がん再発・「がんじー」のトホホ日記  がんを旅の道づれにして

山頭火を追い、日々の小さな出来事やスポーツ、旅先で出会った事をお知らせします。ガン摘出のため傷だらけ。人生、負けない。

白内障で人生が変わったぜよ・・。記事が書けんのじゃが?

2016年04月25日 | 機関車

コメント

狼しゃんばパチリ・・。免許書の写真ば見て驚いた。

2016年04月24日 | 機関車

昨日は付き添いしゃんと焼肉ば行く。少ししか食べれんけんど、1ヶ月に1回の贅沢じゃが。免許証の出来上がった写真ば見て驚いた。5年前の写真と服装がそっくりじゃが。つまり上に着たラガー風のトレーナーを5年前から着ちょるんじゃが。なんと物持ちがええ、ガンジーじゃのう。天の声「そういえば、下着も・・。ぷぷぷ」

コメント

狼しゃんばパチリ・・。免許書の写真ば見て驚いた。

2016年04月24日 | 機関車

昨日は付き添いしゃんと焼肉ば行く。少ししか食べれんけんど、1ヶ月に1回の贅沢じゃが。免許証の出来上がった写真ば見て驚いた。5年前の写真と服装がそっくりじゃが。つまり上に着たラガー風のトレーナーを5年前から着ちょるんじゃが。なんと物持ちがええ、ガンジーじゃのう。天の声「そういえば、下着も・・。ぷぷぷ」

コメント

泣けたでウェ~ン、またTVネタで すんましぇんな~・・。

2016年04月23日 | 機関車

NHKのハートネットTVであった「父親が日本人で母親がコンゴ人の3人兄弟」の話じゃが。一番下の弟が「自分のアフリカンの血が嫌い、自分を捨てた(誤解)母親が許せない」という気持ちのまま大きくなったんじゃが。そんで兄達が「コンゴ・母親に会うツアー」ば企画して実際、旅行した話じゃが。泣けた、なけたのう。親に捨てられ、自分肯定の気持ちが持てない、日常が地震のごつ揺れる不安な気持ちが、父親が自殺したガンジーにゃあ、よう分かる。ガンジーは、その気持ちば乗り越えるまで50年近くかかってのう。んまあ、つらかったのう。んまあ難しい話になったけんど後悔のないように生きていってや・・。「天の声 シクシク、くしゅん」

コメント

NHK・Eテレ放映。「私はがんサバイバー」ば見る。泣けたのう、シクシク・・。

2016年04月22日 | 機関車

こんTV「私はがんサバイバー」ば見たけんど、熱い涙がポッロポロ。肺ば悪うした患者は医者の検診で「残り数ヶ月」と宣言された。けんど、本人は闘病記ば記録し、かつ新たな治療法ば探して生きるうちに6年ば生き抜くことが出来たんじゃが。かつ、がん完治の為に これからも生き続ける、ちゅう物語りじゃが。気負いも無く、派手な部分も無く、悲劇のヒロインぶった所も無く、淡々と一個人の記録として撮ってあるっちゅうんが胸に響いたのうポロポロ・・。是非、続編も見たいのう。天の声「おや?まだ美しいものを感じる心があったんですかね、ぷぷぷ」

コメント