パソコン上達日記2

日々の雑感を戯れに綴ります

#おしん 日本国民よ、このドラマを見よ!(1)

2019-10-19 19:03:18 | 番組コラム

毎朝BSで7時15分から再放送している「おしん」最初なつぞらのついでに見ていたけれど、最近は毎日の日課&楽しみになっている。

なつぞらが終わってから、毎朝真剣におしんを見ているのだけれど、さすが世界に誇る「神ドラマ」何からなにまで完璧なワールド。ツイッターでは「#おしん」でトレンド入りを何度もしている。今までこのドラマを知らなかった世代とドラマ再見した世代両方のハートをがっちりつかんで、大好評だからこんな祭り番組まで放映決定!

では私がいつも感心する「神ドラマ」をどこが面白いのか書いてみよう

1・登場人物が魅力的。

主人公のおしんは、髪結いの仕事の他、裁縫や料理の腕はプロ、お稽古事(茶道華道)も師範並み、文字も達筆、また頭の回転が速く数字に強い。性格は物静かのようで男勝り、面倒見も良く情に厚く、また我慢強い。運動神経も良く、体力もある。度胸満点でキップもいいが、時に甘える顔も見せる。どんな苦労をしても「人を恨まず、不平を言わず、今出来ることを全力であたる」精神的に自立した女性、かつ美人で艶っぽい。

これだけの「ハイスペックな女性」を描いても嫌味にならないのが橋田マジックと呼ばれる脚本と田中裕子という女優の演技力。

おしんの表情は1シーンごと全て違う、例えば今週のおしん(たぶん木曜)旦那様からの手紙を読むシーン、ちょっとあまりに色気があって女性の私でも朝からこんな艶っぽいおしんを見ていいんだろうかと不安になった(笑)  

ところがこのおしんの旦那「竜三」今でいう優し気なダメ男の典型なのがまた凄い。

三男坊の気楽さで商売始めたがいいけど、全く利が上がらず借金だらけでも気が付かない脳天気ぶりでプロポーズ。妻となったおしんが立て直した商売を独りよがりな判断で広げてしまう。妻や人の助言を全く聞かない自分勝手っぷり。関東大震災が起こり拡大した事業もパーになる。そのまま東京でやり直せばいいのに、佐賀に戻る。自分の家の農家の仕事も、やりだした途端おしんより前に投げ出す始末(笑)

姑に徹底的にいびられるおしんを見てもなすすべなく見て見ぬふり。子供を失くしたおしんが強い決意で佐賀の家を出た後も、竜三は、そのまま佐賀に居続けること4年。

今度は九州が台風に逢い、夢描いていた干拓事業がパアになると、黙って佐賀を去り伊勢のおしんに会いに行く。満州に行くと言っていたが、橋田マジックは本当に巧妙だなと感心した。今の歴史感覚で見ると満州は絶対行ってはいけない場所。男のつまらない意地しか感じない、反省もしないで運命を嘆いてばかりの竜三、女房であるおしんのハイスペックさに釣り合うものは、「何一つない男性」として描かれている。

一つだけあるとすれば「美男子」という部分だろうか(笑)こんなつまらない、仕事もろくにやらない男さっさと離婚しちゃいなさいという感じだが、おしんは今週「初恋の人浩太さんにいいくるめられた」こともあるし、父親でもある竜三、子供が不憫だと考えるようになる、このあたり恋愛感情が生活するにつれてより現実的な方向に向かうようでかなり面白い。もちろん愛情いっぱいの夫婦でもいるでしょうが。これだけ不釣り合いなら普通見ていてあり得ないとなるのだけど、いい女にダメ男(逆もあり)というカップリングは昔からよく言われる。

他にも初恋の相手 浩太さん。この人もどちらかというと、冷静に見ると若い時はダメ男の部類。つまりお坊ちゃまにおしんは弱い。それは何故かというと、ハイスペックすぎて、自分にないものを求めてしまい、こういう男性に魅かれるのだろう。台詞として描かれていないリアリズムを感じる面白さがそこにある。

Comment   この記事についてブログを書く
« #BS八つ墓村 吉岡金田一の... | TOP | 朝ドラ同窓会「おしん」田中... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。