風と帆掛けサバニ

沖縄の海を帆掛けサバニと気心しれたる友たちと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

進水式へカリーつけ

2008年08月04日 | 帆掛けサバニ


8月3日(日)午後、快晴、時々雨

無風~~~~~~

 

昨日は座間味島のレース以来久しぶりにサバニを出した

目的は我らが大先輩達のサバニチーム、タマン会の進水式に参加するためである

進水式といっても新造船ではない。

船は古くなり、乗り手も歳をとり

漁船としての役目を終えたサバニを譲り受け修復しリューアルして

帆掛けサバニにしたのである。

一言に修復、リニューアルといってもそれは大変な作業で

時間も手間もお金もかかる

先輩達は約1年近くかかって古い廃船になろうとしているサバニを

帆掛けサバニとして新たに生まれ変わらせた

もとの古い漁船の頃を知ってる自分には昨日の仕上がりを見たとき

見事としか言いようがなかった。


 

久しぶりのサバニクルージングを我がメンバーも楽しんでる

 

 

これが今日の主役、やっと進水式を迎えた第3タマン丸

そう3代目である。

先輩達はサバニをこよなく愛してこれまでにこの船を含め3艇ものサバニに

新しい命を吹き込んだ

新しく作るのではなく古いサバニを直して乗るよっぽど好きじゃないとね

我ながらうちのアニキ達かっこいいよ

 

今回の帆掛けサバニ帆漕レースの本番の写真が手に入ったので載せます

8月17日には仲間内でのプチレースだ楽しみ

 

East Club

 

コメント