東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

心トキメイテ

2020-01-28 02:13:26 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

今日は、昨日インスタグラムにもアップした内容を少し。実は、数年ぶりぐらいに私の出身大学である大東文化大学の国際法研究会でご一緒させて頂いた女性のS先輩に週末電話をしたんです。

お元気そうで、独特の空気感で「今日は、塩田さんから電話がかかってくるなんて本当おもしろい日だね」と呟きとも取れる会話から始まって。結婚式にも来て頂いた大事な先輩です。

実はこの先輩、元主人と籍だけ入れたての頃、北海道旅行に行った帰り道の飛行機の中で、偶然席も通路を挟んだ斜め向こうで居合わせたことがあるんです。

先輩がおっしゃるには、「当時声を掛けずらかったけど…」、というのも私たちがラブラブだった正にその瞬間に降って湧いたように「塩田さん!!」と声が掛かったものですから、思いだすだけで笑い出したくなるぐらいです。

学生時代の頃は、先輩が4年生、私が1年生でした。当時先輩には素敵な彼氏が居て、いつもラブラブで、どうしてこう自分にはこのようにラブラブする人がいないんだろう、といつももどかしく切なく思っていた時期もありました。

先輩に聞けて良かったことは、あの飛行機の中で、自分たちは本当にラブラブしていて、大学時代もラブラブはありましたが、その時ですら本当に恋し焦がれしがあったんだって。それは、事実だったんだってことが先輩の承認で分かってうれしかったんです。
▲高校当時の川高の内藤君元気かなぁ。初めて手をつないだのは確か内藤君だっけ?確かそう。

このように、子育てに家事に、仕事に、そして親の面倒(どちらが?と言われそう)と、もちろん自分の世話が重なってくると、ラブラブは本当に月の彼方、いや宇宙の彼方?へ遠のいて、そんなこと本当あったけか?、って感じなんですよね。

皆さまは、どのようですか?ラブラブしてますか(心トキメイテいますか)?眠れない夜に書いているので、多少皮肉もあるのですが。独身の方には禁句ですよね?

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント   この記事についてブログを書く
« 一等賞で駆け抜けろ! | トップ | 袋帯は、今いずこ? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事