東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

C・ゴーン氏への推薦図書

2019-01-22 18:24:00 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「日産のカルロス・ゴーン氏への推薦図書」と題して、書きたいと思います。

実は、私の高校時代の話なんですけど、留学から帰国し一時的に日本の高校に通学していた時のこと。

ある友人を介して、男性を紹介されたんです。その男性の取り巻きが言うには、ある自動車メーカーの外国人っぽい社員の彼を、将来有望、どう?という訳です。

当時の記憶だと、あまりにも年齢が離れている上に、男性的にくたびれた印象で、写真だったか、直接の本人だったか忘れましたが、

とにかくそれとなく断ったんですが、その後そのことでクラスの冷やかしの的になったので、なんとなく私は記憶に残っていて。

もちろん、それがゴーン氏とどんな関係があるかと言うと、特に関係性は無いです。ただ、仮にその彼がゴーン氏と仮定して、

そのお礼に本を勝手にご紹介しようかと思って。実は今まで私ナンパされた経験がほとんどなく、ナンパ好きのトルコ人の方々すら、

ドン引きの雰囲気をどうやら醸し出してしまうらしく。自分は内心は人によりますけど、本当はほんとに、うれしいんですけどね。(しかし、実感まで時間差があるけど)

その本とは、「心の治療における感情 科学から臨床実践へ(EMOTION IN THERAPY:From Science to Practice)」ステファン・G・ホフマン著(Stefan G.Hofmann)、
▲日本語では、監訳有光興紀さんのもの、北大路書房からの出版。


特に第7章「ポジティブ感情と幸福感」の箇所は必見です。狐に包まれた感じで、どうぞ皆さまもお手に取ってみてくださいませ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

『テレビ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 決め手は「塩」味 | トップ | 写真「成功のイメージ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンタルヘルスの情報」カテゴリの最新記事