gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Wポスト 「社説に誤認ない」 9・11見解 藤田議員へ反論(産経新聞)

2010-03-11 22:04:02 | 日記
 【ワシントン=古森義久】米紙ワシントン・ポストが社説で民主党国際局長の藤田幸久参議院議員の米中枢同時テロ(9・11)実行犯に関する主張を「インチキだ」と非難したことに対し、藤田議員が「発言を歪曲(わいきょく)された」と述べているが、同紙側は9日、「社説には根拠があり、歪曲や間違いはない」と言明した。

 藤田議員に取材したワシントン・ポストの論説委員は産経新聞に対し、「社説は自分が執筆したが、社説は文字どおり新聞社としての意見であり、筆者名は出さないのが慣例だ」と述べたうえで、社説には歪曲や誤認はなく、訂正の必要はなにもない-と強調した。

 8日付社説は藤田議員による同紙記者らとの最近のインタビューでの発言として、「同議員は米国のアジアでの最重要な同盟国の外交政策エリートであるはずなのに、9・11テロは巨大なでっちあげだと思っているようで、その見解はあまりに奇怪、かつ知的にインチキだ」と酷評した。藤田議員はこれに対し「発言を歪曲された」と反論した。

 ところが同論説委員は社説には間違いはなく、藤田議員の主張がおかしいと述べ、その根拠として(1)自身が東京で3月はじめに藤田議員にインタビューした際の発言(2)藤田議員が出版した本での主張(3)藤田議員のインターネットなどでの主張-を挙げた。

 同論説委員は一般記事も書き、日本には2月後半から3月はじめにかけて滞在し取材した。藤田議員の9・11テロ「真相」発言については、まず一般記事として報じるという通常の手順をはぶいて、最初から社説で取り上げたという。

<中村耕一容疑者>矢野きよ実さんが出演自粛 交際報道で(毎日新聞)
新薬創出加算の対象は337成分624品目、目立つ外資系(医療介護CBニュース)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
<改正放送法>抜本的見直し メディアの資本規制強化(毎日新聞)
<阿久根市長>出席拒否続く 市議会空転(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 失意の人々和ませ14年、犬... | トップ | <宮崎家族3人殺害>偽装工... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事