東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

Cleanness

2018-09-30 22:16:55 | 掃除
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

台風の今日、被災されて避難しておられる方々に、お見舞い申し上げます。

日曜日の今日は、一つ仕事の予定がキャンセルになり、自宅で掃除を始めました。先週の金曜日のNHKのあさイチで勝間和代さんのインタビューに触発されて、早速始めたんですよ。掃除と片付けを。

実は、2~3か月前に東急ハンズに行ったときに、衝動買いで掃除のデモンストレーターの方の言うがままに、掃除用道具、洗剤一式かなり買い込んだんです。

もちろん、家族のうち、あるシニアの女性(それは、私の母)は、それに対し思いっきりのブーイングで。で、そのまま一式お蔵行だったんですけど、その中でも以下を出してきて、早速使ってみたんですよ。

ただの無色無臭の水なんですけど、口に入れても安全性が担保されているものです。子供が床に落ちたものでも、拾って口にいれることが、絶対ないとはいまだ言えないので、洗剤で床を拭くとやっぱり心配。

ただ、スプレーして雑巾で拭き拭きするだけです。リビングの床だけしか今日はできませんでしたが、しっかりきれいになりました。すがすがしくてさっぱりした感じ。これは、リピーターになりそうな予感。

自身の化粧も(恐らく掃除も)、誰に習ったわけでもありません。お店のデモンストレーターの方の下へ、何度も足繁(あししげ)く通って、商品を購入して、購入の失敗もあって、少しづつ要領が分かっていったので、

使ってみて、実感して、後味を吟味して、初めて自分の形や、ルーチンになっていくのかなって、考えています。もちろん、母のやり方(掃除の仕方)も取り入れてもいますが、やっぱり合点がいかないので。

後は、費用対効果の面で常に経済性も念頭に入れて、過度の負担にならないようであれば、母もこんなやり方考え方も分かってくれるのではないかなと思っています。

近日中、母が私宅(実は主人宅ですが)に来た時、まず必ず床に視線が行くので、そのきれいさに何か言うかな。褒めることしないんで、逆に散らかっているところの指摘だけはいつも欠かさないんで、困っちゃうんですよね。

最後に、私の好きな言葉「Cleanliness is next to godliness. 《諺》 きれい好きは敬神に次ぐ美徳」。私も掃除片付け、頑張らないと。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« Wonderful Tonight | トップ | 私の中学時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

掃除」カテゴリの最新記事