礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

東京支部(渋谷)における「朝詣り」の様子

2014-11-01 07:25:45 | コラムと名言

◎東京支部(渋谷)における「朝詣り」の様子

 昨日の続きである。本日は、『「ひとのみち」の御利益しらべ』(大同出版社、一九三六)から、ひとのみち教団東京支部(渋谷)における「朝詣り」の様子を紹介する。
 なお、「朝詣り」は、同教団における重要な儀式のひとつで、〈アサマイリ〉と読む。
 引用は、同書の冒頭、一~四ページより。ひとのみちについて、先入観を持っていない著者・富田岩夫が、一九三六年(昭和一一)一月の早朝、ひとのみち教団東京支部を訪ねるという設定である。

「ひとのみち」の御利益しらべ  富田岩夫
第一篇 教団の組織
 一 朝 詣 り
 憂鬱だつた政界天気も一月二十一日の第六十八帝国議会の解散断行で、一拭〈ヒトヌグイ〉、がらりと晴れ上つた翌朝、といひたいとこだが、実は未だ真暗〈マックラ〉な五時に、筆者は数年にない早起きをして、渋谷の「ひとのみち」教団東京支部へ朝詣りを試みるべく、かなり辺鄙な郊外から省線の渋谷駅で降りた時には、丁度〈チョウド〉六時だつた。しかも、その朝は後で知つたのだが、今までの寒さのレコードだつたさうで、全く身にこたへて凛かつた〈サムカッタ〉。
 ところで、第一その支部の所在地なる大向通り〈オオムカイドオリ〉が何処だか知らないのだ。朝から人に路〈ミチ〉を訊く〈キク〉のも業腹〈ゴウハラ〉だと、ためらつてゐると、五六間〈ゴロッケン〉先を、無帽で外套の裾から袴をのぞかせた五十年配の男が、白い息をはきながら、時々寒冷さ〈サムサ〉のために掌〈テ〉で耳を蔽つては大跨〈オオマタ〉で急いで行く。また、それと列ぶ〈ナラブ〉やうに細君らしいのが小走りで跟いて〈ツイテ〉行くとのが、眼についたので、
『あれが夫婦の愛和道〈アイワドウ〉だな』
 と知つて、「ひとのみち」の朝詣りに違ひないと、あまりあてにもならぬ第六感から、その二人に尾行しはじめた。…………
『違つたかな。』
 と、稀には起きた店舗もある商店街を大分歩いてから、気になつて来た。もしや、この二人は昨日〈キノウ〉から「前」を冠することになつた代議士の宅でも訪問するのではなからうかと思つたりしたが、私の横を疾走した自動車が、緩い勾配になった一町ほど先の小高い所でバツクすのを見て、あそこまで、とにかく尾行してみようと、なほも歩行をつづけた。
 やがて、無言で道案内をしてくれたところの二人は、そこの門前の石甃〈イシダタミ〉に屯つて〈トマッテ〉ゐた四五台の自動車のかげに、吸ひこまれるやうに中へ走つて入つた。見れば、石門に「扶桑教ひとのみち教団東京支部」とあつたから、はじめてほつとした。
 私は、妙に落着かない気持で、門内を二三歩進みかけた時、黄色な襷〈タスキ〉をかけた青年が、竹箒〈タケボウキ〉の掃く手をやめて、
『お早よう御座います。』
 と、元気な声で挨拶されたため、私は反射的に、元気な心持になれた。そして、丘のやうな急な坂道を登ると、社殿風な正面玄関がある。そこを左に見て地下道に廻ると、かなり広い、下足と外套の預り所があつて、詰めてゐる背広姿の下足番達、いや大勢の青年会員のものごし態度が、宗教風景の特長であらうところの、柔らかく謙譲だつたのには嬉しかつた。それに先刻〈サッキ〉から、さかんにマイクロホンを通した講演が頭上から聞こえて来る……。
 それから、一隅の階段を昇つて、前に見た明るい表正面に出て、扉を開けて一驚を喫した。
そこには社会の雰囲気からかけ離れた、和やかな「ひとのみち」風景を展開してゐるところの、百八十畳敷の神前大広間には約千人あまりの男女の信者で埋まつてゐたのには、全く目を瞠つた〈ミハッタ〉。もっとも、前には毎日千三四百人余〈ヨ〉の朝詣りがあつたのが、現在では東京市内だけでも、ここ以外に十二の支部が創設されたから、それでこれ位に減つたとの話だ。信者は男が六分に女が四分位の割合で、年齢は中年者が多く、次は青年で、老人は僅少だつた。階級は概して中産者で、インテリが主〈オモ〉のやうに見受けられた。【以下、次回】

*アクセスランキング歴代20位(2014・11・1現在)

1位 2014年7月18日 古事記真福寺本の上巻は四十四丁             
2位 2013年4月29日 かつてない悪条件の戦争をなぜ始めたか(鈴木貫太郎)     
3位 2013年2月26日 新書判でない岩波新書『日本精神と平和国家』(1946)
4位 2014年1月20日 エンソ・オドミ・シロムク・チンカラという隠語     
5位 2014年8月21日 備仲臣道氏評『日本人はいつから働きすぎになったのか』   
6位 2014年10月30日 池袋支部の三角寛、牛込支部の佐藤義亮        
7位 2013年8月15日 野口英世伝とそれに関わるキーワード          
8位 2013年8月1日  麻生財務相のいう「ナチス憲法」とは何か        
9位 2013年2月27日 覚醒して苦しむ理性(矢内原忠雄の「平和国家論」を読む)
10位 2014年8月15日 煩を厭ひてすべてはしるさず(滝沢馬琴)        

11位 2014年2月1日  多摩火薬製造所「勤労学徒退廠式」            
12位 2014年3月28日 相馬ケ原弾拾い射殺事件、一名「ジラード事件」(1957)
13位 2014年1月21日 今や日本は国家存亡の重大岐路にある(1948)     
14位 2014年8月14日 滝沢馬琴が参照した文献(その2)            
15位 2014年10月31日 「ひとのみち」の御利益しらべ(1936年5月)    
16位 2014年9月4日 デング熱の予防はヒトスジシマカの撲滅で          
17位 2014年8月25日 辞退した市川猿之助丈、快諾した市川団十郎丈       
18位 2013年12月9日 「失礼しちゃうワ」は昭和初期の流行語          
19位 2014年8月22日 (この日は記事の更新なし)                      
20位 2014年3月27日 日本の農業は最高に発達した造園(Gartenbau)        

次点  2014年3月29日 アメリカ最高裁決定、ジラードを日本の裁判権に服させる 

*このブログの人気記事 2014・11・1

古畑種基と冤罪事件

「ひとのみち」の御利益しらべ(1936年5月)

小野武夫博士、ハサウェイ女史と出会う

憲兵はなぜ渡辺錠太郎教育総監を守らなかったのか

池袋支部の三角寛、牛込支部の佐藤義亮

丹波山国隊とNHK「私の秘密」

やらせる、納得させる、それが駄目なら強制する

石原莞爾がマーク・ゲインに語った日本の敗因

昭和24年(1949)の「作詞、作曲家名鑑」

「森永ミルクキヤラメル」をデザインした洋画家・八木... 

コメント