東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

今日のニュース 2018/11/23

2018-11-23 12:25:37 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

休日の今日は、こんなに天気がいいのに、気分は良くありません。祝日なのに朝からテレビの報道で悩ましいものばかり。

ドルチェ&ガッバーナ、JALオーバーブッキング、そして米大統領のファーウェイ使用批判?、等々。
▲今日の報道については、テレビからのものですけど…、念のため。

ドルチェ&ガッバーナのステファノ・ガッバーナ氏?の中国の方への失礼な物言いについてなのですが、

NZで教わったことの一つに、相手の物言いや態度などに、逆にこちらがその相手に親切に(返せない)できないような時(怒りを覚える時)には、“Just ignore him(it)”と。

Ignoreとは「無視」という意味ですが、無視しているうちに、自然に任せるだけで相手はいかに愚かな過ちをしたか、知る羽目になることも。もちろん時間差を要しますが。

自分はそれでも中国好きですが、ガッバーナ氏にもつい同情的です。NZでも中国の方への似たような評価も見聞きしました。小4の頃、自分も彼と似たような物言い方だったからこそ、周囲から疎まれていたんだろうかなぁとも。

公人やブランドの看板的存在の方だからこそ、一つの言葉でも際立ってしまうことも確かで、凡人の45歳の私ですら聖人君子ではもちろんないので、様々なことで毒づくこともありあり(🐜🐜)で、

けれど、JALオーバーブッキングのニュースでは、自分が乗客だったら怒りは頂点でも、表立って航空会社に批判的なコメントを言うことは差し控えたいかなぁ。士業として。

なぜなら、自分はどんな時にも、例えば今回のJALのような批判を受けてもおかしくない、脆さや弱さ、おっちょこちょい加減を常に内に秘め持ち合わせている自分全般(私的にも、自職能力のキャパシティの面でも)だし、

どの士業のどなたでも、例えばJALから仕事が来ないとも限らないじゃないですか(!?)。弊社は尤(もっと)も(埃を)叩けば埃がでることも在りありということも在り(🐜アリッ)?。

自分はもちろん今に至っては常に公明正大でいるつもりですが、NZでよく言われました、“Nobody is perfect”と。

あることを毒づいたことで今日最近ですら、恐らくそれを知っているであろうかもの、息子のとあるご近所さんにどう対応しようかと。ホント、自分を呪いたい、と思うことも。

そうは言っても、国民性の抗議表明として他国の国旗に火をつけてみたり、今回ガッバーナ氏のであれば作った様々な工程の労働者の心が入るモノ(商品)に、怒りをぶつけ(表現す)るのは、

なんだかすごくそれを作った様々な国のすべての労働者が報われない気がして、テレビで見ていて、それは実はとても悲しいことですよね。そう思いませんか?

米大統領の、米国の知的財産の中国への流出についての危惧なのですが、

それを防ぐことは最も大事でしょうが、もし防げないとしたら、双方共により高め合う、そしてさらにより良い製品づくりの場で競い合うという方向へ、つなげるべきなのではないかと。

技術が流出した結果、さらに素晴らしい製品や作品が生まれたら、それこそ人類の発展の進歩と言えるのではないかと思えませんでしょうか。それが例え自国の成果でなくとも、さらにその上を目指せるのでは、と。

一国の突出した発展だけではなく、グローバルに助けられるものは助け、競い合うことで助けることに繋がるのであれば競い合うのもよし、それぞれができることでの貢献で、多くの国の方々がその発展形の中で

それによって住みよい毎日が保障され、日常の些細な幸福感の連なりが個々の自分を満たすようであれば、それ以上の何を望むべきなのでしょうか。

どんな国の国民でも、例え海亀でも、他国で受けたご恩は決して忘れることはできないはず、と思いマス。もし自分が海亀だったら、自らを否定したくない為に、他国で受けた財産的恩恵をも否定しないはず。もっと長い目で捉えてみては、如何かと。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

長寿を目指して~歯の健康編2~

2018-11-18 14:35:59 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「長寿を目指して~歯の健康編2~」と称して、歯の健康についてのその後を書きたいと思います。

実は、予防歯科に通いおよそ2年前後経った今日、私の事業収入が乏しい為、予防歯科を断念せざる得なくなりました。何しろ健康保険が利きませんから。

そして、Y先生の下へ戻ったのです。そうです、予防歯科に通う前13年間もお世話になったY先生の下へ。詳しくは、「長寿を目指して~歯の健康編~」へ。

初めて、Y先生の個人の歯科クリニックに足を運んだのが、先週の金曜日。今までY先生は、総合病院の歯科の一角で診て頂いており恐らく今は、本業のクリニックに一本化にされているのでしょうか。

予約時間に伺ってみると、小さなエントランスには、2階の天井まで続く大きく吹き抜けた窓から陽が燦燦と入り、その下受付には、大輪のユリの花が大きく一輪それを囲う生花の花束が花瓶に生けられ、
▲冬の気配の足音を、キリギリス気分の私は耳を澄まして聞き耳立てて(誰か俳句にして!)

お手洗いもモスグリーンで統一されたどこか懐かしいようなトイレで、そこにはY先生らしいこじんまりした、地域の人に親しまれている町医者の姿を垣間見れる、そんな気配がありました。

診察室に通されて、先生と言葉を交わしても、どこか言葉少なで、まるで13年連れ添った元夫に、舞い戻った元妻のようなそんな錯覚を起こしそうな、そんな間を感じつつ、気の利いた言葉も出ません。

確かに新進気鋭の若い歯科医が揃う予防歯科では、手もしなやかな若い女性の歯科衛生士が歯垢を取り除いてくれますが、50代半ば?の男性のY先生のクリニックでは、役割もコンセプトももちろん違います。

それでも、よくやってくださって。「次回も、絶対来て…、」と先生が診察の最後に空元気のように問いかけ急にトーンが下がり、その言葉の先に迷いやためらいを感じ、「はい!」と元気よく応えるのが、精一杯の私です。

昨晩分の歯ブラシ習慣は、今朝4時前後に。昨晩食べた餃子臭さに目が覚めた2時から、ずぼらにもその時間まで自分のブログを読んでいて、これじゃ益々歯茎が痩せちゃうと自覚はありつつも、

ブログ内に綴った過去の思い出の中にどこか今も生きている自分に浸かって、時間を過ごしてしまう愚かさに、どうか天罰が降(くだ)らないように、皆さま一緒に祈ってもらえませんか。お願いします。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

健康診断2018

2018-11-16 16:56:46 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日も、一週間お疲れ様でございます。実は昨日健康診断に行ったんです。

最初の受付で名前を名乗るんですけど、その健診センターはたまたま多くの座席の位置が、その受付を背面にして座る構成で、30席ぐらいありました。結構な若い男性が多く座っていて、18人前後いたでしょうか。

そこで、「●木です。」と私が名乗ったところ、小声だったのか受付の女性がまた面白い方で、いぶかし気に「剛力さまですか?」と逆質問があったわけです。いくらダテ眼鏡をかけ、同じ「き」でも、

(「へっ?」と、剣道の一本入る出小手を不意に打たれたかのような、恐らく下手くそが感じる最初の不思議な感覚を味わいつつも)、慌てて「頼木ですけど」と名乗ったのですが、なんだか後から可笑しくなっちゃって。
▲皆さま、健康診断大事ですよ💓

仮に静まり返ったその室内で「そうです」と答えていたら、そこにおられた18名中いったい何人の方が、振返ってお顔拝見!としたのだろうか、と思うと不思議に面白可笑(おもしろおか)しくなっちゃって。

でもでも、そもそも名乗った時点で、本当はきちがいの「き」印で頭のおかしい人が「剛力(彩芽さん日本のアイドル)です」と名乗ったのかなと、思われて(尋ね)たのかなと逆に内心心配になったりもして。

思わず自分の身支度は、どんなだったかなと考えこんじゃったり。(今振り返っても)決して逸脱した服装ではなかったかと。

その健診センターでは、雰囲気がすごく良くて、院長先生からして、ははぁ、なるほど恐らくこの方がこれら受付や職員の方を雇ったんだなと思われるような、人選のスタッフの方々が多くて。

例えば胃の検査では、その職員の方のバリウムの飲ませ方が本当にお上手で、炭酸の発泡剤?もジュースもとっても美味しくって。アッと言う間に終わってしまいました。よくよく聞くとやはり薬剤の飲ませ方の上手下手が腕の見せ所なんですって。

因みに午前中は、取引先の社長から、「午後から健診なんですよ」と伝えたところ、700ml(大容量!)の商売の商品の一つであるペットボトルの水を賜り、おかげで本当に今日はカイチョーで大助かりでした。ありがとうございます!

健診センターでは、食事券1,000円分まで頂戴し、それは主人のお土産にしましたぁ!主人はこういう紙で集めるちまちましたお得感が、大好きで(財布から溢れるように持っていて、私もその恩恵に預かったり)。本当に苦労をかけております。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

すべての方の幸福を求めて2

2018-11-07 18:11:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、先日掲載した「すべての方の幸福を求めて(https://blog.goo.ne.jp/528907/e/579c339db8cc9d9f2c9fc8337547cb8a)」と題して、エスカレーターの乗り方について書きましたが、それについて直近のこの話題の考察を書きたいと思います。

本日夕方NHK「ニュースシブ5時」を見ていたところ、エスカレーターの乗り方についての放送がありました。
▲エスカレーター、みなで乗ろうよ、事故もなく。

①そもそもエスカレーターの製造元の推奨自体が、エスカレーターとはすべての人が立ち止まって乗るものとして、企画製造されそして今もってそれを推奨したるものであること。

②実際運用されて、直近平成25年~26年調査でのエスカレーターの事故件数(全国?都内?)は、約1500件に近い数字が記録として残り、

かつうち乗り方不良の理由による(例えば、接触とか)ものが882件の大半を占め、(非日常の災害事故を問う以前に)日常での実際差し迫った誰でも起こり得る事故が起きていること。

そして、何より高齢者、障がい者の方々を始め安全を脅かす不便不自由さを語る心配事の一つになっていること。

③実際すべての人が両側立ち止まりの場合と、片側は歩行で(もう片側は立ち止まり)の場合との、人がはける時間速度を計測したところ、

両側立ち止まりの方が、なんと46秒はけるのが早い(エスカレーターの速度は一般的な基準の速度で、かつ長さ30mのエスカレーターを双方測定し確か7分近くの走行時間になる、その差が以上の)結果になっていること。

つまり、エスカレーター片側歩行者が一人でも出ることによって、運用(運行)速度が全体として遅くなる(失速する)構造の結果が出ているという事実。

ということで、将棋(ドミノ)倒しを心配する人は、そもそも階段を使いましょうよ、と(これ私の意見)。

皆が皆に優しい社会であるといいですよね。ちょうど皆が皆実際アクションを起こせるタイミングは、ズバリ「今でしょっ!」。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

アンチ現代

2018-11-05 22:38:10 | 掃除
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「アンチ現代」について、書きたいと思います。

その前に、今一番やりたいこと。それは①労基法のコンメンタールの読み②中国語のNHKテキストレベルアップ中国語の音読③実践ビジネス英語の音読(これもNHK出版)。

これだけ。TOEICの問題集とか、今までは資格に当てはめて、そこからと考えていましたが、それももう要らないと思って。

人に見せる形に残らない方が、むしろ都合がいいやと。今のままで、勝負する。

「アンチ現代」として、まず皆さまお尋ねしますが、洗濯はご自分でされます?うちの洗濯機はとても古くて主人の独身時代に他から譲って頂いたものをいまだ私が使っているんですね。

それもあるし、私の母は母で、ワイシャツなどは必ず汚れ部分を手洗いしてから、洗濯機で洗う流れでやれ、といまだにうるさく言うんです。
▲今日の私のBGMは、「ネバーエンディングストーリー」、「スタンドバイミー」、そして「戦場のメリークリスマス」です。


下着も一日単位で手洗いしてきちっと毎日干して、あなたの曾お祖母さん(三度結婚、うち二回略奪婚の、そうあの方です)もきちっとそうして、その後彼女は、朝陽にパチッパチッと柏を打って願掛けて、と。

私は洗濯板を使っているんですが、今は優れた洗濯板が売っていて(結構お高いんですけど)、下着なんか最たるもので(私の場合最終的に下着を充分溜め込んで、今日数えたらアンダーがトータル21枚‼(#^.^#))、

贅沢に牛乳石鹸を使って、石鹸を生地に付けてから、洗濯板に2~3回ゴシゴシと生地を擦(す)りつけこする、それからポイッポイッと流れ作業的に泡が付いたままネットに入れて、ガーッと洗濯機で回すと。

すっかりきれいになります。主人と子供らのは、自主性に任せただ洗濯機の中にポイッと突っ込むだけ(言うまでもなく、洗濯板は使わず)。Easy Peasy とは、言えない家事すべて。

皆さま、お時間です。やりたい気持ちの機が熟するのはもうすぐかな。勉強、楽しいなぁ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント

ラブスクープ💛

2018-11-02 23:58:58 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の大学時代のラブスクープ(?)について、書きたいと思います。
このところ、アメリカの中間選挙(!?)で世の中が慌ただしい中(私は関心があるので)、こんなことは本当どうでもいいんですけど、一応義理堅く書くことにします。

実は、大学時代、つきあっていた人がいました。やはり国際法研究会の(先のMさんとは違う)他大学のKさん(男性)。

彼の大学と私の大学の合同活動の機会もあった関係で、彼と出会い、ボランティアでのいつまでたっても片想いという絶望的な気持ちも次第に薄れ、

いつしか親しくなりお付き合いする流れになりました。よく池袋のサンシャインシティでデートを重ねて。1年前後続いたでしょうか?
▲ハロウィン、季節感をどうぞ

しかし、その安定も続かず、その崩壊は、脆(もろ)くも私の内面の変化から起こりました。母子家庭で育つ私は、母が以前からしばしば仕事の変更を余儀なくされていて、その度に心の安定感を外に求めていました。

その頃母が就いた仕事も二つの仕事を掛け持ちの、一つは大手企業が運営している料亭の調理の仕事というもので(調理師免許をもっていて)。

一方家では、そこでの残飯を母が持ち帰り、私はそれを食べ、他方では晴れやかな表舞台に立つ有名どころの大学に通う彼氏を持ち、その狭間のギャップ感にとても苦しみました。

そして、徐々にメンタルの不調と共に、私が別れを切り出し、当時私のモテ期も重なってその彼よりも相応しい方に出会えるとの思い込みも勝り、

妄想等のメンタル疾患と共に、持病への道をたどったわけです。今から思うと、彼とおつあいを始めるその以前から、メンタルの不調は現れていたように思います。

持病は青年期に多く発症する疾患で、不治の病と言われる当時から絶望的な病気でした。家族以外の誰にも言えず、差別の恐れから、家族からも口止めされて。

暗い話だなぁ。もう、や~めたっ!もちろん、そのKさんも今では素敵な方と結婚されて。本当に良かったです。彼に関して、何も思い残すことはありません。心から幸せを祈るだけです!

これで、ラブスクープは終わりです。私のなんかより、皆さまのものをお聞かせくださいよ。Heaps better than mine !!!

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

徴用工での日韓関係

2018-11-02 02:53:01 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、徴用工で話題の日韓関係について、思うところを書きたいと思います。

昨年、ニュージーランドに帰還(!)した時、北島から南島に渡り、そこでNZに帰化した韓国人のドライバーと、クライストチャーチまで、

時間を共にしたことがあったのですが、その時私は彼にこう言ったんです。日本は、多額の補償金を韓国政府に渡している、なのになぜ未だにそのように言うのか、と。

彼はこう言いました。自分たちの欲しいものは、心だと。ドイツはナチス台頭の反省から、迫害を受けたユダヤ人一人一人にクリスマス(?)カードを首相から(?)毎年欠かさず贈っていると聞く、日本からは、心が感じられない、と。

慰安婦問題にしろ、徴用工にしろ、自らが志願した方ももしかしたらおられるかもしれませんが、時代背景がそのようにさせたのかもしれないし、

草の根活動の真心に寄り添うご対応が、今後も求められているのではないでしょうか。
▲突破口とは。

カードには、必ず、個別補償はできかねるが、哀悼と大事に想っている気持ち、そしてそれに寄り添う隣国日本の未来の日韓の関係性へ繋ぐ、友情溢れる親しみがこもった内容であるべきです。

最後に、北朝鮮という国は、小国でありながら、威風堂々と大国に負けない気概に満ち溢れ、誇り貴を目指す国だと思います。それは日本も同じだからこそ、時には各個別の心に寄り添う外交というもの、求められてきているのではないかと感じて止みません。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「日韓」に関する記事一覧

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

秋空

2018-11-02 01:05:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、昔の心の恋人のことについて、書きたいと思います。
実は、大学時代、国際法研究会に加入して、初めての模擬裁判の国内大会で、(日本全国の大学の同じサークルの学生が会した大会だったのですが、)

そこで、初めて他大学のMさん(男性)にお目にかかりました。初めてのデートのような機会もあり、はつらつとした素敵な方という印象でした。

その時、実は他にボランティアを通じた好きな方が(片想いでしたが)その時はたまたまいて、Mさんだからこそ都合の良い嘘をつきたくなくて(その気持ちは、今でも)、好きな人がいると伝えた結果

いろんなことが、うやむやのまま、長らく時は過ぎ、その後も計3回前後、今の主人と結婚に行きつく前まで、二人きりでお会いしたでしょうか。
▲秋空

最後にお会いしたのが、確か私が20代半ばの頃、お別れしたあの新宿駅の改札前が、結局最後で、会っても特に何がこうあったということもなく終わったのですが、

ちょうど、自分が病気をして病み上がりの当時、今思うといったいそんな自分に何ができただろうかと思うのです。(何もできなかったかと)

病気のこともすべての方にひた隠し、無責任な行動は絶対取れなかったです。心も不安定だったし、何より彼は私をとても怒らせ、顔にこそ出さないものの、

その言葉への復讐心で燃え盛った自分の心を私はどうしても抑えきれませんでした。その結果、今があって。

今も、怒りはあるのかもしれません。あれから月日が経ち、自分は家庭を持ち、子供も生まれ、どうしていらっしゃるかと思うことがあります。

元気にしてくれていたらといいと思っています。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント