東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

今日の失態

2019-05-25 00:00:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の失態について書きたいと思います。

実は、最近家の片付けにおわれていて、今日も朝から晩までずっと片付けているんですけど、今日はたまたま主人の部屋(主寝室を主人用に)を片付けていて、本当は14時から子供のスクールカウンセラーの方との面談が入っていました。

根詰めて血眼にして片付けているため、どうしてもその時間に終わりそうもなくて、午前中に電話してキャンセルの旨伝言で伝え、さらに再度13時過ぎに電話してお詫びを伝えたから大丈夫と、すべて問題ないことだと思っていました。

一日を終え、今になって気付いたんです。また、やってしまったと。いわゆる自己中心的なことです。何をかというと、このような約束を反故(ほご)にしたことです。

心のどこかで相手が行政だから、という甘えもあったかもしれないし、カウンセラーの方は怒らないし、
▲面談中の図

正直相手を軽んじての行動だったかもしれません。しかし、カウンセラーの方は恐らく今日の内容を何か準備していたでしょうし、何より心の準備は絶対していたでしょう。

昔から(恐らく大学時代から)、このようなことがある自分でした。キャンセル後の再約束も自分の一方的な気持ち一杯にして、体当たり作戦で約束を取る、みたいな。その当時から変わらない傾向。

自分の周りも、意識してみると同じような趣の方もいたかもしれません。好きな相手から、同じような対応をされて、初めて気付くのです。軽んじられて初めて分かる気持ち。

あらゆるすべての方(自前の子供も)に対して、約束は大切にしたい、と思っていましたが、いつもこのようなのかもしれません。

失態、失態。だめだなぁ~、私って。しかし、本当はどうしたら良かったんでしょうか。電話口で素直に片付けが終わらないけど、こんな時どうしたらいいんですかねって、

ソーシャルワーカーの方なのでワンクッション置いて伝えながら、逆に尋ねても良かったかもしれないです。

そうです、そうです、今度からそうしましょ。皆さま、おやすみなさい。

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント