ぼちぼちやりま!

悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。
事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。
焦らず慌てず、静かに時の来るのを待つ。

たとえば室内着帽は・・・

2011-05-26 21:06:06 | 社会問題
いつからこんなふうに、この国では、室内着帽OKとなったんだろう?
自分の記憶が間違っていなければ、
女性の場合は、帽子がヘアスタイルと一体になっていて脱ぐことが難しいので、
つばが小さいものに限って、室内着帽が許された筈・・・たとえば美智子妃のごとく。

それに反して、男性は室内では必ず脱帽するもの、
山高帽を帽子掛けに投げかける場面は、ホームズ以来おなじみのシーンじゃないか。

少なくとも、レストランや映画館、観劇や講演会などは、
洋の東西を問わず、脱帽するのが当り前だと思ってた。

   ***

そんなふうに、例えばマナー感覚が微妙にズレてくると、こちらが間違ってるのかと戸惑う。
挙句、バカバカしくてその変化についていく気がしなくなる。

けどこれをガンコ親父の老化現象と一笑してはいけない。
だって、自分の感性を頼りにしないと、
どこかの御用学者とやらと一緒ということになってしまうじゃん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 茗荷 | トップ | 山本作兵衛画 ユネスコ遺産 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事