東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

Google Play Music

2018-08-04 22:22:06 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、最近聞いている音楽について、書きたいと思います。

いつも、Google play musicで登録して、1か月聞き放題で確か1,000円前後だったかな。特に洋楽の旬のものを聞くことが多いのですが、別に歌詞の内容を追うわけでもなく、聞いて雰囲気を楽しみたいだけなのですが、

ランダムに曲がかかる、今日だったら「土曜の夜に」と名目をうった

「TOP HIS NOW:洋楽POP」をスマホで暇さえあれば、つけてるみたいな日常です。子供への怒りを抑えたい時や、気分を変える時にも役立つし。

少し悲しげな曲、旋律のものに惹かれることが最近特に多く、元気になりたいというよりは、気持ちを癒してくれるような曲が、いいかな。

例えば、「God is a woman」Ariana Grandeさんのものとかかかると、ぼんやり聞き入っちゃうみたいな感じです。それとか「Faded」Alan Walkerさんのとか聞くと、タイトルからつい自分(の将来)もこのまま消え失せちゃうことも(?)

あるかなぁ、とか思ったり(最近自分のキャリアへの種まきやってませんからね)、このサビの部分を聞くと「Where are you now?」とかは聞き取れるから、この言葉に自分につい自問自答してしまったり、

逆に誰を心に想い本当は問いかけたいのか、とか。「Unforgettable」Robin Schulzさんの曲にも、ついぼんやり考えこんでしまいますよね。「Unforgettable」の曲名は、French Montanaさんも出してますよね。

この曲は、意外とヒヤリングしやすい曲っていうか。こっちの曲はビートっていうかさりげなくリズム感が強くて、なんとなく男性ならではの慕情が相手に募っている感じがして、

なんとなくそれよかさっぱりしたRobin Schulzさんをつい選んでしまうですけどね。そこが、ぐっと惹きこまれて逆に酔えると思う方もおられるんでしょうね。「Wolves」Selena Gomezさんは、何度聞いてもすっごくいいなぁ。

あくまでも、歌詞の内容よりも曲の雰囲気を楽しんでおりますので、誤解がないようにしてくださいませ。

今宵は、もうここで時間がきてしまったのですね(!?)ここでこのように書いていると、あなた様とこの時だけつい一緒にいられるような気がして。このまま、こうしていたいなぁ。もう1本書いちゃおうっかな(?!)

それでは、後程。東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。



『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ・ビキニ・\(^o^)/・ | トップ | 海の泡に!? By「人魚姫」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事