東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

適材適所に惚れ込んで

2018-06-28 22:24:13 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

最近、子供たちに「霧のむこうのふしぎな町」講談社 青い鳥文庫の本を寝る前に読み聞かせています。

この本は、私が小学4~5年生の頃、夢中で読んだ本の一つです。たまたま最近仕事中にラジオを聴いていて、この本の話題が出て、なつかしいと思っていたところ、偶然本屋さんでも見つけました。

およそ33年以上前手に取っていた児童書。この本を読みだすと、自分は決して汚れてはいないはずが、あの当時の純な、そして時が妙に静かで、吸い込まれるような瞬間を何気にとらえていた自分を思いだして、

失ってしまったあの時間に、寂しいような、ノスタルジックな気持ちになって。あんな素敵な時間が過去の自分にも流れていたんだと、不幸続きだと思っていた自分の生い立ちの環境を、意外に見直したりして。

当時この本より、本当は「大草原の小さな家」の本の方が、心から欲しかった。でも、結局母には欲しいとは言えませんでした。

お金に困ったことは一度たりともなかったのですが、親心を察している自分でもあったのでしょう。

でも、この「霧のむこうのふしぎな町」は、とても素敵な本です。当時の挿絵は一新し、しかしどうやら一言一句内容は変わってないようです。あの時のジーンときた箇所や、心打つ文脈は、

今もなお、自分の中では変わっていないようです。今は203ページ中、90ページを読んでいますが、例えば、ナータが詩集の代金を受け取らず、学生をじっと見て、「いいのよ、もっていきなさい」と言うところとか。(p79)

トーマスがランプを譲るところで、無償で「いりませんよ。あんたのものなんだから」とこたえるところとか。(p88)

適材適所に物を配分する小気味良さの痛快感がたまらないです。

この本に出会い直したとき、音楽で言うところの、久方ぶりに「追憶のテーマ(The way we were)」をノンバーバルで聴いたときのような、すっごい衝撃でした。この曲はJet streamで聴くところが、私の大のお気に入りなんですけどね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

東商社長ネット登録のお知らせ

2018-06-17 19:34:16 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、お知らせです。

東京商工会議所、「東商社長ネット『東京の元気な社長さん』」に、私のものが掲載されました!!以下のURLをご参照ください。

http://www.tokyo-cci.or.jp/shachonet/profile/000837.html

日々、特に最近、現(うつつ)を抜かしており、大変失礼しております。

韓国と北朝鮮の南北会談の時には、冷麺を豊洲のららぽーと内の韓国料理屋に食べに行き、そしてアメリカと北朝鮮のシンガポールでの会談の時にも、前日に汐留にてシンガポール料理を娘と食べて来ました。

(主人には、ご内緒で!)(なぜ内緒かと申しますと、なんででしょう。ただ、なんとなく。)

最近は、雑務に追われています。今週末の今日で、良い仕切り直しができそうで、来週から気持ちを新たに、予定を組みなおし、来月に向けて万全体制にもっていきます。

来月は、労働局の契約が終了してから、ちょうど3か月が過ぎます。ペースを取り戻しつつ、生活にも慣れ、ゆっくり自分の時間が過ぎることもあれば、子供の習い事に東奔西走したり、と。

労基法からは、とんと離れてしまっていますが、昨年度1年間勤め上げたことは、非常に有意義で大事で大切な経験となりました。

この過去3か月間は、大盤振る舞いの3か月でしたが、これからは出来ればより金銭面では慎ましく、フィジカルな面ではより強固に、大学の勉学の面ではゆる~くマイペースで、業務面では綿密にシビアに、子育てには厳しさと優しさのメリハリを。

と、この一年度を過ごしたいと気持ちを入れ直して。

景気の面では、いつ景気が良くなってもいいように、物質的な面での蓄えはばっちりし(自己の購入感を促進し)、つまり景気が良くなって物価が上がってきたら、逆に節約思考に自分は向かいたい。

そんな感じのことを思って、毎日過ごしています。たわいもない毎日を過ごし過ぎて、「ローマは一日にして成らず」の言葉に自戒を込めて、自己に深ーく言い聞かせ、反省をもって本日はこれにて、ドロンといきますか。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

「大国の論理」への対処法

2018-06-07 18:37:42 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、とっておきの本のご紹介です。それは「子どもの『逆境に負けない心』を育てる本 楽しいワークで身につく『レジリエンス』」法研出版の本です。

前回の私のブログからもお分かり頂けるように、ネガティブな感情を反すうしてしまう時、どうすればいいのか。この本には、このようにあります。

①運動をする ②音楽を聴く ③呼吸法と瞑想 ④書き出すこと ⑤没頭できる行動をする など。

そして、クイックレジリエンスとして、ネガティブな状況が起こった時、すべての状況で、この信号を実行!!!

ステップⅠ ストップ!(赤信号、行動を止めよう)
ステップⅡ 落ち着く(黄信号、落ち着いて待とう)
ステップⅢ 再考(青信号、進む前に捉え方※を再考)
 ※捉え方は色眼鏡のようなもの。色眼鏡をかけたり外したりは自分自身が自由に選べるということ。

そして、普段から大事なこととして、❶感謝すること、❷許すこと、そして❸共感すること、の重要性を作者は説くのですが、

この❷の箇所に、このような文章があります。

「ゆるしの最初のステップは、自分が誰かに今までどのようにゆるしてもらってきたのか、そのときに、どのようにゆるしてもらってきたのか、そのときにどう感じたのかを思いだすことです。

それでも、どうしてもゆるせないと感じるならば、相手の好きなところを思いだし、その人なしでは人生がどうだったのかを考えてみることも役立ちます。」(p82)

と、あります。その上でそれでもなお、ゆるせない場合はどうすればいいのか。そこで私の提案です。これを考え続けていくうちに、ゆるせなかった相手が同志と思えてくるから、不思議、不思議。そのとっておきの質問は、それは

「『核』以外の理由で、大国(米・露・中)の論理※、を腑抜けにする、ここぞという時のやり方、方法論」について。
 ※「大国の論理」とは、俺様は大国だから、小国どもは言うことをきけ!的な考え方です。

実に、深淵たるテーマで、ぞくぞくしますよねっ!!!以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら










コメント

懺悔の日

2018-06-01 22:56:40 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の懺悔(ざんげ)の日です。私なんて、地球の奈落の底に落ちろ!!!、と言いたいです。

今日は、情報提供の日ではありません。なんてったって、懺悔の日なんですから。

理由をお知りになりたいですか?お知りになったら、恐らく私に対して同じことをしても、あなた(つまり私)もやっているんだから、許容範囲だよね、とお思いになる方もいるかも(!?)です。確かに、その通りです。

そして、それを承知の上で、このように文章に起こして書いている(皆さまに知らしめている)私は、やはり大馬鹿者なのでしょう。

実は、今日という今日、約束を反古にしそうになって、慌てて駆け付け、1時間遅れのお待たせ具合で、先方とキックオフ。

約束について、うっかりしていたんです。そんなことはめったにないのですが。この2~3日、朝2時起きで(と言っても、大したことをしているわけでは無いんですよ)

仕事らしきことをしていたこともあり、身体が睡眠時間を欲していて、ゆっくりしていたところ、突然先方から電話が。

そこから、約40分でタクシーすっ飛ばし、約束場所へ。結果、今日お会いして本当に良かったし、豊富も大きかったのですが、

どうも今日は、最悪です。それ以外に、理由はあるようで無いようなのですが。それは、

周りの方が、すばらしく輝いて見えることがあります。それに比べて自分のカットするニンジンは、こんなに不器用な形で、部屋はこんなんなっているし、食器や衣類は洗っても洗っても、絶えず汚れものは出て、山となるし。

あっ、干し忘れたと言えば、雨が降ろうが黄砂が舞おうが洗濯物を外に干し、あっ、外に出しっぱなしの衣類取り込み忘れた、とそれがそのままで2~3日続けば、流石にお嫁さん失格とおでこに烙印を押されたようで。

世の中、美しい方多いですよね。流石に私は、あんなに美しく振舞えないし、自宅では髪振り乱して、やくざみたいに子供たちに怒鳴り散らして、ほんと、美しくないなぁ。主人には喧嘩になれば頻繁に「ヒステリー」「大ボケ」と。

▲正しいです。ヒステリックだし、ボケてるし。

逆に私は私の母に、主人が私に感じているようなことを感じたりして。

そんな時、小学校時のピアノ教室から一緒で、大学時のアルバイトも一緒だった幼馴染のK君を思い出していました。彼の優しさは、こんな時にあったんだよなぁ、と。

もちろん、最後に私がふられたんですけどね。彼も先に結婚して。そして、行きついた先が、主人ではあるわけです。

本当に有難いことでございます。今宵はこの辺で。東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント