東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

アンガーマネジメント(「怒り」について考える)

2016-07-20 21:02:37 | 社会保険労務士の日記
先日、スーパーのレジの方に怒りによる二言三言言葉のお返しをしてしまった私。

こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。アンガーマネジメントの内容である「怒り」を感じた時の個々人のできる事について、自己への戒めも含め書き残して置きたいと思います。

「怒り」とは、人である以上、喜怒哀楽としてつきものです。

▲「『怒り』は大切な気持ちのひとつ」と考えることが大事です。


~「怒り」を鎮めるためのスキル編~
怒りの感情に反射してすぐに怒り出さないために、「感情系よりも思考系を優位にする」スキルを身につけるのが重要になります。

①ストップシンキング…思考を停止する。
深呼吸をしたり、数を数える。怒りの感情のピークは6秒だと言われており、6秒間違うところに意識をもっていく。
(例)「1,2,3,4,5,6」と数えるとか、「100」から文字通り7を引いていくややこしい計算をするとか。

②タイムアウト…目の前の景色を変える。その場から離れる。
(例)「トイレに行ってきま~す!」とか。

③コーピングマントラ…自分なりの魔法の呪文を唱える。
(例)「なんくるないさ(なんとかなるさ:沖縄)」とか、「まあ、いいか」など。

④ポジティブフォーカス…相手の良い部分に焦点を当てる。
(例)「昔、こんないいことをしてくれた」など。→夫婦の関係性では、効果的かと…。

等々他にもありますが、私が特に重宝しているものを取り上げました。

お役に立てば幸いです。以後、請うご期待!


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら

コメント