東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

長寿を目指して~歯の健康編~

2017-05-23 20:39:11 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「長寿を目指して~歯の健康編~」と題して、日頃気付いた点を書きたいと思います。

実は、私約13年間診続けて頂いていた歯医者さんに突然行かなくなりました。

歯科のY先生には、本当に良くしていただきました。18年前持病の為約1年前後ひきこもりを経験した私は、その間歯も磨かずの生活だった時もあり、若いながらも歯槽膿漏も進み、そんな私の歯を丁寧に指導してくださいました。

Y先生の治療は、歯に無頓着な私に押しつけがましくなく、ゆっくり時間をかけてそして適切に歯の指導とメンテナンスを長年施してくださいました。本当に感謝しています。

そして今43歳、歯にお金をかけることにしたのです。そうです、予防歯科という観点から、もっと積極的に治療にお金をかけることにしたのです。

残念ながら、お金をかけるといっても、急に今日明日できることではありません。歯医者は変えたものの、奥歯1本自分にとって初めての被せものも、望んでいた金歯ではなく、一番安いシルバー色の被せ物しか、選べませんでした。

ただ、治療を開始して、治療前と治療後では、前歯の歯茎にある、健康である証拠のプチプチとした粒粒が一段と増えていました。感極まるうれしさでした。

本当は、矯正歯科もしたかったのです。しかしやはり子供も小さくこれからお金もかかります。多額の費用が掛かる矯正と金歯はとりあえず、未来への課題として、今はやらず未来に残しておくことにしました。

年齢を重ねても自分の健康な歯で食べられるように、いつでも準備が整ったら矯正もできるように、気を付けていることがあります。

▲それは、歯ブラシの習慣にデンタルフロスを毎晩欠かさず行うことです。


今の歯科の歯科衛生士の方から、フロスの使い方も一から懇切丁寧に教えて頂きました。その方法も徐々に子供に伝えていきたいと思います。

因みに、歯科のY先生のところには、私の母が今だ通っています。実は、先生にはどのように伝えていいのか分らずにいます。先生には本当に感謝しているということと、今後も母をよろしくお願いしますと風の便りに届いてくれたらいいなと思っています。

以上、何かのお役に立てたなら、幸いでございます。



東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら


コメント

労使双方の労働条件の確保・改善のポイント ~賃金について~

2017-05-23 19:00:29 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「労使双方の労働条件の確保・改善のポイント~賃金について~」書きたいと思います。

今日も、暑い一日でしたね~。事務作業をしながら、一日で2リットルのペットボトルの水をカラッと飲んでしまいました。

皆さまも、水分をこまめに摂ることをお忘れなきよう、お願い致します。

さて、ポイントは3点です。①労働時間に応じた賃金を、適正に支払いましょう。②時間外・深夜割増賃金を支払いましょう。そして③最低賃金以上の賃金を支払いましょう。

①について。賃金は原則として、❶通貨で、❷全額を、❸直接本人に、❹毎月1回以上、そして❺一定期日を定めて支払わなければなりません。これらを賃金の5原則といいます。

賃金は、いかなる労働時間についても支払わなければなりません。業種によっては、引継ぎの時間や業務報告書の作成の時間等も通算した時間数に応じて算定してください。

労働時間かどうか疑わしい場合は、労働局の労働基準部賃金課というところにお問い合わせになるといいかもしれません。とても親切にご対応くださいますよ。

②について。時間外労働、深夜労働(午後10時から午前5時まで)に対しては25%以上(大企業の場合は、時間外労働が1か月に60時間を超える場合は50%以上、60時間を超えて深夜労働となった場合は75%以上)、休日(基本的に週1日又は4週4日の休日)労働に対しては35%以上、の率で計算した割増賃金を支払わなければなりません。

シンプルに計算すると、時間外労働をして、さらに深夜10時過ぎても残業をしてもらった場合は、1時間あたり午後10時までは25%増しの賃金を、午後10時以降は25%プラス25%なので、50%増しの賃金になりますよ。つまり深夜10時以降は、時間当たり1.5倍の賃金の支払いを迫られます。

▲従業員の方には、できるなら夜中の12時ではなく、午後10時前の、忘れ物の無いシンデレラとして、気分良く帰宅して頂く心遣いがあるといいでしょう。いつの日かシンデレラのように、まぶしいほど忠誠心で溢れる従業員となる変化を遂げてくれることでしょう。


③について、東京都の最低賃金は、平成30年7月から時間額958円となっています。派遣業の場合は、派遣先の地域の最低賃金額の適用となります。

以上、続きはまた次回。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら





コメント

労使双方の労働条件の確保・改善のポイント ~休憩・休日について~

2017-05-15 05:27:17 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「労使双方の労働条件の確保・改善のポイント~休憩・休日について~」書きたいと思います。

最近の私のニュース。読んでいる本に、「2050年の世界 英エコノミスト誌は予測する」文芸春秋出版があります。5年も前に刊行されている本なのですが、興味深いです。

最近のアメリカのトランプ政権とそのマスコミの関係性を見ていると、この本にある通り「民主主義を持っていない国では、民主主義が進み、民主主義を持っている国では、民主主義が縮小する(P198、L1)」とありましたし、確かにBSテレビで放映したNHK特集「欲望の民主主義」でも、同じようなコメントがでてきていたような、そして実際そのようになりつつあるのでは、と素人感ながら、思いつつあります。

その他「心理学が教える人生のヒント」日経BP社の本は、途中からパラパラと読んでいますが、自分には素晴らしく面白いです。

最後に「The Secret 『HERO』」ロンダバーン著からの抜粋、「人生とは、あなたが生まれた厳しい環境のことではなく、その中に隠されている黄金のチャンスをあなたがどのように使うか、ということなのです。」とあります。母子家庭に育った自分の生い立ちを思うに、本当に大事な言葉だなと思います。


▲3冊のうち、2冊は図書館を利用しています。よかったらご利用ください。


さて、本題。ポイントは2点です。①休憩は確実に取得できるようにしましょう、そして②夜間勤務者等の法定休日を確保しましょう、です。

①労働時間が6時間を超える場合には、少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩が、労働時間の途中に必要です。

②使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければなりません。(4週間を通じ4日の休日を与えることも認められます。)単に24時間の休憩を指すのではなく、原則として暦日(午前0時から午後12時まで)の休業を指しますが、その運用に関しては、一応労働局なり社労士なりにご相談されてからをお薦めします。(他に被る原理原則があるからです。)

以上、続きはまた次回。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら












コメント

長寿を目指して~災害の悲しみを乗り越える時~

2017-05-08 21:35:52 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「長寿を目指して~災害の悲しみを乗り越える時~」と題して、日頃その点について情報収集した内容を発表したいと思います。

まず、長寿を目指すにしろ、災害の悲しみを乗り越える時にしろ、伴侶を失う喪失感にしろ、共通の重要な点は以下4点です。

①規則正しい生活をする。②運動を再開する(最低毎日1万歩歩く)。③生きがいをもつ、そして④社会的接触をもつ、等です。

①について。規則正しい生活には、3度の食事、魚だけではなく肉も食す、魚は特に青魚を食す、野菜も摂って腹八分目等、がつきものです。決まったリズムをつけることは、悲しみも時間になったら、切り替えなければいけませんからいいでしょう。

②について、人間は最低一日6千歩歩かないとシニアは特に、著しく衰えが早まるそうです。私の場合は、アルツハイマー病を予防するために今から、泳ぐ時バタ足だけで20分泳ぐメニューの時に、頭の中で計算問題をやりながら、キックを続けています。その計算方法とは、

例えば、300から7づつ、引いていきます。300、293、286、…6、など。最後にすべて引ききった後、引ききれない残りの数が正しいか、300÷7=42、余り6として、暗算が正しかったか検証します。イレギュラーな半端な数から引き始めるのもお薦めです。例えば、286から7づつ、引いていくとか。7じゃなくても、8にしてもいいし、6に変えてもいいし、です。

ネックは、運動をしながら、頭の中は忙しく計算を続けるというプロセスが、アルツハイマー病を予防してくれるそうです。

▲長寿への希望、毎晩祈っています。特に親戚一同元気で長寿を全うしますように、と。


③について、生きがいをもつとしたら、静的なものも美しいのですが(例えば、フラワーアレンジメントのような)、自分だったら語学(他言語)を習得したいです。

今は英語を強化中なので、英語ではなく、大学時代の第二言語だった中国語とか、旅行(ショッピングが自分は主ですが)を兼ねイタリア語の習得とか。テレビ局のNHK語学の講座は、すべての言語何がなんでも見まくり聞きまくりたいです。

それとか、②とダブルのですが、トライアスロンに挑戦してみたいとか、マスターズマラソンとか、マスターズ水泳とか、自分だったらこういう感じしたいな~と思います。

④について、社会的接触をもつということは、地域のコミュニケーションの場の参加でもいいですし、家族がいれば家族との何気ないおしゃべりも、脳内の血流を著しく促すことから、ボケ防止や元気の素になるようです。

もし、⑤として、あえて付け加えるとしたら、男女問わず、家事を毎日するという試練があってもいいのかなと思ったりもします。そして、(思い出して)悲しくなったり、涙が溢れてきたら、腹式呼吸を試みる。

以上、何かのお役に立てたなら、幸いでございます。



東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら
コメント

労使双方の労働条件の確保・改善のポイント ~労働時間について~

2017-05-04 11:19:22 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、「労使双方の労働条件の確保・改善のポイント~労働時間について~」書きたいと思います。

本日は、ゴールデンウィーク真っ只中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

本日も、多くの方必見の内容になっています。ご参考にしてください。

ポイントは、5点です。①労働時間の適正な取扱いを徹底しましょう。②労働時間を適正に把握しましょう。③変形労働時間制は正しく運用しましょう。④36協定を締結・届出しましょう。そして⑤時間外労働等は、36協定の範囲内にしましょう。

ポイント①、労働時間とは、使用者の指揮監督の下にある時間をいい、現実に働かせていないと思っている時間でも、労働時間に該当することがあります。

一例では研修時間については、使用者の明示的な指示に基づいて行われる場合は、労働時間に含めるなどです。

▲適正な労働時間の取扱いについて、疑問等ございましたら、お近くの労働局や労働基準監督署でも、無料で電話相談等行っています。ご利用ください。(もちろん、社労士にお尋ねになってもいいんですよ)


ポイント②③、②は記録等をしっかり事業主が現認する等、③は適切に枠組みを定め、法定の要件に基づき正しく運用してください。

ポイント④、時間外労働、休日労働を行わせる場合には、時間外労働・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結し、労働基準監督署長に届出る必要があります。

36協定は、あくまでも届け出すると、協定で定めた時間労働させてもいいという免罰効果をもつもので、もちろんその延長時間等は、その時間外労働の限度基準の下延長時間の限度の枠組みの中で運用がなされています。

さらにその限度を超えて臨時的に労働してもらわなければならない特別の事情が予想される場合も、付して「特別条項付き協定」を結んで延長時間とすることが認められています。

言うまでもなく、免罰効果があってもなくても、残業代は必然的にどんな場合でも法定労働時間を超えた範囲発生します。ポイント④、これらの36協定で定めた範囲内で、残業完結は必須です。

以上、続きはまた次回。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら
コメント