資料保管庫・管理人のひとりごと

個人的な趣味のレベルで、欧米の競争法、メディアに関する法を中心に資料を集めた『資料保管庫』管理人のひとりごとです。

Justice Probes Music Firms' Pricing of Downloads

2006-03-04 12:52:34 | 競争法/独占禁止法
カルテルなのか、差別的価格設定なのか、詳しいことは分かりませんが、いろいろ考えさせられるケースです。
限界費用がゼロに近いという特性のある財で、かつiPodモデルで言えば、価格競争力があるのは機器そのもの。加えて、20・30代はコンテクスト消費から個別消費に移っていると言われ(アルバム苦戦の原因です)、R&Dと同じ性格を持つコンテンツレベルにおいて価格維持が難しくなっている。
一度壊れて、垂直統合し直し、ということになるのでしょうか。
washingtonpost
BBC News
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Vodafone in talks on 」6bn ... | トップ | 週末の読書。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (47th)
2006-03-08 05:57:26
どうも、脱線気味の話題に精力を使っていてお礼が遅くなり申し訳ありません。

昨年のAntitrustの試験で、音楽業界が話題となっていたのを思い出して、いろいろと感慨深いものがありました。

「一度壊れて垂直統合」というのは、何だか示唆に富みます・・・その垂直統合の時に当局がどう出るのかも考えると興味深いところですが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競争法/独占禁止法」カテゴリの最新記事