東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

秋空

2018-11-02 01:05:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、昔の心の恋人のことについて、書きたいと思います。
実は、大学時代、国際法研究会に加入して、初めての模擬裁判の国内大会で、(日本全国の大学の同じサークルの学生が会した大会だったのですが、)

そこで、初めて他大学のMさん(男性)にお目にかかりました。初めてのデートのような機会もあり、はつらつとした素敵な方という印象でした。

その時、実は他にボランティアを通じた好きな方が(片想いでしたが)その時はたまたまいて、Mさんだからこそ都合の良い嘘をつきたくなくて(その気持ちは、今でも)、好きな人がいると伝えた結果

いろんなことが、うやむやのまま、長らく時は過ぎ、その後も計3回前後、今の主人と結婚に行きつく前まで、二人きりでお会いしたでしょうか。
▲秋空

最後にお会いしたのが、確か私が20代半ばの頃、お別れしたあの新宿駅の改札前が、結局最後で、会っても特に何がこうあったということもなく終わったのですが、

ちょうど、自分が病気をして病み上がりの当時、今思うといったいそんな自分に何ができただろうかと思うのです。(何もできなかったかと)

病気のこともすべての方にひた隠し、無責任な行動は絶対取れなかったです。心も不安定だったし、何より彼は私をとても怒らせ、顔にこそ出さないものの、

その言葉への復讐心で燃え盛った自分の心を私はどうしても抑えきれませんでした。その結果、今があって。

今も、怒りはあるのかもしれません。あれから月日が経ち、自分は家庭を持ち、子供も生まれ、どうしていらっしゃるかと思うことがあります。

元気にしてくれていたらといいと思っています。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小さな後悔 | トップ | 徴用工での日韓関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事