Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★

2012-06-01 03:52:39 | 映画(ま)行
MIDNIGHT IN PARIS

真夜中のパリに
魔法がかかる


上映時間 94分
製作国 スペイン/アメリカ
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2012/05/26
ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス
映倫 G

人気ブログランキングへ

【解説】

本国アメリカではウディ・アレン監督作としては最大ヒットとなった
チャーミングなファンタジー・コメディ。
作家志望のアメリカ人男性が、
ひょんなことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソといった伝説の作家や
芸術家たちが集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間を過ごすさまを、
ノスタルジックかつロマンティックに綴る。
主演は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」の
オーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マクアダムス、
マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ。
また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニの出演も話題に。
アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、
みごとオリジナル脚本賞を受賞。

【ストーリー】

ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。
しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず、早く本格的な
小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中。
そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、
胸躍らせる。ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの
出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。

するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに
乗り込むギル。そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい
社交クラブ。彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、
ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代の
パリに迷い込んでしまったことを知るのだった。やがてはピカソの愛人
アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。

5月26日(土)公開

公式サイト

【感想】 <TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞・5・29・火>
4.5

ウッディアレンの作品ってクセ?アク?が強いと言う私の勝手な
イメージで、あまり観たことがなくて、彼の作品では、最初に観たのが、
「マッチポイント」次が「タロットカード殺人事件」さらに
「それでも恋するバルセロナ」と彼の作品を見出したのは、ここ5,6年です。
この中では、サスペンスタッチの「マッチポイント」が一番好きでしたが
今回それ抜いてしまったかも~と言うくらい好きな作品でした。
面白かったです

面白かったというのは、文字通り、笑えて可笑しかったと言う
面白かったと言うのと、映画として興味深かった、楽しめたという
二重の意味でです。

私がこの映画に入りこめたのは、やはり、主人公のギル演じるオーエン・ウィルソン
の熱演、好演、名演が大きく、次いで、過去の有名人を演じた俳優陣が
良かったこと、パリを愛するアレン監督ならではのパリの風景、町並みの
映像が美しいこと、そして心地よい音楽などが良かったって感じでしょうか



あっ!私の好きなレイチェルも、忘れちゃいけません(笑)
かわいくてキュートでよかったな~。(個人的には金髪より黒髪のが好き)
最初は、彼女びいきなので(笑)フィアンセである彼女につきあってあげないし、
人づきあいは悪いというギルのほうが、つまらない男のように思って
しまいましたもん(笑)
ギルのほうから、考えたら、自己中心的で、フィアンセがいながら、
かまってくれないからと平気で浮気しちゃうイズネって、小悪魔で、
と~っても俗物的な人間で、いやな女なんですけどね。
ですが、レイチェルが演じてると、そんな女でも、悪い女には見えなくて
ワガママもかわいく見えちゃうから不思議です(笑)って私だけかな?(笑)

コメディですが、内容は、現代と1920年代を行き来するタイムスリップ
ものでもあるわけですが、真夜中の鐘がなると過去(1920年代)へ、
目が覚めると現代に戻っていて?、SFのようなきっちりした設定はないのですが
そんな細かいことは気にならない作品でした。
不思議なお話なんですが、魅惑的なパリでのお話だからでしょうか
現実の延長線上のタイムスリップが自然に展開されていて
惹き込まれました


<アーネスト・ヘミングウェイは、アメリカの有名な
小説家ですから詳解するまでもありませんよね。
演じたのは、コリー・ストール、最近観ていたTVシリーズ、
LAW&ORDER:LAの刑事さん役なのですが、刑事の時は
坊主頭でしたので彼だとわからなかった(^_^;)>

<ガートルード・スタイン・・・アメリカの女性作家。パリに定住し
フルリュース通り27番のあったサロンで、無名時代のピカソやマチウス
セザンヌらを収集した近代芸術の擁護者。ヘミングウェイにも文章指導した>


1920年代(黄金時代)では、フィッツ・ジェラルド夫妻(ちなみにフィッツ
ジェラルド役は、マイティ・ソーのロキ様でした(*^.^*))
ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ(とかは、私でも知っていました)
コール・ポーター(も聞いたことあったような・・・アメリカの作曲家・作詞家)
などの著名人が出てきましたが、そこに出ていた半分くらいは、恥ずかしながら、
知らなかったので、そこに出てきた芸術家たちを知っている方なら、
さらに楽しめたと思います。(ヘミングウェイの登場だけでも
私、テンション上がりましたもん・もっと知っていたら、ギルのように
もっとわくわくドキドキしただろうと思うと残念・笑)


<ダリは、彼氏かいない!ってほどそっくりの
エイドリアン・ブロディは、サイコーで、本当に可笑しかった>


さらに1890年代には、ロートレック、ドガ、ゴーギャン
早々たるメンバーにも会えました。
(この画家たちは、私でも名前知ってました・笑)

豪華な主なキャストは・・・


オーエンは、そのまんまアレンでしょ!って言うくらいなんか似ていました。
オーエンが演じるギルなんですが、台詞や思考はアレンなんだなあって
思って観ていました


1920年代のミューズが、マリオン演じるアドリアナで、彼女の役は
ピカソの愛人なんですが、ギルは彼女に惹かれて行きます・・・
アンニュイな雰囲気がこの時代にマッチしてました。

一方現代のミューズがレイチェル演じるイズネ。こちらは、現実的な考えの持ち主。
パリと言えばお買い物しか頭にない?キャピキャピ?の現代っ娘似合ってました。



イズネの男友達のポール(マイケル・シーン)が、知ったかぶりして口論する
ツアーガイドのカーラ役が、フランス大統領の奥様だったと知ってビックリ!
スタイルもいいし美人だし、てっきり女優さんだと思ってました。



キャシー・ベイツはさすがの存在感でした。何をやらせても手堅いですね。

ダリについては、今更説明することもないほど有名な人ですよね。
上にも書きましたが、エイドリアンしか、もう考えられないほど
ピッタリの役柄でした。


ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコルで非情な殺し屋を
演じたレア・セドゥー、その時は、悲惨な最後を遂げましたが
今回は、おいしい?役どころでした





会場で笑い声が絶えなかったほど面白かったのですが、
価値観の違う人間とは結局は上手く行かない(男女間であれば、
結婚しないほうがいい?)、いつの時代でも、過去が良かったって
振り返ってしまうものだ・・・(ちなみに、私は、いつも高校生に
戻りたいと思っています・(爆))
過去を振り返るのもいいけれど、そこから何かを得て、前に進んで
行かないとね・・・な~んてことを考えさせてくれる作品でもありました。

なんか思わず微笑んでしまうラストもかわいくて、雨のパリも優しくて
鑑賞後、何とも心地よい余韻の残った作品でした。
そして、またまた(パリ・ジュテーム鑑賞以来?笑)パリに
行きたくなってしまった私でした(笑)

オマケ

この作品で、1番かわいそうだったのは、ものすごい時代に行った(笑)
あの探偵さん、彼は無事に生きているかしら?(笑)

私がタイムスリップ出来るなら、逢いたいのは、諸葛孔明、安部清明、
沖田総司です(笑)

外国でのタイムスリップなら、逢いたいのは、クラーク・ゲーブルかな・・・
時代は、三銃士が好きなので、フランスなら、三銃士の時代がいいな・・・

ただ、タイムスリップはしたいですが、あくまでもちょっとの期間だけでいいです。
だって、今のように抗生物質とかないし、麻酔もないし・・・
病気になったら、歯痛になったらとか考えると怖いですもん(笑)

すごく気に入ったのに、鑑賞した映画館では、パンフが売り切れで、
入荷も未定とのことでショック
しかし、MIB3を観に行った(2回目)109シネマズMM横浜でゲット!
この映画気に入ったかたは、パンフは購入したほうがいいと思います。
(キャスト紹介や監督インタビューはもちろん、登場著名人の簡単な紹介、
映画に出てきた観光スポットなどが載っていて、良かったです)





もし、ニューヨークに住んでいなかったとしたら、
僕が一番愛する街はパリだよ。
ニューヨークもそうだけど、僕は僕の方法でパリを撮るし
別の監督ならその人の方法になる。
誰かが パリを撮ると
まったく違った風になるんだ。
僕はあの街を、僕の気持ちを反映した
‘僕のやりかた’で見せたいね              
            ーウディ・アレン


人気ブログランキングへ


最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教養人 (ノルウェーまだ~む)
2012-06-01 15:29:58
ひろちゃん☆
えせでも教養人のひろちゃんは偉い!と思ったら、私と同じ半分くらい知っている人がいるってかんじなのね~~
私もパリの街並みとかすごく気に入りましたよ。
パンフは登場した有名人の説明もあったの?いいなー
きっともう一度観たら倍楽しめるね。
ノルウェーまだ~むさ~ん (^^) (ひろちゃん)
2012-06-01 16:24:01
コメントありがとう

えせ教養人は、えらくないでしょ(笑)

>私と同じ半分くらい知っている人がいるってかんじなのね~~

あはは~。そうのよ~。まだ~むと同じで半分くらいしかわからなかったの~
なので、えせ教養人(笑)

パリを本当に愛してるのね~と言うアレン監督が
映し出すパリの風景、美しかったです

もう1度観たいなって思うくらい好きな作品
でした

感想読んで、観たくなりました♪ (☆オレンジピール☆)
2012-06-01 18:59:38
満足されたようですね☆
特徴のある作品(監督は、根底にコンプレックスがあると思う)をいつも撮りますよね。
初期の作品から、比較的よく観ていたと思いましたが
彼の作品の多さにびっくり。
『カイロの紫のバラ』1押しです。
映画好きにはたまりませんよ^^

この作品、女性陣が特に惹かれます。
レア・セドゥーなんかも出てるのね。

遅れてでも、公開して欲しい!
こんにちは (dai)
2012-06-02 17:03:30
ひろちゃんさんかなりの高評価ですね。

本当にパリに行きたくなる映画ですよね。
作品自体もウディ・アレンらしいテイストで、
苦手な人は苦手でしょうかひろちゃんさんが
書かれているように心地よい映画後を感じました。
オレンジピールさ~ん (*^。^*) (ひろちゃん)
2012-06-02 18:18:50
コメントありがとう

オレンジさんは、結構この監督の作品ご覧になっているんですね。
うんうん、根底にコンプレックスってなんかわかるなあ~。まだ4作品くらいしか観てませんが(笑)

>『カイロの紫のバラ』1押しです。

その作品は、前々から気になっていたの。
ミッド~は、カイロ~に似てるようなので
この作品、きっとオレンジさんも好きだと思うなあ。。。あっ!でも、私の好みってことは
ダメかも?(笑)カイロ~は、ますます鑑賞するのが楽しみになってきました

女優陣もいいけど、オーウェンもいいよ~(笑)遅れてでも、公開があるといいですね
daiさ~ん (*^.^*) (ひろちゃん)
2012-06-02 18:24:17
コメントありがとうございます

珍しく?高評価でしょ?(笑)なんかハマちゃったんですよねえ

ウッディ得意(苦手までは行かないけど)ではなかったのですが、この作品は、笑えて面白かった上に、魅惑的なパリの街のせいか、ほんと惹き込まれてしまいました

何回も観たい作品となりました
カーラ・ブルーニ (rose_chocolat)
2012-06-03 09:30:05
彼女が出てきて思わず目がテンになってしまいました(笑)
まるでもうファーストレディーじゃないことを見越したかのような感じだったので。。。
アレンは今まで苦手な作風だったけどこれはいいです。 好きですね。
こんにちは~ (カモ)
2012-06-03 16:29:29
ひろちゃん、お気に入りのようですね!

私は、公開間近になって、急に見たくなり、観て来ました!
最近、チラシを取らなかった作品の方が、間近になって見たくなる変な傾向です。。。

ウディ・アレンの作品って、小難しいのかと思い、今まで見たことなかったんですが、
この作品、パリの素敵な街並みや、過去の偉人たちも出てきて、ワクワク面白く見られました。

でも、途中、居眠ったか
あのおばさん!何者!?って思ったまま、帰ってきました。。
ガートルード・スタインっていう、アメリカの作家なんですね!
ありがとうございました~
スッキリしました
rose_chocolatさ~ん \(^O^)/ (ひろちゃん)
2012-06-04 22:50:48
コメントありがとう

>彼女が出てきて思わず目がテンになってしまいました(笑)

さすが知的なrose_chocolatさん!出てきただけで、彼女ってわかったんですね
私は、どこかで観たことあるなあ・・・って
何かの映画に出ていた女優さんかと思ってました(笑)

rose_chocolatさんが、アレンが苦手だったってすごく意外な感じがしました
カモさ~ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-06-04 22:57:11
コメントありがとう

>最近、チラシを取らなかった作品の方が、間近になって見たくなる変な傾向です。。。

あれっ?そうなの?確かに変な傾向ですね(笑)

そそ、私もこの監督って、クセがあって小難しいってイメージだったんです

ですが、ここ何年かの作品は、ちょっと観ていて、面白いと思ったのですが、これは別格で
気に入りました

あはは~。途中寝ちゃったの?きっと、お疲れだったのね
私の記事で、誰だかわかったようで、お役に立ててよかったわ(笑)