東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

中国と台湾の問題

2021-09-20 22:18:49 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、直近の中国と台湾問題について、書きたいと思います。

私は、予てから台湾は、いずれ中国に寄りそう形に収まると、考えています。
▲美しい中国を思い出す花

なぜなら、①現在台湾には、蔡英文さんを除いて、次にその地位に匹敵する逸材が果たして存在するのか、疑わしい事実。存在し得ない協力体制を組めるのが、現在の大陸中国の力故とも考えられ得るため。

②言語を同一とする民族性は、他の何よりも代えがたい存在故に、その重要性にそろそろ気付くべき時が、必ず近づいていると思うため。

③そもそも強きものに取り込まれる(長い物には巻かれよ)が、世の常ならば、必然的に中国に寄りそう形になって然るべきだと察するため。

故に大陸中国として、常に強き存在であるために、人口ピラミッドの層を欠いても、常に強国体制が永劫揺るがぬよう維持すべき努めが、台湾のためにも大陸中国には必ずあると私は考えます。

ですから、急いては事を仕損じる、ということを常に肝に命じて、私は大陸中国の存在の限りない可能性を、我が国資本主義と対峙してもなお、いつも信じているのです。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする