がん再発・「がんじー」のトホホ日記  がんを旅の道づれにして

山頭火を追い、日々の小さな出来事やスポーツ、旅先で出会った事をお知らせします。ガン摘出のため傷だらけ。人生、負けない。

短い人生、楽しませてもらってますー。

2018年05月19日 | 機関車

なんと、目の前にミサゴが

グシャンと音を立てて落ちてきたが。

 

 いつもは「ミサゴがこんかのう」

とブツブツ言いながら、ミサゴが来るんをマッチョル

けんど、なんと、突然大きな音ば立てて、ミサゴが

目の前の河に飛び込んできたんじゃ。

いや、そん様子は飛び込むっちゅうより

落ちてきた、ちゅうほうがピッタリじゃが。

そん時の人間は「ヒャー、ワ~、ゲー」など、大慌て

でカメラを持つ手は震えまくり、みんなピンボケじゃ。

見るとミサゴしゃんは、しっかり脚に魚を捕まえちょる。

ヤッタデー、ガンジーの声が響くのう。

ミサゴしゃんは、人間共にチラッと一瞥して

大空に飛び去っていったんじゃのう。

なんと、美しいのう。

 

 このミサゴしゃんは「4時の待ち人」っちゅうて4時頃に

サッと飛来して魚をサッと取って帰るんじゃ。

そんでジーシャンが「4時の待ち人」っと命名したんじゃ。

ほんま、短い人生ば楽しませてもらってまする、ポリポリ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 狩りの名人じゃが・・・ | トップ | この死にぞこないが・・・こ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

機関車」カテゴリの最新記事