礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

第一銀行、「韓国貨幣問答」二万部を配布

2019-05-19 07:23:43 | コラムと名言

◎第一銀行、「韓国貨幣問答」二万部を配布

 土屋喬雄著『渋沢栄一伝』(改造社、一九三一)から、別篇の一「朝鮮に於ける渋沢栄一」の(二)「朝鮮に於ける渋沢」を紹介している。本日は、その四回目。昨日、紹介した部分のあと、改行して、次のように続く。

 露国が三十一年〔一八九八〕四月の日露協商(韓国独占承認、内政不干渉)に反して北清事変に乗じ兵を満洲に入れ更に韓国を威圧するに及んで、三十七年〔一九〇四〕二月日露開戦となつたが、日露戦役の勝利は韓国から露国資本を完全に駆逐して、之を日本の独占的支配の下に置いたのである。既に日露戦争起るや、日韓両国は攻守同盟を結び、その十月男爵目賀田種太郎【めがたたねたらう】は韓国政府財政顧問となり、建議して白銅貨の流通を停止し、新貨の鋳造を我が大阪造幣局に委託し、更に第一銀行券を法貨として公認する代償として無償にて第一銀行に国庫金取扱事務並に貨幣整理事務を担任せしめた。新貨幣成るや第一銀行「韓国貨幣問答」と称する小冊子二万部を各地方に配布し、行員を派して旧貨と交換せしめ又は地方に取引を有する商人には無利息にて貸与し、旧貨の返送に運賃を支給する等種々の方法を以て新貨幣――それには日本資本の血が通つてゐる――の流通に努め、貨幣整理の効を挙ぐることを得た。
 国庫金取扱に何等の施設なきこと、国庫金収支の不正確が従来の韓国財政紊乱の主たる原因であつたが、三十八年〔一九〇五〕一月第一銀行が委託を受けて金庫出納役の地位に立つや、京城支店を中央金庫とし其他の支店出張所を支金庫とした。更に支金庫なき地方の郵便局を金庫出張所とし馬山、咸興、鏡城に支金庫を増設し、四十年〔一九〇七〕一月には韓国の農工銀行その他の銀行を以て京城総支店の代理とし、支金庫の事務を扱はしめ、国庫金出納の完備を期した。かくして韓国財政は完全に日本資本の手に落ちたのである。【以下、次回】

 文中、「血が通つてゐる」という表現があり、通に「とほ」というルビがあるが、「かよ」が正しいのではないか。

*このブログの人気記事 2019・5・19

コメント

第一銀行、事実上の韓国中央銀行に(1905)

2019-05-18 01:55:06 | コラムと名言

◎第一銀行、事実上の韓国中央銀行に(1905)

 土屋喬雄著『渋沢栄一伝』(改造社、一九三一)から、別篇の一「朝鮮に於ける渋沢栄一」の(二)「朝鮮に於ける渋沢」を紹介している。本日は、その三回目。昨日、紹介した部分のあと、改行して、次のように続く。

 上に述べた如く露西亜【ロシア】側の妨害にも拘はらず、渋沢栄一等の努力効を奏して刻印付一円銀貨は合法性を得たが、金本位制の採用によつて其の後発行しなかつたのであるから流通高も従つて減少し、北清事変〔一九〇〇〕に至つて悉く流出して跡を止めず、之に加へて同時に流通してゐた日本銀行兌換券【だくわんけん】も漸次回復せられてしまつたので、明治三十三四年〔一九〇〇、一九〇一〕頃には清国及び我国商人の手形類、官鋳私鋳の白銅貨等が主として流通し、貿易の障礙及び海関税取扱上の不便は特に甚しかつた。此処に於て第一銀行は日本政府の諒解の下に在韓支店に於て要求次第日本通貨と引換ふべき無記名式一覧払【ばらひ】の銀行券発行を計画し、三十五年〔一九〇二〕五月より拾円、五円、一円の三種合計百三十万円の銀行券を発行した。然るに親露派の官吏は之に対して頻【しき】りに妨害を加へ、外務大臣趙秉式【てうへいしき】は九月銀行券授受の禁止を各港に命じた。この時は代理公使萩原守一〈モリイチ〉の抗議によって翌年〔一九〇三〕一月該【がい】禁令は取消されたが、間もなく二月趙に代つて李道宰【りだうさい】外務大臣となるや、再び禁止令を布き、京城府尹【けいぢやうふいん】も亦銀行券を授受する者を厳科に処することを掲示したので、銀行券の引換を要求するもの第一銀行支店に殺倒し、京城仁川は就中【なかんづく】甚しかつた。当時帰朝中の林権助公使は急を聞いて軍艦高砂【たかさご】に乗じて帰任し、萩原代理公使と協力し強硬なる抗議を開き、遂に十二日夜此の禁止令は撤回された。此時第一銀行の『受けたる損害は固【もと】より大なりしも、此機会に於いて、基礎鞏固【きやうこ】にして何時【いつ】にても銀行券の交換に応じ得べき実力を有することを内外に示し』(「第一銀行五十年小史」)、次いで三十六年〔一九〇三〕銀行券規則の整備をなしたので、愈々その信用は高まり、三十七年〔一九〇四〕末には発行総額三百三十七万余円に上つた。そして遂に三十八年〔一九〇五〕一月それまで私的取引手形にすぎなかつた第一銀行券は韓国によつて法貨たることに公認され、公私の取引に差支へなく無制限に通用し得ることとなつた。此処に於て第一銀行は事実上韓国中央銀行となり、四十二年〔一九〇九〕十一月韓国銀行に引継ぎの際には千百八十余万円の銀行券を発行してゐた。今や日本資本は完全に韓国の動脈を流れたのである。【以下、次回】

 文中、「府尹」とあるのは、韓国各府の長官のこと。「府」は、日本の「市」に相当する。

*このブログの人気記事 2019・5・18

コメント

第一銀行からの借款30万円の抵当は「官蔘」

2019-05-17 03:32:21 | コラムと名言

◎第一銀行からの借款30万円の抵当は「官蔘」

 土屋喬雄著『渋沢栄一伝』(改造社、一九三一)から、別篇の一「朝鮮に於ける渋沢栄一」の(二)「朝鮮に於ける渋沢」を紹介している。本日は、その二回目。昨日、紹介した部分のあと、改行せずに、次のように続く。

この後は工事進捗の度を速め、早く三十二年〔一八九九〕九月には仁川鷺梁津【ろりようしん】間二十哩【マイル】を開通し、三十三年〔一九〇〇〕七月には京城仁川間の全通を見るに至つた。これ韓国鉄道の嚆矢であり、同時に我国人の外国に於て鉄道経営をなした最初のものであつた。京仁鉄道は韓国の最枢要地たる首府と開港とを連絡する事恰【あたか】も我が国京浜間の如き重要なる鉄道であつて、殊に仁川は実に南北支那より韓国に入【い】る門戸を占めてその後の貿易の発展著しいものがあつた。されば仁川京城の発展に伴つて京仁鉄道の発展も目ざましく、三十九年〔一九〇六〕の鉄道国有に当つては、明治三十五年〔一九〇二〕後半期より三十八年〔一九〇五〕前半期の六営業年度に於ける建設費に対する益金の平均割合を買収の日に於ける建設費に乗じたる額の二十倍を以て買収せられた。そして建設より国有までその発展に最大の努力を傾けたものは、此処【ここ】でも渋沢栄一であつた。渋沢は又三十一年〔一八九八〕九月計画せられた京釜鉄道にも発起人として名を列【つら】ね、尽力する所少くなかつたのである。
 三十三年九月在韓の米人コールブラン、ボストヰツク、宮内府顧問サンズ等が韓廷の大臣内官と結託し、韓国政府に対し海関税を抵当として五六百万円を貸付け、以て京城に於ける水道工事、特権銀行設立等の利権を獲得せんとする計画が曝露【ばくろ】した。驚いた日本政府は林権助【はやしごんすけ】公使をして此【かく】の如き借款は日韓貿易の障礙【しようがい】なりとの抗議を韓国皇帝に提出し遂に之を中止せしめた。そして一方幣制改革、京城水道工事、沿岸灯台建設等の費用に供するために海関税を抵当とする五百万円の借款が第一銀行との間に締結された。然しながらこの借款中二百万円の貸下【かしさげ】を政府予備金中より支出することを決した山県〔有朋〕内閣に代つて伊藤〔博文〕内閣組織されるや、韓国借款を不可としたので遂にこの計画は不成功に終つた。この後仏国【ふつこく】借款の計画あり、米国借款団の運動あり、この間第一銀行も政府と協力し屡々韓国との借款成立に力める等、韓国内部の暗闘と相俟つて同国は各国資本の抗争の舞台と化したが、日本資本は列国間にあつて著々【ちやくちやく】とその地歩を固めて行つた。
 (註) 第一銀行の韓国政府に対する借款は明治十七年〔一八八四〕より三十八年〔一九〇五〕に至る間に、不成立に終つた右の一回を除けば凡そ〈オヨソ〉次の六回であつた。
  時 期      金 額      使 途    抵 当
一、十七年二月    墨銀二万四千弗  三港海関用  海関税
二、二十八年一月   二十五万円    ――     海関税
三、三十三年三月   三十万円     ――     官 蔘
四、三十四年より三十
  八年四月まで七回 合計百二十三万円 軍器代金等  租 税
五、三十五年九月   十五万円
  三十六年三月   十万円      度量衡改正  ――
六、三十八年一月   三百万円     貨幣整理   ―― 【以下、次回】

「註」の表にある「官蔘」という言葉が珍しい。韓国政府が管理している人蔘(にんじん)という意味か。

*このブログの人気記事 2019・5・17(10位に珍しいものが入っています)

コメント

渋沢栄一、京仁鉄道合資会社の社長に(1899)

2019-05-16 04:32:58 | コラムと名言

◎渋沢栄一、京仁鉄道合資会社の社長に(1899)

 土屋喬雄「朝鮮に於ける渋沢栄一」の紹介に戻る。今月の一〇日から一二日かけて、(一)「日本資本主義に対する朝鮮の重要性」を紹介した。本日以降は、(二)「朝鮮に於ける渋沢」を紹介する。

  (二) 朝鮮に於ける渋沢
 日韓両国の関係はいよいよ密接を加へていつた。三十二年〔一八九九〕二月には京城【けいじやう】に於て日本語を以て朝鮮人を教育する学校として海外教育会によつて経営されてゐた京城学堂の拡張基金募集のための会合が帝国ホテルに開かれた。当時大日本海外教育会の会計監督の職にあった渋沢は、席上次の如く述べて周旋【しうせん】大いに努めた。この演説の中に京城学堂が韓国に対する文化的「進出」の一先鋒として当時如何なる重要性を担つたかを見ることが出来よう。
『朝鮮人の日本語に依つて教育されて居る有様を見て大層好い心持が致したのでございます。』
『今此の政治上経済上から必要だと云ふ伊藤〔博文〕侯爵、大隈〔重信〕伯爵の御話以外に私共に於ては目前の有様を見ましても至つて便利である。御案内の通り朝鮮人は至つて柔順である。且今申す通り覚え易い人達に一と通りの教育をして言葉にも通じさせる。其中の良い者は追々今申す商会とか銀行とか会社とか云ふものに引揚げて使ふと云ふやうなことになつて行きませう。さうすると決して彼に利益を与へるではない。寧ろ我の便益を生ずると云ふ方が多くある位に行かうと思ふ。』
 而【しか】して自ら進んで千円の寄付をなすと共に、伊藤大隈より各千円、実業家より十万円の寄付を得ることに成功した。 、
 三十三年〔一九〇〇〕七月には京仁【けいじん】鉄道全線開通し、彼我【ひが】の貿易を始め両者間の関係はいよいよ密に、韓国開発は更にその速度を加へるに至つた。
 京仁鉄道はもと米国人ゼイムス・アール・モールス(横浜米国貿易商会主)が明治二十九年〔一八九六〕三月韓国政府より敷設営業の特権を得たるに始まる。これよりやゝ遅れて六七月の交【かう】渋沢始め我国有志者中に韓国内に鉄道を敷設し、運輸交通の便を開くは、我国の対韓政略上欠くべからざることであるとして京釜【けいふ】鉄道敷設を計画せられたが、韓国政府との交渉遅々として運ばず、一方モールスも米本国に於ける資金調達不成功に終つて苦境に陥つてゐたので、此処に両者間に協議進められ、三十年〔一八九七〕五月四日渋沢栄一始め岩崎久彌【きうや】、三井高保【たかやす】、大倉喜八郞、安田善次郞、今村清之助【せいのすけ】、益田孝【たかし】、中上川彦次郎【なかがみがはひこじらう】、瓜生震【うりふしん】、荘田【せうだ】平五郎、前島密【まへじまみつ】、松本重太郎【ぢうたらう】、原六郎、原善三郎、大谷嘉兵衛【おほたにかへゑ】の十五名にモールスを加へ十六名を以て、『朝鮮国京城仁川の間に汽車鉄道を敷設し、運輸業を営むの特許を得たる米国人ゼイムス・アール・モールスより其業を引受け、他日之を日本商事会社に譲り渡す目的』の下に京仁鉄道引受組合【ひきうけくみあひ】が組織され、渋沢は推されて委員長となつた。そして鉄道完成の上は金貨百万弗【ドル】を以て買受くる契約がモールスと組合代表者渋沢、増田、瓜生三氏の間に締結され、組合は、工学博士仙石貢【せんごくみつぎ】を顧問に、工学士吉川三次郎を監督技師に任じ、モールスの工事を監督せしむると共に、一方政府に請願して資金の一部貸付の予約を受けた。然るにその後モールスとの間に紛議生じ、三十一年〔一八九八〕十二月の出来形【ぢきかた】を以て即時売買取引をなすこととなり、 翌年〔一八九九〕一月鉄道に関する全財産実地引継の手続を了【れう】した。これと同時に組合を変じて公然たる法制上の会社組織とし、京仁鉄道合資会社を創立し、資本金七十二万五千円、渋沢、増田、瓜生三氏を取締役に、渋沢は推されて社長に就任した。【以下、次回】

 人名の読みは、原ルビに従った。岩崎久彌は、「いわさき・ひさや」、前島密は「まえじま・ひそか」が正しいとされている。

*このブログの人気記事 2019・5・16(8位に極めて珍しいものが入っています)

コメント

「降りることは、上がることよりずっとむずかしい」村上春樹

2019-05-15 05:22:52 | コラムと名言

◎「降りることは、上がることよりずっとむずかしい」村上春樹

 村上春樹氏は、エッセイ「猫を棄てる」の最後で、もう一匹の猫の思い出を綴っている。その猫は、白い可愛い子猫だったが、ある日、村上少年が見ている前で、庭の松の木をするすると上っていった。あまり高いところまで上ったので、ついに降りられなってしまった。その猫が、その後、どうなったかわからない。その猫は、松の枝に「しがみついたまま、死んでひからびてしまった」のかもしれない。少なくとも、村上少年は、松の木を見上げながら、そのように想像したという。
 この話もまた、寓話であろう。村上氏の文学は、みずからの根にあるものを「棄てる」ことによって、高い境地にまで達することができた。いま、ヨワイ七十に達し、あらためて、みずからの根にあるものを意識された。今後は、そうした根にあるものを踏まえながら、新しい文学を目指そうと決意された。ところが、根にある部分まで降りてゆくことが、意外に困難であることに気づいた。――村上氏は、この寓話で、そういうことを示唆されたのではないだろうか。
「降りることは、上がることよりずっとむずかしい」とは、松の木から降りられなくなった猫を見て、少年時代の村上春樹氏が、心に刻んだ教訓である。おそらく村上氏は、このあと、むずかしいとされる「降りること」にチャレンジされてゆくのではないだろうか。

*このブログの人気記事 2019・5・15

コメント