東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

何気ない親切

2018-08-15 21:21:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日午前中品川で仕事をし、午後から東京国際フォーラムで行われた「丸の内キッズジャンボリー2018」に子供たちを参加させた後の18時頃、小2の息子を10分カット「QB HOUSE 新橋店」へ連れて行きました。

「QB HOUSE」さんは、毎度息子のヘアカットをして頂いていて、新橋店は初めて伺う店舗です。

実は、私の母も「QB HOUSE」さんでカットして頂いていて、先日カットして頂いた時には、偶然樹木希林さんのような素敵な髪型にして頂いて、1000円前後でありつつ、家族共々ほぼ毎度大満足しております。

実は、「QB HOUSE 豊洲店」で仕込まれている私は、そもそもカットする方のみしか、待合席に着席すべきでないと教わっていて、何も知らん顔して息子だけカットするために、娘と私との3人も席の幅を占めると、

新橋店の待ち席の約半分を占める上に、外から空き具合を覗き見る見込み客が去っていくのが明らかでしたので、始めから息子だけは座らせ、娘を立たせられる時は立たせ、私は店の外で立って順番を待つことに。

それによって、観察していると外観から、空き状況を確認してから、店に入った客が確か3~4人は居たでしょうか。私が店の外で立つことによって、約4000円前後の売り上げに貢献できた(?)わけです。

外に立ち尽くし45分前後以上過ぎたでしょうか。その間せめて娘だけは座るように(娘は髪は切らない)促してくれた年配の客の男性がいて、私が外で待っている間、その方が子供たちに何かと世話を焼いて下さったり。

私事でも、暗闇にただ立ち尽くしているわけですから、一日の終わりでヒールを履いている足は実はズキズキ痛むし、よって足先を靴を一瞬脱ぎポイントトウ(?)にしたり、フレックスにしたり、音楽をイヤホンで聞いたりして。

同じように道に立尽くしているのも、飲み屋の客引きの男の子と、横断歩道の信号待ちのサラリーマンの群れのみで、皆さん同じようにお疲れでしょうが、私も、店内で座る訳にも参らず。
▲結局息子の髪は、ハンサムに仕上げて頂いて(翌日の今日、さらに形カッコよくなって)

店員さんにお礼と先ほどの世話を焼いて下さった年配の男性にお礼を告げ、店を後にしました。

ほとほと疲れましたが、その後用あって訪れた新橋のヤマダ電機さん(国内家電量販店業界内での賃金水準は、年収ベースで第13位でー平均年収392万円!)ですが大変ご親切にして頂いて(平均年収の割には、サービスはピカ一かな。社員のやる気をすべて報酬でコントロールしているわけではなさそうですよ)

店舗内のソフトバンクさんには、夜分の為客引きのガチャガチャをさせて頂けないとがっかりした息子に、家族分のジュース缶を無料で頂戴したり。

何気ないご親切が本当に有難く身に染みた、うれしい一日でございました。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
〒108-0075 東京都港区港南4-7-55-306 >>グーグルマップで見る
TEL 090-9318-5293
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント