風と帆掛けサバニ

沖縄の海を帆掛けサバニと気心しれたる友たちと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第7回糸満市長杯 帆掛サバニ走せー大会 参戦

2008年10月27日 | 帆掛けサバニ

 

10月25日(日) 天候:晴れ 波の高さ0m 無風 無風 むふう~~~~

第7回目を迎える糸満市長杯 帆掛けサバニ走せー大会が行われました。

当日は悲しいくらいに天候が良すぎ 無風状態でした

参加した帆掛けサバニは14艇

去年とほぼ同じ数かな美々ビーチではこれくらいが手頃なのではないかな 

我々East Clubも夏のプチレースではよい走りが出来ていただけに特段の改良点もなく迎えた大会だがこの無風状態では苦しいレースになることは必死でした。

 

大会の裏方としてサポートしてくれてる としぼーにぃにぃ。 くば笠が似合ってるねー。  いつもありがとです。

レースのスタートは午前10時 

続々と帆掛けサバニが集まってくる。ワイルドなペイントのサバニは上原成人率いる広海丸(ひろみまる) ムスタングって感じ~

開会式

糸満帆掛けサバニ同好会の会長 上原謙さんの挨拶に続いて瑞慶覧さんのルール、コース説明

しかし、瑞慶覧さんはいつもチーム名を読み間違えてた…

ありゃ絶対わざとだね いい加減名前、覚えないと失礼ですよ。

お互いの健闘を誓い合う左から美七海会、たまん丸、East Clubの舵取り達

いい顔してる

 

レース前には余裕のこの表情、この後どうなったかは後のお楽しみ~

ミーボー、まさきー

 

今回のスタートはビーチスタートではなくビーチの入り江に張ったロープから出た

枝綱を持っての海上スタート。予め抽選で決まった番号の枝綱を各チームの舵取りが持ちスタートを待つ。

これいいよね。スタートの混雑や干潮時の浅瀬に乗り上げてしまう心配もない

Eastは15番枠だ。お隣は新生たまん丸。大外枠といいポジションだったが… 

上原謙さんの旗が振り下ろされレーススタート、

沖合で少しでも風が有ればと期待し帆を上げて漕ぎ出す。

しかし、今日の天候はむご過ぎるくらいに無風どこまで行っても無風

我らのどんぶらーサバニにはこの条件はきつかった。各チームひたすら漕いで漕いで漕ぎまくり。

結果は1位イッピ会 2位純礁 3位タマン丸………East Club10位

まあ、しゃあないね。エーク合わせて漕ぎ方もっと練習しなきゃ。いい勉強でした

さて、お楽しみの表彰式&懇親会

すばやくサバニを片付けて1時からの表彰式に参加

またまた謙さんの挨拶に始まる。糸満市長も駆けつけて賞品授与とご挨拶も頂きました。

糸満以外のチームも結構参加してくれてて賑やかで良かった。総勢200名くらいはいましたね。

また来年もみんな参加してほしいね。

楽しいもんね。

 

上段左:(仕事で参加出来なかったカップーとヒン)

上段右:(ばかちん1号、2号)

下段左:(ばかちん2号 ミーボー)どこの酔っぱらいやねん

下段右:(ばかちん1号 マーキー)こいつだけはどうにもなりません

前日にあれほど飲むなと言ったのに明け方まで酒飲んでサバニ漕いで表彰式には

ダウン。ミーボーはまだいいとしてマーキー…こいつはこれからどうなる事やら

 なにはともあれ、今年のサバニレースもすべて終わった。

来年には少し改良を加えてみたいね。目指せ座間味10位以内。

 East Club

 

コメント