東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

ラット講ビジネス?

2018-10-28 21:39:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、夕方あるセミナーに行って来ました。紹介で以前も似通ったものに参加したことがあります。

要は簡単に言うと、ネットビジネスにかけて、お金を払って会員になり、ねずみ講式に会員を増やすことに加担すると、破格のメリット(還元金なども)が受けとれるというものです。

メリットとは、過去のは5つ星ホテルや、航空券がビジネスクラスの席でエコノミー並かそれ以下の価格のお支払いで済み楽しめる、みたいな。

その時も、今限定で入金的なものを求められたり、会員が増える前に会員になっておくと先取特権的なメリットも最大、みたいな。

『金持ち父さんと貧乏父さん』(本)のレバレッジにかけて、その重要性の中でネットビジネスを展開するというものでしたが、今回もEC(Electronic Commerce)のネット版の壮大な構想のもので、
▲ネットビジネス

どのようにお金が入ってくるのか、仕組みはあいにくいつも理解不能なのですが、儲かるビジネスだからどうぞということだけは、はっきり理解しました。もちろん先に拠出金を募って。

一級建築(士)の叔父が昔(今も?)言っていました。物を右から左に流すだけの奴が今の世の中、一番儲かるんだよ、と吐き捨てるように皮肉を込めて。

で、最近オーストラリアに行った時も、飛行機はエコノミーで、ホテルも3つ星。そりゃ、安くて5つ星の最高級サービスが受けれたら、素晴らしいですよね。

とか、会員になったことによって、他人のフンドシでお相撲を取るみたいにして(金を稼いで)、その他人から受け取るものがチップ感覚で(ポイントで、自分の)お買い物が出来たら、そりゃ恩知らずの他人に対しては確かにお得感はあるかも。

でも、自分は、他人様が本当に心から喜ぶやり方でお金を生かしたい(支出したい)です。3つ星ホテルだったけど、客の私に目を輝かせて、心地の良いサービスを提供してくださった、白髪の紳士の姿が忘れられないから。

このような仕組みを考える方は、華僑の方も絡んでおられるようですが、このセミナーを聞いた後、日本の政治家の方々のテレビでコメントを述べられている面々の様子が頭に浮かび、

きっとピュアな方々なんだろうなぁ、と。国の国益の為に、議論が白熱しちゃうんですからね。でも、良かったぁ、今金欠(症)で。それじゃなきゃ、いろんな方から支払うお話しばかり頂くものだから。

無い袖は振れない、と約3回以上言うと、ようやく頭に届いてくれるみたいで。おっと、私のお客様の方々、金欠(症)と言っても、社労士保険には入っていますから、万が一の時のご心配は無用ですよ。

金欠(症)になってみて、(前から本当になってみたかったんですけど)、見えてくる世の中ってほんとありますね。何が無駄で、何が本当に要るものなのか、とか。

チップ感覚のお得感よりも、僕(しもべ)として、大切な方に(生涯)忠誠を尽くしたい、というのが、昔から今もその自分です。

お金を持っていそうな人(私)に、寄り添い、無いと分かると去っていく。人間の一つの心理ですよね。どうぞ。出口はすぐそこです。

社会貢献とうたわれて伺った今日ですが、結論だけではなくその手段はいかなるものなのか、あらかじめ見極めておくべき勉強になりました。

東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。因みに、「金欠(症)」という名のメンタルを病む診断を医師から受けたわけではありません。(笑)


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
« 部下に小言を。 | トップ | 小さな後悔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事