東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

「桜田大臣の発言」について

2019-04-13 00:26:21 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「桜田大臣の失言」について、書きたいと思います。随分以前から、その発言について取り沙汰されていて、報道も過熱傾向にあります。

私自身は、もしかしたら大分ずれた認識を持っている人間かもしれませんが、本当に桜田大臣の発言は、そこまで取り沙汰されるほどの失言なのでしょうか。

私が20代の時、都内でお世話になった中小企業の多くの社長さんや、上司となった方々の像は、ほぼ桜田大臣に限りなく、発言形態、態様にしても近いものがありました。

それでも、皆から慕われ、言葉が拙くても、その意図するところに重点を置き、つつがなく事が済んで進んでいました。
▲政治家に求める像は、私だったらまず誠実性かな。

桜田大臣自身は、私がテレビで拝見する限り、人の良さそうな表裏の無い、謀事(はかりごと)を企てるような方には、とても見えません。それ故に、誤解されているような気がしてなりません。

確かに、口下手のようでおられて、何を言っても許されるわけではありませんが、それは単に桜田大臣をこんな形でしか国民は知ることができない故に、表面的な部分だけで、さも短絡的に判断してすべて桜田大臣の人柄が分かっている風な報道にも、なんだかすごくさみしさを感じています。

時すでに遅く、桜田大臣は辞任されましたが、政治家にすべてを求めるのは間違っています。それよりも人柄だったり、誠実性だったり、謙虚さだったり、判断力だったりとあると思います。言葉尻掴んで、批判することは、小学生でもできることです。

もっと私たちに求められていることは、政治家に求める万有ある像のうち、最も共通意識としてましてや日本人として、譲れない認識とは何なのか(またその順位付けを促す報道だったり)それを整理したり、もっと大らかな国民性を発揮すべきまさにその時に、きているのではないかと思えてしようがありません。

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

『テレビ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« こんな事業主にご用心 | トップ | 旧大臣の失言について2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事