Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011)★

2011-10-16 21:33:34 | 映画(か)行
人気ブログランキングへクリック、クリック~

CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

なぜ彼は、世界最初の
ヒーローと呼ばれたのか――。


メディア 映画
上映時間 124分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2011/10/14
ジャンル アクション/アドベンチャー/SF
映倫 G

 【解説】

アイアンマン、ハルク、マイティ・ソーと共にヒーローチーム
“アベンジャーズ”を構成するマーベル・コミックの人気ヒーロー
“キャプテン・アメリカ”を実写映画化したアクション・アドベンチャー。

第二次大戦下のアメリカを舞台に、虚弱体質ゆえに入隊テストで
不合格となってしまった愛国者の青年が、軍の極秘プロジェクト
によって超人的な肉体を獲得し、祖国を守るために立ち上がる姿を、
VFXを駆使した迫力のアクション満載で描き出す。
主演は「ファンタスティック・フォー」「フェイク シティ ある男のルール」
のクリス・エヴァンス、共演にトミー・リー・ジョーンズ、
ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘイリー・アトウェル。
監督は「遠い空の向こうに」「ジュラシック・パーク III」の
ジョー・ジョンストン。

10月14日(金)から公開

公式サイト

 【感想】 <109シネマズ川崎にて鑑賞・2D字幕>


キャプテン・アメリカは、知らなかったですし、予告編では、
戦争ものっぽい雰囲気もあって、もしかしたら、自分の好みではないかも?
とちょっと不安もありましたが、アメコミヒーローものは好きですし、
主役が、これまた、私が好きなクリス・エヴァンスでしたので、鑑賞!
3Dの効果は、あまりないと思い、2Dで鑑賞しました。

これがね~~。結構ハマリまして、アメコミヒーローものとしたら、
かなり地味なんですが、私は、好きでした!面白かったです



時代設定は、1940年代、第二次世界大戦中、
前半は、、人一倍の愛国精神と、正義の心を持ちながら、体重40キロ台と
小柄でか細くて、喘息持ちで、虚弱体質、何度も入隊テストに落ちていた
スティーヴが、なぜ、キャプテン・アメリカになったのかが描かれ、
後半は彼の大活躍が描かれています。

最近のアメコミものでは、時代が一番古いようで、キャプテン・アメリカが、
唯一身につけている武器がシールド(盾)のみ、コスチュームも
ちょっぴりダサくてσ(^◇^;)
<後半、シールードもコスチュームも、ハワードにより、改良されますが>

しかも、、空を飛べるとか、超能力のような特殊な能力があるわけでもなく、
今までのヒーローの中では、一番人間レベルに近い感じです

ですが、悪しき心を全く持っていない(博士の、「ナチスの人間を殺したいか?」
という質問に、「人は殺したくない。でも、悪党は嫌いだ」と答えていたし、
血清で肉体改造をする前の自分は、いじめられていたから、弱者の気持ちが
良くわかる)、そして、女性と交際どころかダンスさえもしたことがなく、
『フォンデュ』という言葉の意味もわからなくて(笑)、スタークとペギーの会話に
嫉妬する初心なスティーヴが、好きでした。
ヒーローの中では、生身の人間ですし、武器もシールドのみですから
もしかしたら1番弱い?ヒーローなのかもしれませんが、一番身近に(現実味あって)
に感じられたヒーローでもありました。



なんで、キャプテン・アメリカ?と呼ばれる?
なんで、星条旗があしらわれたコスチューム?と思っていたら、
最初は、仕方なしに、軍のマスコット、PR活動をしていたからなんですね。

第二次世界大戦中のアメリカでは、スーパーヒーロー・コミックの
出版ブームがあり、数々のヒーローが誕生したそうですが、
戦争終結と共に、役目を終え、忘れ去られました。
そんな中で、70年経った今でも、生き続け、変わらぬ人気を
保ち続けているのは、キャプテン・アメリカが、アメリカを象徴する
唯一無二のキャラクターだからなんでしょうね。

ド迫力な映像とともに、ものすご~くわかりやすい勧善懲悪ぶりを
楽しみました!、
それにしても敵は、ちょっと弱すぎはしないか?と言うツッコミは
置いておきましょう(笑)

実力派ぞろいのキャストも良かったです
キャストのネタばれありますので、未見のかたはご注意を

クリス・エヴァンス(=スティーヴ=キャプテン・アメリカ)
・・・ニューヨークブルックリン出身の若き青年。
アースキン博士の「スーパーソルジャー計画」により、強化された肉体に生まれ変わる。


セルラーから、目をつけていた(笑)クリス、とうとう、このような大作の
主役になって嬉しいです


<痩せている小柄なスティーヴは、もちろん、CGです>

トミー・リー・ジョーンズ(=フィリップ大佐)・・・米国軍大佐で、SSRの長官。

古きよき時代が漂うトミー、典型的な頑固軍人が似合います

ヘイリー・アトウェル(=ペギー)・・・SSRのエージェント

予告編では、そんなに綺麗に見えなかったのですが、本編観たら、綺麗!(笑)
今回は、強い、りりしい女性役でしたので、彼女が、「ある公爵夫人の生涯」
出ていたエリザベスだって、気がつきませんでした(ーー;)

この女優さん、古風な感じが似合うんですね。
<ある公爵夫人~の時は、名前の読み方が、ヘイレイになってたましたが・・・>

スタンリー・トゥッチ(=アースキン博士)・・・超人血清を開発した天才的な科学者
キャプテン・アメリカを誕生させた


「ラブリーボーン」では、怖い役でしたが、今回はいい人役。
好きな俳優さんなので、すぐに殺されてしまって、シーンが少ないのは、
ちょっと残念でした

ハワード・スターク(=ドミニク・クーパー)・・・軍事会社「スターク・インダストリーズ」の社長
アースキン博士をサポート


皆様ご存知、「アイアンマン」トニー・スタークの父親です!
キャプテン・アメリカに、強化コスチュームや特殊金属で作ったシールドを
提供する。演じるドミニクは、トニースターク役のロバート・ダウニー・Jr
の演技を何度も見直したそうです。

彼も、「ある公爵夫人の生涯」に出ていましたが、
今回のちょっとコミカルな役のほうが似合っているような気がしました。

バッキー(=セバスチャン・スタン)・・・スティーヴの無二の親友

親友役でしたので、後半、嫌な予感が・・・・
ヒーローの親友って、必ず死んじゃうし~
マーベルとは、あと1本の契約がある監督が、バッキーを主人公にした
作品に興味があると言っていたので、彼を主役にした物語ができるかも??
中々、ハンサム(死語・笑)で、好青年な役者さんでしたので、
そんな作品ができたら嬉しいな

ヒューゴ・ウィーヴィング(=シュミット=レッド・スカル)・・・世界征服をたくらむ「ヒドラ」の首領

こういう悪い役、ほんとハマります。レッドスカル顔より、ヒューゴの顔の方が、
よっぽど怖かった私です(笑)レッド・スカルの顔、なんか笑えるし~

SSR・・・戦略科学予備軍。アメリカ軍に所属する特殊部隊。
ヒドラ・・・ナチスの極秘科学部門。シュミットの裏切りにより
彼の配下となる。


ヒトラーだから、ヒドラ?単純なネーミングなんか可笑しい(笑)



ヒーローものとしては、地味ではありましたが、アイアンマンに
通じるような?随所にあるユーモアセンスやくどくない(笑)
ラブロマンスとか微笑ましくて、好みでした

冒頭でシュミットが狙うコズミック・キューブは、「マイティ・ソー」の父、オーディンの持ち物
トニーの父親ハワードが、これを手にして、アイアンマンのリアクターへの
つながりも示唆、そして、70年後の現代に、キャプテン・アメリカが復活!
さ~これで、役者が揃った~~~~
これで、来年公開の「The Avengers」が、ますます楽しみになりました

今回も、マーベルのお約束となったニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
が登場します。
そして、エンドロール後の映像は、な、なんと、アベンジャーズの予告編!
私のダーリン(笑)ロバートも登場しています。
あっ!、「マイティソー」で好みだった(笑)ロキの姿もあった~~~(笑)
早く観たいよ~~


<サービスショット~~



 【ストーリー】

1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、
祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって
正義のために戦うことを願っていた。
しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、
悔しい思いを募らせていた。
そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”
というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。
みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。

しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団
“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も
頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれた
スティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”
として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。


人気ブログランキングへクリックよろしくお願いします

コメント (26)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ★猿の惑星:創世記(ジェネシ... | トップ | ★ステイ・フレンズ(2011)★ »
最新の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
華奢なクリスとマッチョなクリス (ituka)
2011-10-16 22:53:00
どちらも良く似合ってましたね。
ワタシもマッチョになりたいな(爆)

アメコミヒーローとしてド派手なところは少ないですが
この映画はけっこう好きで楽しめました。
あの盾だけってのもキュートでした(笑)
Unknown (KLY)
2011-10-16 23:11:45
そろったね~♪
基本的に人間の延長線上だから、強さだけ見たら物足りないかもだけど、その代わり類稀な高潔さでリーダー務めるんだろうなぁ。
現代で起きたところってまるでジム・キャリーの『トゥルーマン・ショー』みたいだね(笑)

やっぱりコズミック・キューブってリアクターになるんだ。んじゃアイアンマンの強さの源は神々クラスの力ってこと?
っつかまーソーのインチキトンカチには誰も敵わないって話もあるけど(爆)
アメコミ映画 (ともや)
2011-10-17 02:30:24
こんばんは~、ひろちゃん♪
あっ、ひろちゃんとは鑑賞の好みが似ていたのに、ここへきて存続の危機発生~~っ!!
(何の存続かは、また別の話・笑)

この映画を機に、1990年に作られた実写映画『キャプテン・アメリカ』の予告編をYouTubeで観たんですが、1990年版の方が能天気なアメリカン・ヒーローっぽくて好みでした~。

…とはいえ、これで役者はそろったって感じですね。
(一時期『ハルク』もまた作り直すって話がありましたが、どうなったんだろう? 『アベンジャーズ』では、エドワード・ノートンじゃなくマーク・ラファロがハルクを演じるみたい)
『アベンジャーズ』はもちろん、『アイアンマン3』もあるし『マイティ・ソー2』もあるし、『ウルヴァリン』や『バットマン』や『ゴーストライダー』の続編に、『スパイダーマン』『スーパーマン』の新作もあるし、まだまだアメコミ映画で楽しめそうですよね~。
おはようございます。 (BROOK)
2011-10-17 05:21:26
私は3Dで鑑賞したのですが、
たしかにあまり効果は感じられませんでした・・・(苦笑)
シールドもそんなに飛び出してこなかったです。

作品は、勧善懲悪もので面白かったですね♪
ストーリーがシンプルなのが良い感じ。
アクションも結構見応えがありました。
ただ、敵が意外と呆気ないというか・・・。

そして、最後に「アベンジャーズ」の予告編。
今から公開が非常に待ち遠しいです!
ネット上では長い予告編も見ることが出来ますよ。
セバスチャン・スタン気に入りました (風子)
2011-10-17 15:09:36
わたしも、ものすご~くわかりやすい勧善懲悪ぶりを楽しみました。

ごくごく普通の青年が、善良さゆえに選ばれたのがいいと思います。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-10-17 16:01:27
こっちは2Dがなくて仕方なく3Dでした(泣)
私もキャプテン・アメリカは知らなくて今回初めて知ったんですが、うーん地味な印象でした。

しかし、ハワード・スタークが登場でテンション上がっちゃった~♪
アベンジャーズの予告編、ロバートは見逃さなかったわー。一瞬でも見られて嬉し♪

あ、某2人組のアルバム買いましたよん。
あはははーっ。
itukaさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2011-10-17 22:37:31
こんばんは

クリスどちらも似合ってましたか?
私は、マッチョのクリスのほうがいいかな

>ワタシもマッチョになりたいな(爆)

itukaさんは、スマートなんですね(^_-)-☆

武器がシールドだけでしたがσ(^◇^;)
そんなレトロ?なところも好きなヒーローで
した
KLYさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2011-10-17 22:46:35
こんばんは

そうなの、そうなの!強さレベルだったら、
アベンジャーズの中で、きっと1番弱いと
思うんですよね
でも、この物語を観て、なぜキャプテン・アメリカがリーダーになるのかって言う理由がよくわかったような気がしました

そそ、アイアンマンの強さは、神々クラスなの~(笑)
あはは~インチキトンカチって(笑)

来年のアベンジャーズ、楽しみですよね(^_-)-☆
ともやさ~ん (#^.^#) (ひろちゃん)
2011-10-17 22:56:29
こんばんは

きゃあ~~存続の危険性発生
困った~~(笑)で、存続って、なんだ?(笑)
ほんと、いつも、ともやさんとは好み合うのになあ

ともやさんが、気に入ったと言う1990年版の予告編、YouTubeでチェックしてみますね(^_-)-☆

ハルクが、ノートンじゃないって言うのは
ちょっと寂しいかも
マークラファロも好きですけどね

アベンジャーズ以外でも、アメコミヒーローものこれから、続々と公開があるんですね

楽しみ~~~
BROOKさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2011-10-17 23:05:19
こんばんは

やっぱり、3D鑑賞は、あまり意味がなかった
みたいですね(ーー;)2Dにしておいて、良かった

敵は、メチャクチャ強そうだったのに、意外と弱くて、なんか呆気なかったですよね
でも、わかりやすいストーリー、勧善懲悪は
観ていて、楽しいです(^_-)-☆

アベンジャーズの長い予告編、もうあるんですね 後で観てみようっと!
ホント、来年の公開が楽しみ~

映画(か)行」カテゴリの最新記事