5の記憶

アトリエ5の「ヒト・コト・モノ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の神話「やまたのおろち」

2010-07-02 | 小学生クラス
◎山内悠仁/小学4年生・2007年4月入会/小学生高学年クラス

赤羽末吉の画業に学ぶ機会になればと願い、「日本の神話全6巻」の模写に挑戦しました。始めは普段読む物語とはちょっと違うので、少し心配したのですが、顔料と墨の美しい色彩と洗練された線描に魅了され、興味を持って何度も読み込んでくれました。それぞれの物語を自分の表現にアレンジしながら、楽しんで制作をしました。

悠仁君は、昨年からぐ~んと表現力が付き自信を付けています。今回も鏡を前にして龍と戦う表情を研究していました。特に口元に工夫が見られ力強い感じがしますね。「龍は見た事が無いからわかんない!」と言いながら、一体ずつ個性的に表現しています。須佐之男の命(スサノオノミコト)の服装もTシャツと短パンにビーサン?というかなり軽装に変えていますが、リアル感があっていいですね。赤羽さんにもお見せしたい程の「現代版・日本の神話」になりました。

第1巻・くにのはじまり
第2巻・あまのいわと
第3巻・やまたのおろち
第4巻・いなばのしろうさぎ
第5巻・すさのおとおおくにぬし
第6巻・うみさちやまさち

◎赤羽末吉が満州から大切に持ち帰った「樹下美人図/正倉院」の印刷物について/画集巻頭より
私は若いときに、自分はどんな絵がかきたいかと自問自答したことがある。
まず深さがほしい。そして高さが、つまり格調の高さがほしい。
そして強さと、人間的なやさしさがほしい。
つまり、深く高く強くやさしいということになる。
たいへん欲張りだが、この「樹下美人」にはそれがある。(中略)
そして私は、絵本を通じて
「樹下美人」の持っているものの一つ一つを、
私なりにきわめていこうとしている。それが私の人生である。

赤羽末吉展ギャラリートーク
7/3(土)14:00~※参加自由・無料(入館料のみ) 会期は7月11日まであと1週間!お急ぎ下さい。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 水のしぶき | トップ | 梅雨の庭 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小学生クラス」カテゴリの最新記事