東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

歯の話題

2021-05-24 18:25:53 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、歯の話題について、書きたいと思います。

私は、実は中学から大学の初期まで、矯正歯科にお世話になりました。その後矯正についてメンテナンスが悪く、かなり凸凹感の残る歯並びへと戻っています。

先日、もうかれこれ私にとってこの2~3年内で5件目になるしょうか、矯正歯科を訪れました。もちろん、今までとは異なった治療アプローチの矯正歯科さんのクリニックです。
▲歯は一生の友

ヒヤリングと検査の結果、様々なことを考慮すると、どんなに安価でもやはり難しい、つまり治療開始を断念せざるを得ないことが(5件目にしても!)判明しました。

方法が無いわけではないけれども、自分の希望通りの経過も結果にもそぐわないし、そんなことより年齢の経年劣化を心配しろ‼、とは言われませんでしたが、ニュアンス的にはそのようでもあったかもしれません。

それでも、特別サービスと言って治療に付加して、暫く継続してお金を落としてもらおうと頑張る歯科さんでしたが、辞退すると手荒く、うがいの最中でも、診察椅子を下げられお暇(いとま)を急がされ、

そして、受付でお試しの当初の勘定、3,500円の札の重なりを確認している最中に、支払い催促のお声がけ、田舎者の私は慌てふためいて支払いを急ぎましたが、札数が合っていたのか心が残り…。

しかし、思うことは、お金を落としてくれる客と見れば丁重でも、その逆は慇懃無礼なこのような様は、この世の中の象徴的なある意味真実をついていて、その一抹への寂しさが伴うものだけれども、

そもそも一定額のお試し受診で、後の儲けに続かない客へのその儲けは、左程無かった故の正直さ、つまり慇懃無礼さだったのかもしれないと想像すると、何だか自社顧みる商売の難しさ故に、静かに帆糞微笑む私なのでした。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント   この記事についてブログを書く
« 返り血への憤りー身近に | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事