東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

Effort~私の努め~

2018-09-16 23:13:59 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

先日、社労士ソフトのエフアンドエムさんと、ソフト導入に伴って初めてご担当者の方とお打ち合わせを致しました。

弊社の資金難を察してか、後ろ足でパッパッと砂をかけていくような振る舞いをする同業社労士の方々もおられるんですよ~という私のお話しに、大笑い気味な子気味の良さを持つ方で、

垢ぬけた付き合いやすい方で、ほっとしています。そろそろ先日のお打ち合わせのお礼メールを送らねば。

私は、そもそも社労士として開業したのが2015年。今年が2018年ですから、もちろんお金も無ければ実力も無く、伝手も無ければ、知り合いも少ないという、無いない尽くめの社労士です。
▲かと言って、自分の実力を過大に見せようとしたり、やったことが無いことは、

はったりを言ってやったことがあるかのように振舞えと言われますが、自分はなぜかいつも正直にやったことが無いものは、今までは経験はありませんと言ってしまうのです。

おかげで、就業規則作成依頼があっても、逆に全額返金する羽目になったり、他にも様々な場面で過小評価される傾向にあることも事実です。

就業規則については、今度社労士会の就業規則作成セミナー的なものがあるので、もちろん参加する算段になっておりますし、こうやって今の自分の立ち位置の範囲で、ご協力を仰げる事業主様を大事にしてやっていく他ありません。

誰しも社労士になって、新米社労士時代がありましたように、これから社労士になる優れた未来の社労士の先生方に対しても、皆等しく新米の時代はあるはずです。

実力も無いくせに、でかい面をしやがってと言うような見解で、弊社をとらえておられる方ももしかしておられるかもしれませんが、何も私は決して実力以上に見せたり、嘘をついたり、意地悪をしようとしたり(されることはあっても)、

ましてや邪魔をするようことをしたこともありませんし、いつも公明正大であることを心掛け、それをモットーに振る舞いにも気を付けております。自慢や虚栄心を見せつけるようなことも言葉でも態度でも控えたいと思っておりますし、

どんな方にも平等感と等しく福祉の立ち位置から接するように気を付けております。情けは人の為ならずと強く強調したくなるような同業他者の方への言葉もぐっと飲みこみ、

ひたすら社労士会の発展と、社労士という士業への地位向上に向けた内容の、ブログを発信し続けているはずでございます(過去のブログをご覧ください)。

怒りを買うようなブログ内容ももしかしたらあるかもしれません。でも、私のブログを読むのはあなた様ご自身の選択の結果なんですよ。

私は、一度たりとも読んで下さいとあなた様に頭を下げた覚えも無いし、腹が立つなら読まないこともあなた様ご自身の選択なのですから。

もちろん、出来る限り多くの方に、ブログを読んで頂きたいです。それは嘘ではありません。でも読むことによって辛くなったり不愉快になるようなら、どうぞ、お止めになってください。

いつか、あなた様の怒りが解ける日がくるまで、しばしの、お別れですね。本当にいろいろご尽力ありがとうございました。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント