の味にこだわってみようかな。

うまいことに「つくりおきスープ」の作者市瀬さんのレシピには、結構塩とコショーで食材の良さを引き立てるスープも豊富なんで。

なので、いろいろ作ってみて、作り方のパターンは一緒で、変えるのはあらゆる産地で取れる(日本に限らず)“塩”だけなんで、考える限り、シンプルなことですよね。その比較も想定内では簡単だし。

しかも、いつぞやのNHKの朝のニュースだったかな、“塩”だけしか扱っていないけど、世界のあらゆる塩を揃えた店があることを報じていたことが確かあって、と検索。東京ソラマチにもあるみたい。

今朝も、息子も娘も、この私の作ったスープは「いらない」の一蹴。朝から重めの食事だったけど、味も確認できたし、これから街にくりだすかぁ。去散步吧!(Let's go for a walk, Eh?)

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント (1)

失墜のスープ

2019-01-13 20:43:56 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、日曜日なので、夕食にまたまたスープを作ってみました。先日の「つくりおきスープ」市瀬悦子さん著、家の光協会出版の本から、48ページ。
▲スープ名「ひき肉とトマトのスープストック」を。

すっごくシンプルな材料で、味付けはやはり塩と胡椒。基本的にはトマトとひき肉のみで作るのですが、

お肉は実は、肉の安売りで購入した豚のひき肉で、およそ500gのひき肉を購入時のタッパーのまま、冷凍庫にぶっ込んでたんですね。

そのひき肉がレシピの分量より200gぐらい多かったので、急きょレシピには無いけれどトマト以外にトマトピューレの缶詰を足して、その分足すのを少し抑えた分量の水を加えたわけです。

そこまでは、まぁ悪くなかった(デス)。全てが煮立ってから、味見をすると肉臭さが漂う感じで、確かにレシピにはアクとりの指示ありますが(自分はしなかったので)、

しかし、豚肉を炒めるタイミングでニンニクを加えていれば、臭さは解消できたのに…と判断。慌ててすでにスープは出来ているのに、ニンニク風味を加えたくて、油で炒ったニンニクを油ごとスープに投入!

油ギタギタっちゅう、スープができました。さっぱり系を欲していた娘(胃腸炎らしい)は、ほとんど食べないし、息子もほぼ食べない。

食べて美味しがってくれたのは、脂が乗って働き盛りで、しかも腹部に脂ものっている、天かす大好きの主人だけ。

最後に主人のだけに、ネギの微塵切りをトッピングで乗せたんですけど(レシピの指示)、それがもしかしたら化学変化を起こしたのかもしれないけれど。

なんだか、レシピは良くても時々とんでもないものを作っちゃうんですよね。自然な判断で上手にいく時もあれば、人生いろいろ、女もいろいろなんです。

料理は、脳トレです。脳トレと思わないとモチベーションが上がらないんで。料理みたいにとてつもなくいい脳トレなんか、ないですよ(パズル類を否定するつもりは毛頭ありませんが)。

どうです?私のイメージ大分(?)崩れましたでしょう。私はある一部の意味では女性としては最低で、致し方無いんです。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

「スープ」をものに。

2019-01-06 17:21:46 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、日曜日ということもあり、お料理をしました。今日ランチに作ったのは「豚肉とキャベツのポテ」です。

たまたま本屋さんで見つけたスープの特化した料理本「つくりおきスープ」市瀬悦子さん、家の光協会出版のものからの一品。
▲このレシピは、91ページ♡

今年、いやこの半年ぐらいの目標として、「スープ」を作りまくりたいと思っています。「スープ」をものにしたい。

因みにこの「豚肉とキャベツのポテ」は、とっても家族に好評で、娘は5杯もおかわりしました。

工夫をした点は、圧力鍋を使うこと、豚肩ロースブロック肉が若干古かったので、炒める時にニンニクを加えたこと、そして、子供の口サイズに素材をちょうどいい大きさにしたこと、それから、味付けに比較的良いお塩を使ったこと。

圧力鍋は実は、8~9年前にイオンで購入してあったのですが、お蔵行であったものをとり出してきて、恐る恐る使ってみたら、ホントトータルで35分くらいで出来ちゃいました。

圧力鍋サイコーですね。本当簡単にできちゃう。あと欲しいと思ったのは、自分にあったピーラーが欲しいな。今あるピーラーで中指の爪の先端をやや深くそぎ落としてしまうアクシデントが。

うちの明治生まれの祖母は、本当に包丁さばきが上手だったです。柿の皮やリンゴの皮を本当に薄く薄く剥く(むく)のが上手で、「なんでそんなに薄く剥くの?」と聞くと「(そうでないと)食べるところが、無くなっちまう‼(東北弁?)」と。

昔の方って、食べられない時代に生きていた方々だから、本当にもったいない意識や、エコだったり。なんか、ありがたいですよね。

そんな教えをこうておいて、私はやはり皮むきは、ピーラーの厚切り。(果)肉も含めてそぎ落とすことに、抵抗は無いかと問われれば、確かに祖母の教えに逆行しているようで、事実罪悪感は無いと言えば嘘に。

ただ、それやってると、自分、料理嫌いになっちゃうんで。それよか手早く、形よく、簡単に。が目指すところですね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

社労士の心構えとは?

2019-01-05 07:10:17 | 社会保険法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

年末、たまたまカフェで隣に居合わせた4人組の男性グループ、よくよく聞き耳立ててみると、年齢がほぼ私と被る世代の方達。

話を聞いていると、こんなことを話していました。

一人が「自営業の場合、会社や個人(を交通費かけて)訪問して、受注できないって、絶対あり得ないし」的な。他の三人が「いや、そりゃ普通の会社じゃよくある話で、(受注できなくても)普通(の出来事)だよ」って。

そしたら、先の彼が「雇われていたら、それはありかもだけど、(自営業では)絶対無理」。

昨年後半、私年金相談の同行を一件承りました。時間をかけて年金事務所を訪問して、年金相談は初めてではないのですが、受注自体は見送りでした。
▲年金相談の諸々、弊社も承ってま~す!

それでも、負け犬の遠吠えと聞こえなくも無いかもしれませんが、私は自営業でありながらこのような時、こんなことを考えます。

もちろん、その時は最善を尽くします。私が今できるご相談ご当人にとって一番良いであろうご助言を致します。それが若干受注から逸れる言葉がけであっても。無理強いや鎌をかけることはしません。

そして、そのことがこんな時は唯一「社会保険労務士」という良い評価に結び付いてくれればいいかなと。

かけたコストは、交通費。それだって、友人とのお茶代ぐらいです。ボランティアでお茶して、有益な情報も中にはあって、お役にも立てて、社労士のイメージ貢献にも繋がっているとしたら…。もちろん、勘所は常に考えつつも。

でも、これって、私がサラリーマンの妻だから、言えることかもしれません。でも、苦しい時救われるのは、やはりnotionだと思うんです(既成概念と対峙して)。どこの言葉やnotionに心のやり場を持っていけるか。

社労士によっては、年金といっても障害年金請求等を専門に特化しておられる方もいるし、私とは違う形でお役に立てる方もあって、いろんな社労士がそれぞれに、ご当人様に一番いい方法で、貢献できるのが一番いいかなと僭越ながら思います。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「社労士の心構え」に関する記事一覧

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント

2019年始ご挨拶

2019-01-04 22:33:39 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

皆さま、あけましておめでとうございます。2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年始にかけて、年末所感と年頭所感、そして日記を書きました。実は年頭所感も日記も一年ぶりなのです。昨年そっくり一年間が空いてしまいました。その分ブログに精を出したつもりだったのですが…。

2019は、仕事の面では七転八起でいくつもりです。相変わらず福祉関係の大学は、もう一年休学するつもりです。もう少し子供の行事に時間をかけたいので。

そうそう、夫婦間のことを言えば、一般的な夫婦は3~5年で結婚前のような愛情はほぼ消え失せるそうです。医学上(?)の統計データによるようで。確かに夫婦2~3年目で、写真を撮る時に、夫だけしか写らない変化の無さに、

めまいがしそうな感じが漂ったのが、その頃だったかもしれません。やはり共通の目的や例えば育児とかが、そんな時にはあるといいということで、逆に主人には思わず納得されてる感もあったりもしたりして。

とにかく、食事の面では、肉、卵、牛乳、油、魚、大豆、緑黄色野菜、芋、果物、海草(‼)が大事かな。運動の面では、一に水泳、二にジョギング、三に可能な限りバレエ、そして剣道(早素振り!目標週2回20回二セット)。

出来るなら20代前半の体重目指して。ヨーグルトにえごま油を約小さじ一杯入れ始めてから、洋ナシ型の腹のふくらみ具合が引っ込み、その時間差で狸のような腹全体的な膨らみが。そう実は2キロも太ったんですよ、正月で。

恐らく、大丈夫でしょう。このまま出っぱりが引っ込めば、20代の時の元のさやに納まるんで。楽しみだぁ。

お正月休みは、本を読んでました。3日にお参りに行って。こんなお言葉を頂戴して。主人が言うにはいつも猪突猛進過ぎて、適格なお言葉だと申してまして。

▲「加減良く」かぁ。悩める時は、おみくじをどうぞ(!?)


昨年の年末、実は悩めることあってお参りした時、迷いを晴らす神様のお言葉が欲しくておみくじを引いたんですね。そしたらなんと大吉が出て、本当に驚いて。

社労士試験2014が合格後初おみくじを、方々の神社でひいたら、尽く(ことごとく)凶。天狗になってはいけないとの戒めか。そしたら、今回その大吉の意味は何なんだろうか。う~ん、悩める。

結論、気休めだろ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント