東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

T・O・T・E戦略(目標を自動追尾する方法)について

2017-07-23 17:18:31 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「T・O・T・E戦略(目標を自動追尾する方法)について」を書きたいと思います。

まず、近況から。先月2017年6月25日(日)に英語の試験であるTOEICを受けました。そして、今日7月23日(日)もまた受けてきました。

前回の結果は、リスニング500点中、455点。リーディングは500点中、…。(>_<)

そして今回、リスニングさえ音声の具合か発音の問題の出だしが籠った感じで、いまいち煮え切り感なし。リーディングは、初めて時間配分を気にしても、相変わらずやはり時間があと10分は欲しい感じの手ごたえでした。

やったりやらなかったりの勉強法で、相変わらず先月から、英語手つかずの状態なのに、自分としては自らの進歩を自分なりに感じつつあるので驚きで、それはいわば熟成された大人の勉強法での達成気分です。でもひっきりなしに頭では、改善策は必死に何かと考えています。

▲最近読んだ本の中に、「脳が冴える!朝1分の勉強法」宮川明著 アスコム出版があります。図書館で借りた本ですが、本当に素晴らしい本です。心の安定にも貢献する本ですよ。


この本の121ページからの「T・O・T・Eモデル」の実践が私で言えば、TOEICです。英語が手つかずでも、テストを受けるという、謂わばその繰り返しが、勉強せずに唯テストを受けているだけなのに、頭では人それぞれそれについて何かを考え始めるはずです。

ティーンの頃(10代)の私だったら、その考え始めたその自分の気持ちにひたすら無視しました。そして今は、その時の積り積もった失敗があるので、そんな愚かなことはしないはずです。

しかし、試験を「TEST(テスト)ーOPERATE(操作)ーTEST(テスト)-EXIT(出力)」として、効果的に行わないと、その気持ちマインドも忘れてしまいます。(ランダムな受験回数によって、忘れた数、数知れず。)

頭に何かを考えさせる、例えばパート5、6、7だけ時間を計って繰り返し解いてみようとか。そしてこのように自然に自分にアクションが伴うのを待つのです。頭に何かを考えさせるためには、そのきっかけ(私だったら、TOEICの受験回数)は、コンスタントに多ければ多いほど良いはずです。

それが、いわゆる目標を自動追尾する方法なのです。

以上、何かのお役に立てていたら、幸いです。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら

コメント

「心の報酬」について

2017-07-01 00:09:49 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「心の報酬」と題して、書きたいと思います。

「心の報酬」とは何か。

われわれ人間は、いつも不安を持って生きている生き物です。特に、仕事やその立ち位置が行き詰ったときなどは、いろいろ悩みます。

そんなとき、上司やその会合などの長が、その不安を和らげるような言葉をかけてくれたら、と。そうです。言葉です。

スルーするいわゆる無視ではなく、外から見えるような、すでにお持ちの熱意に伴う優しさを伝えるだけでいいんです。

例えばトイレ掃除のような仕事があります。まさに根っこのような仕事ですが、トイレの汚れているような会社や店にはお客が寄りつきませんから、非常に重要な仕事です。

しかし、そのまま給料に反映するわけにはいきません。経験のある営業マンやサービス係より高い給料を出すわけにはいかないからです。

▲そこで重要なのが「心の報酬」です。どういうときに「やる気が出るか」、それはまず「自分の存在が認められたとき」です。


社長に比べれば、些細な仕事かもしれません。でもその意義を、それを行っている人の努力を、心から認めることです。

確かに、私個人宅トイレのように、努力に欠けるトイレをご利用の方もおられるかもしれませんし、見て見ぬ振りをせざるを得ず、現状からはこのような掃除婦に甘んじるしかない状況に、御社が置かれる場合もあったかもしれません。

しかし、「心の報酬」は物質的報酬と違って、時間がたてばたつほど、心に残って、心のなかで育ってくる不思議な報酬です。

多くの人はそれをいつまでも忘れず、時とともに感謝の念が絶えることはないものです。

「心の報酬」とは何か。

当たり前のことが、当たり前に存在するって、本当は本当に素晴らしいことなのです。当たり前に、すがすがしくなっていることも。

家族に愛を伝える、社員(だけではなく派遣社員、パート社員も同様)に言葉を添える、照れるなら視線が合う時、それとなく微笑む、こと。それでいいんです。

間違っても、心裏腹の態度は、益々心を遠ざけるでしょう。誰しも、恋愛で同様のご経験があるはずです。

大切な「心の報酬」、夏の賞与の一端に、(私宅掃除婦の私も)待ち遠しいです。

以上、何かのお役に立てたなら、幸いでございます。

参考文献:「人生とダンスをするように 一日一生、今を生きよ」松野宗純 PHP研究所出版 P102~103



東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら

コメント