東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

ブブ漬けでも?

2018-08-30 01:02:00 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

こんな夜分遅く書くのは、なんだか寝付けなくて。というのも、ついうつらうつら考えちゃうんです。

子供達が保育園生の時、園長先生にこんなことを言われました。うちの子供たちを叱る時に、「もう、お外に行ってらっしゃい!!」と戒める為に伝えると、お宅のお子さん達は本当に外に出て行って遊び去ってしまう、と。
▲私も実は子供たちには、伸び伸び育てたかったこともありましたし、

海外の人とのやり取りを意識して育てていたので、いわゆる「ブブ漬けでも、どうどす?」的な要素は、

敢えて、意識させずに育てておりました。そこで園長先生のお言葉で、いいきっかけだと思って、日本語で言う裏の意味のニュアンスをそれ以降取り入れてきました。

卒園式の日、風邪で高熱を出し出席できずにおりました息子に、別日に園長先生に卒園証書を直に頂戴し、その様子を写真にも収めました。ところが、いまだになぜそのようになさったのか理解に苦しむのですが、

お風邪を召されていたのか、証書を授与して頂いても、息子とツーショットで写真に収めさせて頂いても、始終一貫してマスクを外そうとはなされませんでした。

これは私の想像ですが、『末恐ろしい(凶悪犯になるとか、)この子と、一緒に写ったんじゃ、たまったものではない!』的な恐怖心から、マスクをされたままだったのか、

それとも、なんだろう。一瞬たりともマスクを外せない理由って、なんでしょう。息子にとっては、記念すべき晴れ舞台である日であるべき日において。

いわゆる「保育園落ちた日本死ね」的なムードの中、私の障害理由で保育園に通った私の子供たちですが、その理由をオープンにしない私に当然の他のお母さま方の多くの風当りは強く、

私を胡散臭い(うさんくさい)と察知したのか、保育園内で親しくなった方は、5年間私自身はほとんど皆無。ママ友と呼べて子供と連れ立ってどこかへ行く、なんて誘われることも記憶にはほぼありません。

おかげで、勉強がはかどり、社労士試験には受かったんですけどね。ただ、いまだに子供たちが、いろいろ制約を感じていたらいやだなって思うだけなんですけど。

そろそろ眠らないと。以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

(注)上記の写真は、無料写真素材からの引用です。実際関係した方が含まれた写真ではありませんので、ご安心ください。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら







コメント

自衛隊の在り方とは

2018-08-26 00:51:01 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

前回のブログで、自衛隊もやり方次第で集まる的なことを綴りまして、誤解が生じていたらごめんなさい。

世の中がどうあると自衛隊に人が集まるのか、という問に対し、私の答えが今日の今となってしまったことに、ハラハラさせてしまった方がおられるかもしれません。

私(の病からの復帰寛解に至るまで)は、そもそもある医師の方々に救って頂いた命です。その方々に報いる為だけに言うわけではありませんが、

自衛隊は、自衛隊として今後人道救済の為の存在意義に多くの人は、惹きつけられることは確かだと思います。ただ、それは国政の為とか、天皇の為とか、そして国家の為とかということではなく、

あくまでも、戦う相手は、対国家同士というよりは、むしろ国境を越えたり、国内での人の慈しみ合いの中での救済というものにしか、社会が成熟してくると自らの危険性を担保に、多くの人は逆にそれ以外には意義を見出せなくなるのではないかと思います。

海外では、どうか分かりませんが、NZではアーミー(軍)という言葉へ、一種の崇高な威厳性や畏敬の念を人々の心の中に読み取ることができて(1994年前後当時)、その影響を強く受けた私は日本で防衛大を希望したように思っています。

NZと日本では、兵役に対する歴史認識や歴史観も、そして史実も大きく異なる関係で、実際日本で兵役についていたら、恐らくそのギャップに苦しんだ自分であったかもしれないと、今となっては特にその思いが強いです。
▲私が伝えたいのは、自衛隊がひき立つ舞台というのは今後、専ら戦禍というよりはむしろ災害下や、人道救済下の目的の為の、表裏一体の舞台であって、


そんな中で国民間でも海外の方々からも、日本の「自衛隊」に対し、あたかも「医者」に対するような、崇高な威厳性や畏敬の念を抱いてもらえるような、

そしてそれを維持させることこそが、今後の未来型の、政府(?)政治(?)の努めだと私は感じています。

すみません。恐らくがっかりされた方もおられるかもしれませんが、これらにふさわしい世の中を作ることこそが、今後を生きる私たちの定めと考えます。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

自衛隊

2018-08-22 20:38:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、ニューオータニで20日に行われたある異業種交流会に出席して、あることを小耳にはさみました。今は自衛官を募集しても、応募する方はとても少なくて、定員を下回った人数で運営しているのが実情だと。

確かに困ったことですが、この際どこの国でも同じような状況がおきて、いっそこれらの必要性さえこの世から消え失せる日がきたら、と。

とは言っても、実はこの私、大学受験で防衛大学校を受験しました。体力にも自信があったし、なんせ祖父の影響で警察官(この試験も結果は落選)とか、そういった類のことに忠誠心を強く感じてた年ごろ(今も?)でした。

足りなかったのは、もちろん学力。(笑)。防衛大学にも学校見学に行きましたし、私の従兄(いとこ)が当時開成に行っていた関係で、従兄と同じような風情(ふぜい)の男子学生が帽子をかぶって構内を闊歩(かっぽ)していて。

祈念に売店で印鑑(旧姓塩田のもの)を購入し、本当に記念品になってしまった次第です。
▲私が当時防衛大学を受験した年というのが、初めて女子学生の受験が許された年度でした。

受験日も私の受けた会場では、確か女子学生の受験生は、私を含め二人という少なさでしたが、そのもう一人の女子学生の方についても、エピソードがあって、

一卓の机を二人で共有して試験を受けていたのですが、私の消しゴムのケシケシという作業で大きく机を揺さぶってしまったところ、彼女が思いっきり、バンッ!って机をそのタイミングで平手打ちしたんですね。

流石(さすが)防衛大学を受験する女子だけあるなぁ、と感心したことを覚えています。帰りには、二人で仲良く電車で方向が一緒だったので帰ったんですけどね。

しかし、結局今振り返ってみると、まさに塞翁が馬(さいおうがうま)って感じで。ある大病を機に身体が弱くなって、身体を張って国に忠誠を尽くすなんてことは、夢のまた夢になってしまいました。

ただ、やり方次第で自衛官も集まると思いますけどね。しかし、それにはもっと世の中が変わっていかないと難しいと思います。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

何気ない親切

2018-08-15 21:21:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日午前中品川で仕事をし、午後から東京国際フォーラムで行われた「丸の内キッズジャンボリー2018」に子供たちを参加させた後の18時頃、小2の息子を10分カット「QB HOUSE 新橋店」へ連れて行きました。

「QB HOUSE」さんは、毎度息子のヘアカットをして頂いていて、新橋店は初めて伺う店舗です。

実は、私の母も「QB HOUSE」さんでカットして頂いていて、先日カットして頂いた時には、偶然樹木希林さんのような素敵な髪型にして頂いて、1000円前後でありつつ、家族共々ほぼ毎度大満足しております。

実は、「QB HOUSE 豊洲店」で仕込まれている私は、そもそもカットする方のみしか、待合席に着席すべきでないと教わっていて、何も知らん顔して息子だけカットするために、娘と私との3人も席の幅を占めると、

新橋店の待ち席の約半分を占める上に、外から空き具合を覗き見る見込み客が去っていくのが明らかでしたので、始めから息子だけは座らせ、娘を立たせられる時は立たせ、私は店の外で立って順番を待つことに。

それによって、観察していると外観から、空き状況を確認してから、店に入った客が確か3~4人は居たでしょうか。私が店の外で立つことによって、約4000円前後の売り上げに貢献できた(?)わけです。

外に立ち尽くし45分前後以上過ぎたでしょうか。その間せめて娘だけは座るように(娘は髪は切らない)促してくれた年配の客の男性がいて、私が外で待っている間、その方が子供たちに何かと世話を焼いて下さったり。

私事でも、暗闇にただ立ち尽くしているわけですから、一日の終わりでヒールを履いている足は実はズキズキ痛むし、よって足先を靴を一瞬脱ぎポイントトウ(?)にしたり、フレックスにしたり、音楽をイヤホンで聞いたりして。

同じように道に立尽くしているのも、飲み屋の客引きの男の子と、横断歩道の信号待ちのサラリーマンの群れのみで、皆さん同じようにお疲れでしょうが、私も、店内で座る訳にも参らず。
▲結局息子の髪は、ハンサムに仕上げて頂いて(翌日の今日、さらに形カッコよくなって)

店員さんにお礼と先ほどの世話を焼いて下さった年配の男性にお礼を告げ、店を後にしました。

ほとほと疲れましたが、その後用あって訪れた新橋のヤマダ電機さん(国内家電量販店業界内での賃金水準は、年収ベースで第13位でー平均年収392万円!)ですが大変ご親切にして頂いて(平均年収の割には、サービスはピカ一かな。社員のやる気をすべて報酬でコントロールしているわけではなさそうですよ)

店舗内のソフトバンクさんには、夜分の為客引きのガチャガチャをさせて頂けないとがっかりした息子に、家族分のジュース缶を無料で頂戴したり。

何気ないご親切が本当に有難く身に染みた、うれしい一日でございました。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

洗濯物

2018-08-10 21:30:05 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

皆さまは、一日のルーチンの中で、一番好きな時間帯はいつですか?

私の一番好きな時間帯は、夕方早めにお買い物をして帰宅し、夕飯までに少し間があり、洗濯物をこんで、その洗濯物をたたんでいる時間帯が最近は特にお気に入りです。

夕方の時間帯で、暑かった太陽が少しづつ沈み、開け放たれた窓からは、風が勢い良く入ってきていて、テレビはあちこちチャンネルを変えてみては、やはり某テレビ局に落ち着くかなぁ。

そんなふうに風に吹かれながら、そう言えば、私の祖母はそれはそれは洗濯物をたたむのがものすごく上手で、衣類に語りかけるようにたたんでいたことを思い出しつつ、洗濯物をたたむのです。

以前は、「洗濯物をたたむ」という行為は、「無」以外何ものでもないと思っていた時期もあり、億劫がっていたのですが、最近はたたんでいると、祖母を近く感じられるような気がしてなりません。

祖母の母という人は(私の曾おばあさんですが)、三度結婚を経験した人なのです。あの男尊女卑の激しいあの時代(明治?)にです。とっても自由奔放のモテモテの方だったらしく確か、お針子(?)の先生をしていたらしいです。

祖母は他の兄弟と、半分しか血がつながっていない末っ子で、私の父母が離婚して母方祖父母宅に身を寄せることになった時の、早々の祖母の誇り高い姿といいますか、ツンッととりすましたそっけなさが今でも忘れられません(小学3年の頃です)。

因みに、近い親戚に男性の二号さんだった方もいて、その方も器量よしの美人の素敵なおばあさんでした(その方も確か、女学校の教師で、その方のお葬式の引き出物がどでかい葬式饅頭で⦅手のひらサイズ以上、あんこがたっぷり💛⦆、そのうまいこと、うまいこと!私の20代後半の頃の話)。

しかし、幼い頃から二号という言葉に、とても恐ろしい余韻を私自身は感じとって育っていて(私を二号さんにしようとしていた方が、もしかして過去に居られましたら、今現在のところおあいにく様でございました!)。

結婚して処女性を失った今は、態度もでかいし、臆するところも少なくなりましたが、「二号(第二夫人)」という言葉の意味する響きの大きさが、本当に怖かった。私はいったい何を話しているんでしょうか。そろそろ撤収するとしますかね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント

宗教を超えて

2018-08-08 12:08:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

台風日の今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は、実は今日午後からあるお仕事があったのですが、深夜のNHKスペシャル「追跡、アインシュタインの脳~(省略)」の番組に夢中になり過ぎて、本日体調が悪くなり自宅でおとなしく仕事をすることにしました。

リビングでお仕事をしていると、一羽のカラスが「カァー、カァー!!」と高層階のベランダのフェンス越しに止まって、うるさく鳴き始めました。

このような時の「鳥」が意味するところは、「死」が身近に迫りつつある「死」の象徴だと、ある本で読みそれが事実だとすると、これはどうしたものかと不安に思いました。

鳴き続けるカラスに、違う窓から、窓ガラス越しにコン、コンッと複数回叩き、それでも逃げないカラスに、正面の窓からしばらく呆然と彼を眺めるしかありませんでした。

しかし、この大振りの雨の最中に追っ払うには、とても不憫に思えて仕方がありません。敢えて放っておくことにしました。

それが、私にとって周囲や自分の死を促す意味を持つであろう、例え招かざる客であってもです。
▲追っ払われないと察知した彼は、静かに羽を休めているようでした。


ふと、目の前を見るとテーブルに娘の朝食の残した食パンの耳が、残っているではありませんか。

「これかぁ。」と思い、慌ててパンの耳をテーブルから下げてしまった途端、それを見ていたカラスがまた大きな声で複数回鳴き始めました。それでも、しばらくすると、彼は黙って風雨をしのいでいるように見えました。

ふと、私はこれは記事になると思い立ち、おもむろにカメラを取り出し、窓越しに室内からカラスにシャッターを切りました。案の定その瞬間、カラスは突っ込むように空を横切り、姿を消しました。

過去のアメリカの国際情勢の対応に、嫌味を今さら申し上げても仕方ありませんが、ただ、民族同士で例え相手が招かざる客であって、国際情勢上それを受け入れれば、自らの民族や自らの死を招くことが想定されても、

むやみに追い払えば、逆に天命によって非を招くかもしれないことへの強い畏敬の念に反することや、根本的にはあらゆる事象を罰するのは、敢えてそれを行う人間同志ではなく、

あくまでも自然の中での行いから発する、天命によるものなのだということを、とても深く、私も信じています。(敢えてお伝えしますが、私は無宗教で、実家の日本古来の宗教しか敢えて指向しておりません)

もちろんこれは、人の英知による、法律やルール、主義、主張、イデオロギー等を否定するものでもありません。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント

子供について

2018-08-05 14:40:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の子供たちについて、書きたいと思います。

日曜日の今朝、案の定、11時近くまで寝ておりまして、子供たちのおさんどんがおざなりになっていたわけです。

そこで、娘はお腹が空くと黙っていないのですが、息子は黙っているんです。決して、言わないんです。我慢しちゃうっていうか、とてもいつも小食だし、身体は息子の方が娘より小さいっていうか。

そこで、慌てて、牛乳、ピザトースト1枚、ミニトマト(主人の実家から)、缶詰のコーン1/3、メンチカツ1枚(少し残し)、ヨーグルト70g×2、アルフォートミニチョコレート2粒、そして今日はクーラーをつけてないので、

「凍らせてもおいしい おいしく塩分・水分補給 ソルティライチ」キリンビバレッジ、の凍らせたものをあてがい、今「ソルティライチ」をちびちび口に加えています。(緑の野菜がもっとあった方がいいかな、食べないんですよね~(>_<))

娘は生命力旺盛っていうか、ビザトーストも自分から2枚食べ、それで満腹にしてしまって、ごちそうさまでした(ピザトーストにバジルの葉をのせてもいいのか、ピーマンはもちろん嫌がるし)。

本当は、心配のあまり息子にはチョコレートをもっとほおばるように仕向けたのですが、自分は2欠片でいいからと言い、決して食べません。

もちろん、娘の腹は底なしなので、チョコは貰えばもらっただけ、平らげてしまいます。娘は牛丼なども、並を一つは軽く平らげ、息子の残した並も必ず残さず食べてくれるっていうか(喜んでいいのか、悪いのか)。

息子は、剣道を始めたので、その時ばかりは食欲もガツガツいくし(今までに無かったことです)、睡眠もぐっと早く寝付くというか。

娘は、夜はすぐ、主人に似てぐっと寝つきがいいというか、よく食べよく寝る子に対し、真逆な息子は睡眠時間も少ない気味だし、寝ていても時々牛乳を欲し、目が覚めることもあります。

息子には、私の祖母にあった位置とちょうど同じ位置に、大きさもほぼ同じ青あざが残っていて、(私もおしりにモンゴロイドの小さな青あざが未だに消えなく残っていて、遺伝かな)、

息子の目は、私の母方の三男の伯父の瞳(一重っぽい)にそっくりで、私から見ると私の男勝りの幼い頃そのものといいますか…。
▲先日の、東京都主催の「東京の木育『東京の木を知る体験ツアー』」にて。手前の二人がそうです。

息子娘の同級生のママ方々には、娘は私そっくりだと言われるのですが、実際の顔のパーツを見ると、主人っぽいというか。頭の大きさも主人に似て、息子より若干大きめという感じ。

今日は、これから映画をなんとしてでも見たいと言い張る娘と息子。困っちゃいますよね~、今金欠なのに。これから、お洗濯して、夜干して(夜干しておくと寝るとき窓開けてちょうど涼しいんです、限度もありますが)、

お化粧して、身支度を整えて、映画に連れて行くとしますか、ね。主人は相変わらず、機嫌が悪く(私が怠惰なので)、今日は何着て行こうかなっと。

汚れる心配もないから、白色系のものをトップスにして、暑いからノースリーブでカーディガンを持って、下はどうしよっかな。薄い生地のズボンにしようかな。しかし、あのズボンは若干ウエストきつめかなぁ。

私の独り言です。以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント

海の泡に!? By「人魚姫」

2018-08-04 23:28:07 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今宵は、夜風がとても気持ちが良いです。この熱帯夜でも(北半球はご存知の通り夏真っ盛りですから)、こんな夜があると水シャワーを浴びて、ダイニングテーブルの上にある照明で薄暗くして、

テレビは付けっぱなしだけど、耳はイヤホン付けて、テレビを聞いてないし見てなくて、テレビが言わば照明替わり兼、画面がドラマやってるから、あたかもテレビを熱帯魚(人?)用の水槽っぽく見立てて常備して、雰囲気を楽しむっていうか。

子供は、すやすや寝入っています。平和だなぁ。主人は、自室に籠っていつも出てこないっていうか。私の飲み物は、冷たい麦茶。
炭酸水作って、レモンライムのテイストにして飲んでみよっかな。

そうしよ。そうしよ。ちょっと、待っててください。(冷蔵庫に水取りに行って来ます)

うわっ、うまっ。このSodastreamのレモンライムは、大好きな一つです。

さて、今迷っているのは、社労士持ってるから、稼ぐためにこれからどのような方向に進もうかってことです。福祉系の資格も取ろうと思っているし、しかし中国系企業を念頭に中国語を中国人を雇っても困らないぐらいブラッシュアップすべきか、

それとも、外資系を狙って、留学経験を活かした英語スキルアップに特化するか。優先度はどれからがいいかと悩む。懐に飛び込んできてくださったお客様勝負というか、

そこで必要とされていることを、まず追っていこうかなって思っています。経済(マクロ)も通信で大学で学びたいなぁと昨年度まで思っていましたけど、最近自分は多分そこまでたどり着けないなって、感じています。

それよりも、もっと自分の欲望のままいきたいっていうか(?)、そんな思いも一抹あったり。欲望のままいったら、その先は何が待ってるんだろう。「アンナ・カレーニナ」のような、確か「廃墟(?)」と化すのかな。

「アンナ・カレーニナ」トルストイは中学2年生の時初めて読んだ本です。おませな、中2年生でした。亡くなった恩師のBev Brookeさんにとても会いたいです。

こんな時に必要としているのは、彼女なのになぁ。セレモニーの案内が届かないなぁ。Rupert、生きてる?私の事、忘れてない?

せめて、愛してるって言ってくれれば、いいだけなのになぁ。「Say You Love me」Seebさんです。

すみません。不謹慎ですよね。東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

Google Play Music

2018-08-04 22:22:06 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、最近聞いている音楽について、書きたいと思います。

いつも、Google play musicで登録して、1か月聞き放題で確か1,000円前後だったかな。特に洋楽の旬のものを聞くことが多いのですが、別に歌詞の内容を追うわけでもなく、聞いて雰囲気を楽しみたいだけなのですが、

ランダムに曲がかかる、今日だったら「土曜の夜に」と名目をうった

「TOP HIS NOW:洋楽POP」をスマホで暇さえあれば、つけてるみたいな日常です。子供への怒りを抑えたい時や、気分を変える時にも役立つし。

少し悲しげな曲、旋律のものに惹かれることが最近特に多く、元気になりたいというよりは、気持ちを癒してくれるような曲が、いいかな。

例えば、「God is a woman」Ariana Grandeさんのものとかかかると、ぼんやり聞き入っちゃうみたいな感じです。それとか「Faded」Alan Walkerさんのとか聞くと、タイトルからつい自分(の将来)もこのまま消え失せちゃうことも(?)

あるかなぁ、とか思ったり(最近自分のキャリアへの種まきやってませんからね)、このサビの部分を聞くと「Where are you now?」とかは聞き取れるから、この言葉に自分につい自問自答してしまったり、

逆に誰を心に想い本当は問いかけたいのか、とか。「Unforgettable」Robin Schulzさんの曲にも、ついぼんやり考えこんでしまいますよね。「Unforgettable」の曲名は、French Montanaさんも出してますよね。

この曲は、意外とヒヤリングしやすい曲っていうか。こっちの曲はビートっていうかさりげなくリズム感が強くて、なんとなく男性ならではの慕情が相手に募っている感じがして、

なんとなくそれよかさっぱりしたRobin Schulzさんをつい選んでしまうですけどね。そこが、ぐっと惹きこまれて逆に酔えると思う方もおられるんでしょうね。「Wolves」Selena Gomezさんは、何度聞いてもすっごくいいなぁ。

あくまでも、歌詞の内容よりも曲の雰囲気を楽しんでおりますので、誤解がないようにしてくださいませ。

今宵は、もうここで時間がきてしまったのですね(!?)ここでこのように書いていると、あなた様とこの時だけつい一緒にいられるような気がして。このまま、こうしていたいなぁ。もう1本書いちゃおうっかな(?!)

それでは、後程。東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。



コメント