東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

スゴイ無意識

2018-12-10 21:42:01 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

最近のニュースで、フランスのマクロン政権のことが取り上げられていますけど、一言言いたいんですけど、

同じ人間なので、マクロン政権が仏の国政に対して何をしようとしているのか、共感できる部分って、他国の人間でもありうると思うんですよ。

それを各放送局の特色に合わせて、放送して欲しいかなって。どういった歴史的経緯があるから、こんな価値観が蔓延していて、それでどうしようとしていて、各日本の放送局はどの辺に共感しているのか、みたいな。

NHKとかだと、その辺一般性を踏まえた内容にして下さる時もあって、民放だと、七五三のちとせ飴をブツッ、ブツッって、切ったかのような内容の印象が強くて、特にマクロン政権が何をしようとしているのか、

分かりにくい感じがどうしてもしてしまうのは、見ているニュースの時間帯が悪いのかなぁ。確かに夕方の報道では、視聴者のターゲットが違うんですかね。それとも、こんな感じは導入済みで、見ていて理解不足なのは、私だけなのかな。

まっ、一応大東文化大学(三流)卒業の、私のコメントですから、それもあり得ますよね。でも、もしもっとこんな感じになったらニュースがさらに一段とおもしろいかなって感じがしてしまうんですけど。
▲なぞなぞ♡これな~んだ?     答え フランスの国旗

適度に、情報内容に違和感を感じないような報道であれば、いいとは思うんですけど、なんだかしっくりこない感じ。

そうそう、話題は移って、感動した本があるんですよ。それは「なぜかうまくいく人の すごい無意識」梯谷幸司さん著フォレスト出版。

この本のP195~196に、片付けられない人と片付けが得意な人の脳内ストラテジーの違いが書いてあるんですけど、まさに目から鱗が落ちる感じです。片付けられない人、その私ですが、

私の場合は、日常にスポーツをする時間(水泳)をルーティンに組み込むだけで、ほぼ片付けられなさは解消されます。自然に片付けちゃうんで。意識はもちろんあるんですけど無いように、サクッといつの間にかキレイに。

ただ、そのルーティン化が、難問なわけですよ。泳いでいると肌の調子もいいし、頭の中が整理されるんでしょうね。睡眠時間をたっぷりとって、スポーツして、お仕事をしつつ勉強ができて、人のお役に立てていれば、

お役に立ち度合いは人によりけりですけど、究極の人間らしく生きられるって、そんなところにあるのかなって気がしています。そこにギャンブルは、私にとっては自分の人生のギャンブル度合だけで充分かなって。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら





『テレビ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 社会保険導入のすすめ | トップ | 就業規則の作成について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事