ぼちぼちやりま!

悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。
事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。
焦らず慌てず、静かに時の来るのを待つ。

大阪北部地震から

2018-06-28 20:00:04 | 災害大国
先日の地震以来、人命被害があったせいか、既存不適格のCB壁がクローズアップされ、その撤去を急がせる報道が目立っている。今回は短周期成分が卓越した地震動だったからCB壁倒壊が目立っただけで、もう少し軟弱地盤だったり、塑性化した地盤に再度同様の地震がくると、次は木造家屋や既存不適格のRC造やS造建物がやり玉に挙げられているかもしれない。

   ***

大阪北部地震報道をCB壁倒壊のみに絞るのではなく、例えば免震・制震構造の建物がどう揺れたか、耐震改修を行った建物の被害どうだったか、といった視点の報道がそろそろでてきてもいいのではないか。

茨木や吹田市にある免震倉庫建築は見事にその威力を発揮し、多段積みされた内部荷物が無損傷だったことや、建物が地域防災拠点にもなりえたこと等をもっと報道すべきなのではないか。制震補強した建物がフロアーレスポンスを抑え、十分に機能していることを衆知させてほしい。

一方どんなに柱や壁を増設して耐震補強しても建屋内への応答加速度は低減しない。つまり震度7クラスでは、耐震構造のマンションではTVは飛び、本や食器は宙を舞い、棚はひっくり、それだけで多くの死傷者が出る。これを本質的に防ぐには床応答加速度を低減する免震・制震技術しかない。

   ***

これからの未来に残す建造物は、国家レベルの助成のもと、免震・制震構造が採用され、本当の意味で地震防災安全都市群を目指すべきである。関係者のみならず、報道各社も、地震被害が起こるたびに免・制震の優位性を強調し啓蒙を続けていく必要がある。
コメント

零時キックオフ

2018-06-25 09:12:35 | スポーツに思うこと
ドリンクは焼酎のハイボール、あてはとれたてのトマトと胡瓜のサラダで準備万端。西郷どんも見たし、キックオフまでは少し時間がある。ちょっと一眠りしてから、セネガル戦にそなえるか・・・けれど・・・目が覚めたのは、痛恨の深夜2時だった。
コメント

ピンペ~ン、ピンペ~ン

2018-06-18 19:31:06 | 災害大国
ピンペ~ン、ピンペ~ン! 
警報音が部屋中に響きわたり、一拍おいてガタッガタッガタ~と家が揺れだす。ウン?直下型か海洋型か?この揺れの感覚は阪神大震災に似てる。TVではNHKが難波の高層ビルの揺れを移す。大阪北、震度6弱と出る。スワッ!上町断層が動いた?

寝惚けまなこの目が覚めた。どうやら茨木、高槻あたりがひどいらしい。おせっかいながら、親戚の家に電話してみる。家具は倒れたが、特に異常なしとのこと。一安心だけど、どうかこれで終わっとくれ、ナマズの大将にそっとお願いしてみる。
コメント

映画鑑賞

2018-06-09 21:23:50 | 映画曼荼羅
近頃、溜飲を下げることがない。消化不良ばっかり。梅雨空と一緒でどうにもスカッとしない。だもんで、モール街の映画館に行ってみる。「終わった人」でも「万引き家族」でも「のみとり侍」でも「コナン」でもよかったのだけれど、ちょうど開演時刻に切符売り場についたという理由で、「羊と鋼の森」を観た。本屋大賞の作品、さわやかな後味の良さは残った。しばしの喉のつかえがとれ、若干の元気が出てきた感じ。帰りにスーパーに寄ってホルモン買って、ニンニク炒めで一杯やるか。

♪もしもピアノが弾けたなら・・・

コメント

あるべき姿

2018-06-09 13:41:01 | 社会問題
どうも「あるべき姿」を忘れてしまってるような。
司法・立法・行政の3権分立、戦争放棄・国民主権の憲法精神、大学は学生を守り、親が子を守る、当たり前のあるべき姿がどこかに行ってしまって、本当にこの国はどこに行くのか。胸苦しさを覚える連日の報道。

常軌を逸した政権腐敗が日々刻々と白日の下に曝されているにも関わらず、その支持率動向は底堅い。つまり自分たちの社会がすでに破綻しているということや、劣悪な格差支配が進んでるということから目を背けている人々が数多くいる、ということ。東南海地震で1400兆円をこえる累積損傷想定を打ち出した学会の警告に、瞬きすらせず、早朝の満員電車に揺られて会社にたどり着き、パソコン相手に面白くもないデータ入力に一日を過ごし、唯一の楽しみが帰宅駅のワンカップ、棄てられた夕刊紙を拾って家路を目指す、そんな日常にしがみ付くおじさん姿に過去の吾を見る。
そんなタメ口もすでに「終わった人」ゆえの戯言と捉えるか?

上から下まで、大人から子供まで、「あるべき姿」を聞かなくなってしまった気がする。国家の、親の、ヒトの「あるべき姿」を堂々と語れない・語らない社会は、本当に如何なものか。
コメント