東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

家系図

2021-03-28 13:17:43 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「家系図」について、書きたいと思います。

私の母方の私の祖父の親戚に、当時民社党で法務大臣を務めた鈴木義男さん、という方がおられまして、それを立証すべくと思って、それが記してある家系図を見たいと思うのです。ところが、

私が20歳前後の頃、当時の学生時代のサークル活動国際法研究会で知り合った京都大学生のMさん(しばらく外務省に在籍されたようです)と、都内で日本文学の文豪のお墓巡りデートを数回した際に、記憶違いでなければ、

私の(塩田家分家)の家系図(代々のジェノグラム的なもの)を、参考として彼に渡しているんです。三流大学生の私としては、返却時を狙って再びお誘いを受けられたら…、みたいな愚かな感じだったような気がします。
▲「家系図」のキーワードで。

何しろ、持病の疾患の生り立てで、自分であって自分で無いような感覚でおりました時分で…。それでもって、彼との関係性はジ・エンドで以降一切音信不通、分かるのは名前だけ、今では生死も分からず今もって返却ももちろん無いです。

ですから、もしMさん、これを読んで家系図をお返し頂けたら、謝礼をもってお応えしますので、ご返却頂けませんでしょうか。本来であればこれを従兄(Mさんと確か同じ年齢?)に引き継がなければならなくて、

一応、親戚筋のどこかにはスペアはあるにはあるようなのですが、本当に困っています。従兄にも伯父にも、本当に申し訳なくて。

持病のことで思うことは、発症時というのは本当に様々な猜疑心(さいぎしん)や不安感があって、想像を超える行動力が出ます。ある総合病院の自らの受診登録の年齢や住所の記載を偽って書いたり、様々。

おかげで、障害申請を国にしようと思っても、その必要要件である障害認定日やその初診日を調べようと、当時の病院に掛け合っても、めちゃくちゃな初診登録を書いた覚えはあっても、

そのめちゃくちゃな内容は覚えていないので、自らのだと照合できず、プライバシー保護がかかってカルテの中身にたどり着くことができない、

カルテが例え運よく残っていて(保存期間は5年という決まりが…)、病院側に当時の年代に塩田優子という名前だけは、いみじくも残ってはいても(それだけは正しく書きました)…です。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント   この記事についてブログを書く
« はまっているもの | トップ | 商習慣 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事