礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

本庄栄治郎の「序」(坂上信夫『土地争奪史論』)

2014-07-26 05:42:18 | コラムと名言

◎本庄栄治郎の「序」(坂上信夫『土地争奪史論』)

 坂上信夫の『土地争奪史論』(大同館書店、一九一一)について紹介をしている。本日は、本庄栄治郎の「序」を引用してみる。

 
 人間生活の過程としての歴史は、其生活の内容が政治法制芸文経済等あらゆる事相の関係と作用とを包摂すると云ふ事から考へて、又それ等凡ての作用と事相との発展的過程でなければならぬ。されば国民生活の史的発展を考究する為めには、其何れに偏する事も許されない有機的相互関係を有する。寧ろ史的発展は、相互作用の推移其ものであると謂ひ得る。従来の史的研究が歴史は英雄の伝記であるといふカーライルの信条と主張の如くに、只其人類生活の一側面に偏した事について、漸く目醒めて来た事は怡ぶ〈ヨロコブ〉べき学界の傾向と謂はねばならぬ。
 かくして、経済史的研究も、今や正に熾烈なる学界の熱望を喚び起さうとして居る。凡そ経済的事実が過去の生活に対して、如何に重要にして、且つ親密な作用を有して居たか。現在と未来について、亦如何に重要な関係と作用を有するか。それは、茲に敢て贅説を要しない。従つて夫れに対する研究の目的と価値と効果に付いても、徒冗の言説を要せずして自づから明〈アキラカ〉であらう。
 坂上氏の此述作は、蓋し此意味に於て正に一読に値すべき事を信ずるものである。本書は、土地所有権の変遷を基調とする見方から書かれたものであつて、著者は其志向として経済的事実に即き〈ツキ〉ながら、それを離れた態度に於て、人間の生活を反省しやうとしたものらしい。即ち人間生活の基調をなす経済的事実を中心として、其発展の迹を辿りながら広く生活の分野に亘るHuman natureの本来の姿を掴まうとしたのであらう。著者が何等特別なる教養をも受けて居ないと云ふ事が、却つてかくの如く自由にして特異な見方を能くする事を得た所以であつて、其処に著者独特の立場と、この述作の異彩があらうと思はれる。敢えて一文を序して江湖に薦める所以である。
大正十年三月 菁莪書屋に於て 本庄栄治郎識

 本庄栄治郎(一八八八~一九七三)は、のちに日本経済史の権威となるが、この「序」を書いた時点では、まだ京都帝国大学経済学部の助教授であった。

コメント

三浦周行の「序」(坂上信夫『土地争奪史論』)

2014-07-25 05:34:56 | コラムと名言

◎三浦周行の「序」(坂上信夫『土地争奪史論』)

 坂上信夫の『土地争奪史論』(大同館書店、一九二二)について紹介をしている。本日は、三浦周行〈ミウラ・ヒロユキ〉の「序」を、本庄栄治郎の「序」を引用してみる。

 
 坂上氏の此著書を読んだ私の眼には、著者が我歴史の推移を仮りて其人生観を述べたらしいところに、特異な色彩を認めた。経済史的方面、殊に土地制度に関する考察が、他の記述に比して、稍〈ヤヤ〉精しくないでもないが、それにしても、此書名に対しては、おのづから別段の工夫があつたらうと思はれるし、著者の目的は、勿論其処〈ソコ〉にはなかつたのであらう。私の観測が若し誤〈アヤマリ〉ないものとしたならば、読者は少壮有為の資に富める著者の処女労作より、其独自の見解をも含んだ人生観を体得するを以て満足すぺきである。
 鎌倉神明前僑居に於て
 大正十年八月 三浦周行

 三浦周行は、『法制史の研究』(一九一九)などで知られる法制史の大家で、この当時は、京都帝国大学教授だったはずである。
 彼は、この「序」で、この『土地争奪史論』という本は、学術書とは言えず、専門的な研究としても書名に負けているが、著者の人生観を味わうことだけはできよう、としている。私はまだ、三浦周行という碩学の著書に親しんだことはないが、この「序」を読む限り、誠実・率直にして、洞察力に富んだ人物ではないかという印象を持った。

*このブログの人気記事 2014・7・25

憲兵はなぜ渡辺錠太郎教育総監を守らなかったのか

坂上信夫『土地争奪史論』の自序

「変体仮名」廃止の経緯(春日政治『国語叢考』より)

カットされた映画『姿三四郎』と河原畑寧氏による補綴

石原莞爾がマーク・ゲインに語った日本の敗因

吉本隆明のいう「関係の絶対性」は、「脱倫理」の論理

1946年元旦の詔書に対する詔勅講究所長・森清人の...

福沢諭吉、内村鑑三に反発し「銭」より「名誉」を説く

5・15事件の黒幕・大川周明を上野駅で逮捕できず

隠語の分類あるいは隠語の作り方

コメント

坂上信夫『土地争奪史論』の自序

2014-07-24 19:40:04 | コラムと名言

◎坂上信夫『土地争奪史論』の自序

 坂上信夫の『土地争奪史論』は、一九二二年(大正一一)、大同館書店刊。この本の巻頭には、三浦周行の「序」、本庄栄治郎の「序」、そして著者による「自序」が置かれている。
 本日は、このうち、「自序」を紹介してみよう。世にも珍しい「詩」の形をとった自序である。

 自序

 土の歴史である。
 土の上の争奪の歴史である。
 過去といふ名に葬らるゝ生存の過程は、
 果して我等が生活の残滓に過ぎないだらうか。

 空しい脱殻に命はない。
 しかし、其処にも亦われらの姿は残るであらう。
 私は土の上に残されたその脱殻を拾つて見る。
 それが決して徒爾ではないことを信ずるから。

*このブログの人気記事 2014・7・24

1 憲兵はなぜ渡辺錠太郎教育総監を守らなかったのか

2 石原莞爾がマーク・ゲインに語った日本の敗因

3 安重根の過激な発言で旅順での公判は傍聴禁止

4 古畑種基と冤罪事件

5 血液型論争と長崎医科大学事件

6 テレタイプシェッターという植字機

7 福住正兄の日本語論と文章論(『二宮翁夜話』より)

8 柳田國男も高く評価した『日本巫女史』(付・柳田國男...

9 敗戦と火工廠多摩火薬製造所「勤労学徒退廠式」

10 津村秀夫、『カサブランカ』を語る(1947)
 

コメント

坂上信夫『土地争奪史論』(1922)について

2014-07-22 05:39:21 | コラムと名言

◎坂上信夫『土地争奪史論』(1922)について

 昨年一月三日に、「坂ノ上言夫、坂ノ上信夫は同一人物、ではその本名は?」というコラムを載せた。ソコデハ、坂上信夫=坂ノ上信夫=坂ノ上言夫の略歴、業績などを紹介し、その本名について考察した。
 ちなみに、坂ノ上信夫『幕末の海防思想』(東洋堂、一九四三)ノ掲げられている「著者略歴」の冒頭は、次の通り。

 著者略歴
 坂ノ上信夫 さかのうへしのぶ 鹿児島に生れ、明治四十五年三月、県立第二中学校を卒業し、上智大学哲学科に学び中途退学す。爾来法制史を中心としてひろく日本思想史を独学自修す。
始め拷問史、日本刑罰史藁等の刑罰史に関する二三単行本と、約五十篇の雑誌論文を発表し、また「土地争奪史論」(大正十一年、神田大同館)を発表したるが、大正十二年、徳

川幕府編纂として林大学頭述斎以下二十三名の儒官により二十四年間の日子を費して撰られたる内閣文庫秘本「朝野旧聞▲藁」〈チョウヤキュウブンホウコウ〉の覆刻を独力編輯し、その第一巻(四六倍判千五十頁)を刊行し、第二巻編輯中、関東大震災によりて事業停廃のやむなきに至る。

 ▲という字がプレビューで出ないが、衣という字を上下ふたつに分け、その中央に臼という字である。
 その後、略歴中にあった『土地争奪史論』を入手した。この本の著者名は、奥付および背表紙では「坂上信夫」。しかし、本扉では「■上信夫」となっている(表紙には、書名・著者名ともなし)。■というのは、偏が山、旁が反という字で、おそらく「坂」の異体字であろう。
 このあとしばらく、この本について、紹介してみたい。ただし、都合で、明日から数日、ブログをお休みさせていただく。

コメント

古典保存会は原本の真面目を伝へむを期せり

2014-07-21 05:35:25 | コラムと名言

◎古典保存会は原本の真面目を伝へむを期せり

 昨日の続きである。古典保存会から刊行された「古事記真福寺本」の下巻(一九二五)の末尾にある、山田孝雄による「解説」を紹介している。本日は、その五回目(最終回)。昨日、紹介した部分に続き、改行した上で、以下が続く。
 なお、明日は話題を変える。

 本書の書写はかく応安年間のものなるが、その本づく所は文永の本にあること奥書んいて明かなりとす。これらの事及び、本書が古事記の研究上に貴重なる資料たることは既に菅政友〈カン・マサトモ〉の「真福寺古事記由来考」に明かにせる所なれば、今贅言〈ゼイゲン〉せず。
 本書中巻には札記〈サッキ〉四葉あり。その用紙は薄き楮紙〈コウゾガミ〉にして第二十九張左、第三十八張右、第三十九張左、第四十六張左に之を貼せり〈チョウセリ〉。その札記の文を案ずるにいずれも占部兼文の案にして第二十九張及び第三十八張なるは古事記裏書なると同文なること知らるる所なるが、しかも文句に異同あるは研究上貴重すべき〔だいじにすべき〕点なり。その他の二葉も同じく古事記裏書なるべけれど、現存の本には見えず。この中巻にはなほ、兼文の注文〔注記〕を頭書〈トウショ〉にせるところあり。この事は上下の二巻と趣を異にせるものなるが、既にその奥書に見る如く中巻は別本を以て補写せるものなればなるべし。これらの事は古事記の伝来を研究するに重要なる事項なるべけれど今言及する遑〈イトマ〉を有せず。
 本書は従来極めて名高かりし〈ナ・タカカリシ〉に反して之を資料として真に研究せる者あらざりしは要するに容易に座右に置くを得ざりしに由る。今本会〔古典保存会〕はすべて原本の真面目〈シンメンモク〉を伝へむを期せり。学者まさに信をおいて可なり。
 大正十四年三月十五日       山田孝雄識

 

コメント