東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

懺悔の日

2018-06-01 22:56:40 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の懺悔(ざんげ)の日です。私なんて、地球の奈落の底に落ちろ!!!、と言いたいです。

今日は、情報提供の日ではありません。なんてったって、懺悔の日なんですから。

理由をお知りになりたいですか?お知りになったら、恐らく私に対して同じことをしても、あなた(つまり私)もやっているんだから、許容範囲だよね、とお思いになる方もいるかも(!?)です。確かに、その通りです。

そして、それを承知の上で、このように文章に起こして書いている(皆さまに知らしめている)私は、やはり大馬鹿者なのでしょう。

実は、今日という今日、約束を反古にしそうになって、慌てて駆け付け、1時間遅れのお待たせ具合で、先方とキックオフ。

約束について、うっかりしていたんです。そんなことはめったにないのですが。この2~3日、朝2時起きで(と言っても、大したことをしているわけでは無いんですよ)

仕事らしきことをしていたこともあり、身体が睡眠時間を欲していて、ゆっくりしていたところ、突然先方から電話が。

そこから、約40分でタクシーすっ飛ばし、約束場所へ。結果、今日お会いして本当に良かったし、豊富も大きかったのですが、

どうも今日は、最悪です。それ以外に、理由はあるようで無いようなのですが。それは、

周りの方が、すばらしく輝いて見えることがあります。それに比べて自分のカットするニンジンは、こんなに不器用な形で、部屋はこんなんなっているし、食器や衣類は洗っても洗っても、絶えず汚れものは出て、山となるし。

あっ、干し忘れたと言えば、雨が降ろうが黄砂が舞おうが洗濯物を外に干し、あっ、外に出しっぱなしの衣類取り込み忘れた、とそれがそのままで2~3日続けば、流石にお嫁さん失格とおでこに烙印を押されたようで。

世の中、美しい方多いですよね。流石に私は、あんなに美しく振舞えないし、自宅では髪振り乱して、やくざみたいに子供たちに怒鳴り散らして、ほんと、美しくないなぁ。主人には喧嘩になれば頻繁に「ヒステリー」「大ボケ」と。

▲正しいです。ヒステリックだし、ボケてるし。

逆に私は私の母に、主人が私に感じているようなことを感じたりして。

そんな時、小学校時のピアノ教室から一緒で、大学時のアルバイトも一緒だった幼馴染のK君を思い出していました。彼の優しさは、こんな時にあったんだよなぁ、と。

もちろん、最後に私がふられたんですけどね。彼も先に結婚して。そして、行きついた先が、主人ではあるわけです。

本当に有難いことでございます。今宵はこの辺で。東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 国民皆保険の原点とは | トップ | 「大国の論理」への対処法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会保険労務士の日記」カテゴリの最新記事