東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

決め手は「塩」味

2019-01-14 08:46:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日の「ひき肉とトマトのスープストック」について、朝食で食べたらまぁまぁ悪くなかったです。

油が相変わらず層の上澄みとして、浮いていましたけど、もしかしたら最後に投入した油をオリーブオイルすればまだ良かったのかも、です。

今朝の食べ方は、器にスープを入れ、昨日残った焼きっぱなしのトーストで器を蓋(フタ)するように被せ、電子レンジでチン!

食べる時、トーストをそれに浸して食べるのですが、トーストが油分をうまい具合に吸ってくれて、ややもすると堅いトーストが、しなやかだし、私としては悪くない感じ。
▲シンプル日本の和定食ー塩鮭はメイン!?

だから、どうせ油分を体に取り込むなら、サラダオイルよりもオリーブオイルの方が、いいじゃないですかぁ。

あらゆる産地で取れる塩、いわゆる塩ですね、その塩によっては、味って同じ料理でもやっぱり恐らく変わりますよねぇ?

実は、思いついたんですけど、私の旧姓が「塩田(“Shioda”it means salty field.)」なだけに、これからは長期的に関心持って“塩”の味にこだわってみようかな。

うまいことに「つくりおきスープ」の作者市瀬さんのレシピには、結構塩とコショーで食材の良さを引き立てるスープも豊富なんで。

なので、いろいろ作ってみて、作り方のパターンは一緒で、変えるのはあらゆる産地で取れる(日本に限らず)“塩”だけなんで、考える限り、シンプルなことですよね。その比較も想定内では簡単だし。

しかも、いつぞやのNHKの朝のニュースだったかな、“塩”だけしか扱っていないけど、世界のあらゆる塩を揃えた店があることを報じていたことが確かあって、と検索。東京ソラマチにもあるみたい。

今朝も、息子も娘も、この私の作ったスープは「いらない」の一蹴。朝から重めの食事だったけど、味も確認できたし、これから街にくりだすかぁ。去散步吧!(Let's go for a walk, Eh?)

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 失墜のスープ | トップ | C・ゴーン氏への推薦図書 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (まー坊)
2019-01-14 21:39:02
ランキングからきました!
パンに浸して食べるスープ美味しそうですね。
作ってみたくなりました(^-^

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事