東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

不倫について

2020-10-11 21:07:34 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、不倫について、書きたいと思います。

私は今離婚していますが、例えば、無事再婚を果たし、そして生活が継続するわけですが、夜の夫婦生活も続くわけです。

そんな中、年齢を重ね歳を取り、もう夫も大丈夫だろうと思った矢先に、夫が年若い女性と不倫ってことも、想定される世の中あるある出来事な訳です。
▲浮気や不倫は、男性ばかりではありませんよね?どうしても、好きになってしまうこともありますよね?

そんな例で言うと、アメリカのクリントン元大統領の不倫事件など、年齢的な面からイメージしやすいでしょう。ヒラリーさんは、そんなクリントンさんにお返し的不倫はしていません。

なぜでしょうか。世の中的に芸能人の方でも、不倫に端を発し、夫婦間で報復のし合いごっこ的な話題も、聞く話です。

私が思うに、夫がモテ過ぎるとか不倫や浮気をしたから、彼に不幸感の同じ思いを味あわせてやりたいとは思うけれども、誰でもない私自身の人生だからこそ大事にしたい、

つまり人生において何がしたいのか、汚点を残したいか、それともどうなのか。ということを、ヒラリーさんは立場もお在りでしょうけど、一番心に浮かばれていたのかな、って想像します。

こんなにも、女性がたくさんいて、同じく男性もたくさんいる中で、道歩けば、誰かしら女性には遭うし、男性にも遭います。防ぎようのない限界がありますよね。

だから、いつも自分基軸でいいと思うんです。例え自分の夫(仮、今はいません)の不貞であろうとも、神前に誓う尊い夫婦だからこそ常に自分はどうありたいのか、自分の人生はどうありたいのか、

ということに正直にそして真摯に自分の人生に向き合って、私は生きていきたいと思っています。皆さんは、どうですか?

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

参考ブログ:「不倫というゴシップ


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 顔の整形について | トップ | 性へのスタンス »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正解 (katura)
2020-10-12 00:04:20
読ませていただきました。

この問題って正解ないですよね。
というのも、法的な問題は別として許す許さない、または良いか悪いかもその人の価値観や視点によって変わると思うので。

ヒラリーさんの本心は解りませんが、短い人生の中でネガティブな問題を1秒でも早く終わらせ過去のものとし、ポジティブに生きていくというのは見習いたいと思いますね。

考えさせられました。
ありがとうございました。

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事