東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

働き方改革につられてー手帳の巻ー

2018-10-09 22:15:03 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、昨日購入した来年の「手帳」についてまつわる、「手帳」の話をしようかと。たったそれだけでこのブログを書こうと思っているんですから、なんて無謀なんでしょうね。

購入した手帳は以下です。
▲この手帳の、「新しい働き方、(云々)」の『新しい働き方(改革っぽい)』の文言のイメージに惹かれて。


今年(2018)の手帳は、佐々木かおりさんがプロデュースされた「Action Planner Original」使っていました。

しかし、来年(2019)は「EDiT」の1日1ページタイプにしようかと思っています。サイズはB6、ご覧の通り色はベージュ。定価2,800円+税です。

このシリーズは、B6サイズ展開が豊富で、他にもタイプによっては、A5もA6サイズもあります。種類は1日1ページタイプから、週間ノートタイプ、週間バーチカルタイプ、そして月間のノートタイプなど。

紙面の綴じ方が、半年ごと(1~6月分、7~12月の2冊)に区分けして、1冊が薄く(半年分なので)持ち運びが便利なタイプもあったりして。

自分は、B6よりサイズが大きくなると、かなり年間になると分厚くなるので、持ち運びが少し不便という気がしたのと、自分の使い方だと、自分だけが分かればいいので、一日に一言だけで済ます場合もあれば、

一日に書く度量が増えてきて、たくさん書きたい時もあって。それで、1日1ページタイプにしました。紙面上少し従来のステレオタイプの手帳からの真新しさも感じられて。B6サイズ内での1ページが1日というくくりも、なんか気に入って。

そんな関係で、サイズはB6が適当かと。B6でも数あるバリエーションの中で、B6タイプで一番高価なものが4,800円タイプ。アーティストのデザインらしく、仕事柄そこまで派手なものを持つのは控えたい。

そして、お値段で手頃感というとB6サイズのバリエーションの中で、下(最も安いので2,000円?)から2~3番目の価格のものを選択。そして色は、ミルクティーみたいなイメージがして。撥水性もある表紙で、しかもカバン内で折れにくい。

そして、極めつけがこの手帳は、フランクリンコヴィー社の手帳のような、①ライフビジョン、②行動目標、③実行、そして④振り返り、がうまく廻ればできるようにシステマティックにできているようです。

今日は、仕事で佐々木かおりさん使用の手帳を自宅に置き忘れ、なんだか他にもハプニング続きで、それでも子供たちとは、くっちゃべる量は半端なかったし、部屋は散かり具合は相変わらずで。でも、まぁいい日かな。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら







ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« メイド喫茶お掃除姫隊、結成! | トップ | べブ先生、永遠に心の中に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事