風と帆掛けサバニ

沖縄の海を帆掛けサバニと気心しれたる友たちと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トランサム

2007年03月26日 | 帆掛けサバニ

EAST CLUB

 

日曜もサバニいじりしてました

私は日曜も仕事があり

途中参加でしたが

みながんばってました

1枚目の画像、この厚い板なんだかわかります?

サバニのトランサム部分ですよ

腐食が激しかったので

新たに作り直しました

私ではなく仲間とそのお兄さんが

お兄さんは大工です

私は只、感心するばかりでなにも手伝ってませんが

見事にピッタリ収まってます

この正三角形の形が好きで

取り外された時は本当に

元に戻るのか不安でした

余計なお世話でした

ばっちり決まってますね

簡単そうに見えますが

私たちには無理です

1枚目の画像でも分かるように

舷側版に合わせるように厚い板の断面は

斜めに切られています

職人技ですね

そして、ほかの仲間達が今回必死で頑張っていたのがこれ

ちょうちょみたいなパーツです

フンドゥと言って板と板の繋ぎ目に入れるものですが

今回は時間の経過でひび割れた箇所に入れて補修しています

トリマーで5㎜~10㎜くらい掘って

そこへ接着剤を塗ってフンドゥを打ち込みました

接着剤が乾いたところで

飛び出して余っている部分をのこぎりでカット

前の画像で鼻をこすってる彼が以外にトリマーで掘るのが上手い

彼は普段はお土産屋さんへお菓子などを卸す仕事をしてます

素人がやったにしては綺麗に出来ました

今回は内側と外側でけっこうな数のフンドゥを入れました

こういった細かな補修や穴埋めが済まないと

前には進めません

古い船なんです

もの凄い古いサバニです

その古さを残しつつ

新しい物も入れ我がEAST CLUBの船に生まれ変わっていきます

仕事で遅れて参加の私は

日曜でメンバーが多かったせいもあって

一人のけ者状態というか

みな黙々と作業してて

入り込めず

一人“エーク”(櫂)作りをしてました

伝統的なエークとは違い

カヌーで使うパドルに近い形です

座間味島のレースでは使えませんが

他の大会での使用は問題なしなのでその時に使うつもりです

日曜はたくさん仲間が集まってワイワイガヤガヤ

楽しく作業ができます(^^)

伝統的な点でいえばこの櫂は邪道かも知れません

でも、なにか工夫して新しい事もしなければとも思います

帆掛けサバニ帆漕レースには大会ルールで色々と決まりがあります

このパドルは使えませんがいいんです

最近、木をいじる楽しみに目覚めてます

あの自作水槽台を作って以来 (^^)

そろそろもう一つ水槽台を作ろうかと思っていますが

サバニに時間取られてしばらくは我慢

レースは6月24日だ

 

コメント

焦り

2007年03月16日 | 帆掛けサバニ

第8回サバニ帆漕レースの日程も6月の23(土).24(日)と決まったというのに

私達のサバニはまだまだこの状況

やや焦りが出てますが

仕事終わってからの作業だとなかなか進みません

現在の状況は舷側版をチェーンで絞っていき

ぎりぎりまで絞ったところで“はいぼー”(横木)を入れるところです

船尾部分は木が腐っていて

腐っている部分を削り落としたら

大きな穴が出来てしまいました

トランサムも腐っている部分を切り取って新しく作り直して

戻す予定ですが

 

コメント

舷側板の切断式

2007年03月06日 | 帆掛けサバニ

EAST CLUB

 

昨日の日曜日は快晴の天気に恵まれて

サバニチームの船いじりには最高の天気でした

日曜の午前中サバニチームの面々が

一人も時間に遅れることなく集合し

サバニを整備すべくドックから外へと出しました

それから、みなで持ち寄ったり借りてきた電動工具を使って

内側のボロボロになってる部分を削り落としました

今は便利な電動工具がたくさんあって

意外となんでも簡単にできるのです

しかし、削った木の粉やかすが目や鼻、口などに入って大変

防塵めがねとマスクをしての作業

お昼ご飯の時間を過ぎても作業に没頭

1時過ぎにようやく弁当を買ってきて食べました

文句言う人など一人もいません

それどころか早く続きがしたくてたまらないといった感じ

サバニ馬鹿です。私たち

ある程度内側の削り作業も済んでから

ついにサバニの舷側板の切断

その前に塩と酒(泡盛)をサバニに捧げます

みな神妙な面持ち

すこしドキドキです

とても同級生には見えない彼はお兄さんと一緒に内装関係の仕事をしています

サバニ改修作業で一番の功労者

彼はこういう事を大事にします

気持ちが大事ですから

とても良い奴です

そして、切断開始

勿論最初は彼から

ガイドを付けて当初の位置からちょうど10㎝下を切っていきます

このあとみなで交代で切断していきました

このままでもいいのではと思われそうですが

このままでは座ったときにエーク(櫂)が漕げません

あとは浮かべた時の喫水をみて

また調整していきます

作業が終わりドックに戻したサバニ

みなしみじみ眺めてました

しかし、ホントに安定感はありそうだけど

スピードが出るのか不安

切断する前にみなで記念写真を撮りました

私はこの流れるような形が好きです

船尾がくいっと切れ上がったとこがいいです

このような形のサバニを“糸満ハギ”と呼ぶそうです

外洋に出て追い波を受けても転覆しないように船尾があがっているのだそうです

このトランサム(船尾)の板は

正三角形です

かっこいいですね

コメント

サバニ整備の検討

2007年03月03日 | 帆掛けサバニ

EAST CLUB

 

最近のサバニの様子と

今日も熱く議論された

サバニをこれからどういう風に

改良していくかの

検討委員会ならびに審議委員会が行われましたので

その様子も御覧ください

こないだの日曜日にサバニをうちの会社に納めてからというもの

ここは完全に船のドックと化しました

連日連夜サバニ仲間数人が集まっては

なにかやってます

こうやって連日連夜の作業で

すっかり不要な部分が取り除かれすっきりとしたサバニ

船の内側にある突起部分はザシカーという

座るための板を乗せる部分ですが

全て削り出しなんですよ

蝶々の様に見えるものは

フンドゥ

板と板のつなぎ目に合わせて埋め込まれています

かすがいのようなもの

釘を使わない船大工の技術

エンジンを積んで走っていた船なので

補強の部材がはいっていました

あばらのような補強材がなくなってすっきりした船底

競技用のサバニに比べたら

幅がありすぎる

スピードの出にくい船底です

どうしよう

日曜日の本格的な作業を前にドックに

去年の大会の写真を大会公式ホームページから

拝借して貼り付け

さらに去年の結果と

ルールブックも貼り準備が整いました

ここに色々なヒントがあると私は思う

延々と熱い議論が飛び交います

みなで考えみなで一緒に作業する

仲間が討論し合いながらも

熱い気持ちをぶつけ合う

そして、大会でまでにチームとして

一つにまとまる

コメント