東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

北方領土

2018-12-21 06:19:34 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、国際問題として、ロシアプーチン大統領の北方領土に関する日本の対応についてのコメント

「沖縄で行われている一連(在日米軍展開)に関し、どれだけ日本の主権が及ぶのか不明の為、平和条約の締結に関し、懸念を感じている、云々」

に関する報道で、これに関し私が良く分からないのは、プーチン大統領の「日本の主権」の意味するところが、「地方自治の主権」なのか、

はたまた「中央省庁の(決定に関する)主権」なのか、それともよく言われる「主権在民」に関する「日本の主権」なのか、

この「日本の主権」の意味する範囲、含めている内容を、日本としてはどのように受け止めた意味として捉えるべきなのか、

素人感ながら、日本の政府の出方次第で、大きく事が様変わりする気がして、心配。
▲北方領土 日本とロシア

そもそも公務員試験の論文試験で出てきそうな内容(?)かもしれませんけど、地方自治の決定と中央の決定事項がバッティングした時、

甲乙はどのようになるべきなんでしょうね。この場合、地方自治の意向をも汲んで(面子も立てて)、

米軍にいろんな意味で察して頂く、ことができらたら一番いいんですけど。そもそも「察して」頂く以前に、「在日米軍基地」へのモチベーションが高いのは、

日本政府の側なんですかね。恐らくそうですよね。米軍のアジア圏構想に沿って安全を維持するのが望ましい訳ですもんね。対中国の台頭に関しても。

でも、沖縄県の意向としての面子だけでも立てる必要性は、やはり無視できない気がするなぁ。面子の中身が問題なんでしょうね。

でもやっぱり、全くの無視っていうのは、この場合いくら安全構想って言ったって、ちょっと問題ある気がする。

以上、うざいニュース視聴者の東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「国際問題」に関する記事一覧

東京都港区 東京都品川区 社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

『テレビ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« STOP IWC脱退 | トップ | 2019年始ご挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事