風と帆掛けサバニ

沖縄の海を帆掛けサバニと気心しれたる友たちと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2戦 帆かけサバニ祭りin南城

2007年09月03日 | 帆掛けサバニ

9月2日(日)快晴 微風時々無風

台風の影響で延期となっていた帆かけサバニレース。

“サバニ祭りin南城”が最高の天気で開催されました

レースは沖縄本島南部にある南城市知念の

安座間サンサンビーチにて行われました 

前回のサバニ帆漕レースではリタイアという苦いデビュー戦となった

私達にとっては経験を積むよいチャンスとなりました

前回のレースで壊れた箇所を直した以外

特段の改良もなく、船のバランスの悪さの解消がされないままの参加

とりあえず対策として土嚢袋20袋を準備

バラストにして土嚢袋の位置を換えてバランスをとる作戦

今回が初めての開催となるこのレースに参加したサバニは12チーム

我ら糸満市からは糸満の帆かけサバニの第一人者でもある

上原謙さんのサバニ エミ丸を筆頭に

広海丸、カリー、イースト丸の4艇が参加

仕事の都合で参加できない4人を除いた7人での参加

コースはビーチの沖合に設置した3箇所のブイを回るトライアングルコース

レースを2回行い2レースの総合得点で順位を決めるという形式

コースがトライアングルということで追い風の時も有れば向かい風もある

帆を操る技術や向かい風の時の漕ぐ技術も大事

さらにはブイを回るターンの際も注意が必要(風向きが一気に変わるため)

座間味の時とは違い各所に見せ場があり抜きつ抜かれつ

面白いレースになったと思います  

10時30分に1レース目のスタート

私達の作戦は風上みに上がるときは帆を下げひたすら漕ぐ事に専念

風上に切り上がる時は45度までなら切り上がる事が出来るが

遠回りすることになる、当日が微風だった為

最短距離を風をつかわず漕いでいく事にしました

無事にスタートしたレース

海もご覧の通りうねりもなく最高のコンディション

しかし、我らがイースト丸は相変わらず船のバランスが悪い 

レース中はバランス悪いながらも必死に漕ぎ

全体の中団からやや後方の6位から7位の位置取りで進み無事にフィニッシュ

 

最後は一度後ろの船に抜かれたものの

最後の直線で必死に漕いで抜き返してのゴール

くたくたでした、しかし、こうして見るとホントにバランス悪いですね

傾き過ぎです

 

 

1レース目が終わり1時間30分の休憩を挟んで2レース目がスタート

散歩がてら他のサバニをパシャ

アメリカンなペイントで目立つ船は“広海丸”

その向こうにあるのが上原謙さんの“第3エミ丸”

 

“アウトリガー”

これを付ければ一発でバランスの悪さを解消できるのだが…

 

“ラダー(舵)”

各チームのアイデア満載

座間味では砂浜からのビーチスタート

しかも帆は上げたまま、いかに早くラダーをセットするかがカギである

  

真新しいサバニ

すごく綺麗でした

新造船を造るには100万近く掛かります

  

バランスが悪かろうと遅かろうと

大切な大事な私達のEAST丸

さあ、第2レースだ

 

休憩中にビールを飲んだEASTメンバー

スタート8分前の知らせを聞いていたにもかかわらず

スタート直前まで ああでもない こうでもないとしてたら

いつの間にやらスタート(>_<)

他の船が行ったあとから私達も大慌てで乗り込みスタート

 

大慌てで乗り込んだらいきなり転覆の危機

バカな私達 (-_-)

慌てて漕いだら隣の船に激突の危機

本当にバカな私達 (=_=)(=_=)

海翔Ⅱさん、すいませんでした 

2レース目は3艇が船の搬送の関係で辞退し9チームで行いました

私達は6位、たしか総合でも6位だったかな^^;

レースも終了し3時から懇親会と表彰式

私達はバーベキューが食べ放題で大満足

ここからは私のブログではお馴染みの顔となりつつある

我がEASTのメンバーをご紹介

 

“たかぼー” 1番エーク 独身 彼女募集中!

 

“カップー”  3列目右 泳げません 独身 おもいっきり募集中!

“ウケチュー” 舵取り 独身 当然募集中!

“まさき” 3列目左 丘サーファー 一生独身

 

“かまるー”  2列目右 本物のサーファー

 

“ミーボー” 2列目左 泳げません 独身?趣味は盆栽

 

応援にかけつけたメンバーと!

みんないい顔してます(^^)

次回は地元糸満市の美々ビーチにて11月に開催されるレースに参戦予定です

 

EAST CLUB

 

コメント