礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

実力のない人物が重要な地位についている

2017-03-16 02:05:06 | コラムと名言

◎実力のない人物が重要な地位についている

「日語四字成語漢訳」の紹介に戻る。谷学謙・劉鴻麟編訳『漢日成語諺語対訳』(吉林人民出版社、一九八一)から、「日語四字成語漢訳」を紹介しているところである。
 本日は、「お」の部と「か」の部を紹介する。中国語の「簡体字」は、入力の都合上、日本で使用されている漢字に直してある。

 
横行闊歩   恣意妄為
往時茫茫   往時茫茫
岡目八目   旁視者清
温厚篤実   温厚老実 
音吐朗朗   声音洪亮
温故知新   温故知新
 
鎧袖一触   一箇照面就打敗敵人。
外柔内剛   外柔内剛。
快刀乱麻   快刀(断)乱麻。
偕老同穴   白頭到老。
各人各説   各持己見。各人有各人説法。
格物致知   追求事理、提高認識。
合従連衡   合従連衡(横)。
瓦釜雷鳴   庸人得意。賢者失意。
臥薪嘗胆   臥薪嘗胆。
花鳥風月   風花雪月。
隔靴掻痒   隔靴掻痒。
金槌気根   愚公移山的精神。
我田引水   追求私利。自私自利。
苛斂誅求   苛捐雑税。
夏炉冬扇   表示無用的東西。夏炉冬扇。
画龍点睛   画龍点睛
感慨無量   無限感慨。
侃侃諤諤   侃侃而談。直言不諱。
汗牛充棟   汗牛充棟。
勧善懲悪   勧善懲悪。
閑話休題   書帰正伝。
換骨奪胎   奪胎換骨。

「瓦釜雷鳴【がふらいめい】」という四字熟語は、この年になるまで、聞いたことも使ったこともなかった。「素焼の釜が雷のような音をたてる」という意味から、「実力のない人物が重要な地位についていることのたとえ」として使われるという(学研『四字熟語辞典』)。出典は中国の『楚辞』だが、今日の中国では、すでに死語になっているようである。
「金槌気根【かなづちきこん】」は、いかにも日本風の四字熟語である。中国語には、それに相当する四字成語がなかったようで、「愚公山を移すの精神」と説明している。ちなみに、この本には、「愚公移山」についての解説はなかった。
「我田引水【がでんいんすい】」は、一見すると、中国の故事成語風だが、「我が田に水を引く」という日本の慣用句を、音読みにしただけだ、と聞いたことがある。

*このブログの人気記事 2017・3・16(3・4位にかなり珍しいものが)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今からできる安倍首相の危機管理 | トップ | 「奇想天外」は、中国語では... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラムと名言」カテゴリの最新記事