50の手習い 着物のこと和のこと

着物のことを中心に日々の色々を

むらさきいろ

2018-10-19 21:09:00 | 日記
以前あるお祝い事の席で
とても美しい紫色の色留袖をお召しの方がいらっしゃいました。
目も心も奪われて思わず
褒めるより先に

この色って今はもう無いですよねー

と言ってしまったら

そうなの~~

と弾んだお返事が。

お祖母様のものだそうで
やけやすい色のはずなのに
大切にされていたのが私にでさえ見てとれる
素晴らしい色留袖でした。


これ以上無いくらい腹をくくらないといけない事が出来たときに
自分を支える頼りとして
もし持っていたら
袖を通したい

と思ってしまうほど
隙のない 
奥深い  
濁りのない
それはそれは美しい紫色なのでした。

まさに眼福。


そして
今気になる紫色。
お寿司屋さんのCMで
北大路欣也さんがお召しのお着物の色。
日本の色な感じがするのですが
なんと呼ばれる紫色なのか
まだ判らずにいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 台風のあと | トップ | 日本の紫色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿